オリジナリティあふれる人前式で自分らしいウエディングを作ろう!


自由なスタイルが結婚式のトレンドになりつつある今、結婚式に人前式を取り入れるカップルも増えてきました。

チョビ
人前式よく聞くよね!
でも、具体的に何をするものなのか、どんな準備をするものなのか分からないかも(汗)
みーこ
人前式はすっかり結婚業界の中で市民権を得ているいます♪
でも、自由なスタイルな分、実際何を準備すべきか悩んでしますのは確かだよね!

そこで今回はもう今さら恥ずかしくて聞けないという人のために「人前式」について詳しく解説していきます。

人前式とはどんな挙式スタイル?

人前式とは宗教に関係なくご参列いただくゲストの皆様に結婚の誓いを立てるスタイルのこと。

従来では神前式かチャペルで行うキリスト教式が一般的でしたが今では全体の1/4強のカップルが人前式を選択しています。

花嫁
管理人も人前式を選択しました!

宗教と関係ない式スタイルなのでそこには神父様も神職の方もいません。

結婚の証人はその場にいるゲスト全員。

親世代にはまだまだ知名度が低いので最初は理解してもらうのが大変ですが、参列した人たちはなかなか好評で、そのちょっぴりカジュアルだけどみんなに祝福されるあたたかい結婚式は新郎新婦からも好評です。

人前式はどこでする?

人前式を行う場所は自由です。

花嫁
人前式自体が決まりのないフリースタイルウエディングですからどこで結婚式をあげてもOKです。

レストランやゲストハウス、結婚式場に併設された挙式会場で行う挙式が一番多いパターンです。

ですが、二人の思い出の公園やリゾートウエディングのように海辺で行うケースなど本当にどこでもできるのが人前式のメリットです。

花嫁
思い出の場所など披露宴会場を飛び出して別会場で行う場合は自分たちで手配しなければいけませんから企画力が大きな要素になってきます。

 

そんな人と違う挙式がしたい人におすすめなのがプロデュース会社

通常の結婚式と違い結婚式場と契約するのでなく、結婚式のプロデュース会社と契約をして2人したい結婚式を作り上げていきます。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

オリジナリティー溢れる結婚式ができるプロデュース会社とは?その魅力を徹底解説!

披露宴会場内で行う人前式(宴内人前式)なら式場側が準備を手伝ってくれるので結婚式準備も大したことはありません。そして違う会場を使用しないので節約にもなります。

宴内人前式については下記の記事をご覧ください。

宴内人前式とは?節約&時短になるオリジナルの挙式!注意点は?【卒花・参列者感想あり】

人前式の立会人とは?

shutterstock_387733885

結婚の承認を行うのは通常だと式を取り行ってくださる神父様や神職の方ですが、人前式に宗教はありません。

そこで必要になってくるのが「結婚の立会人」です。

人前式でいう立会人とは参列者全員のこと。

人前式で結婚式の誓いを立てると参列者全員に拍手などで結婚の承認をもらいます。

花嫁
式の進行は司会が担うことになりますが、人前式では司会と別に立会人代表を設ける場合もあります。

立会人代表は新郎新婦のお世話係とでもいうのでしょうか?

ブーケを預かったり指輪を運んだり式によって与えられる役割はいろいろですが、一番大切な役割は結婚の誓約書に証人としてサインすることと最後に立会人代表としてスピーチをすることです。

花嫁
ただし人前式はオリジナルの式ですから誓約書も立会人代表スピーチも必ずあるわけではありません。
一つの方法だと思って読んでください。

そこで一般的に立会人代表がよく頼まれる役割を簡単にまとめました。

立会人代表の役割

  • 新郎新婦のサポート(小物の預かりなど)
  • 誓いの言葉の促し
  • 誓約書へのサイン
  • 結婚成立宣言
  • 立会人代表スピーチ

人前式の流れ

人前式の多くはキリスト教式をベースにプログラムされるケースが多いようです。

一つベースとなる形を頭に入れておくと自分たちの結婚式を作るときの参考になりますし、ベースを基礎にオリジナルの演出を加えていくと失敗がありません。

開会宣言や閉式の言葉は司会の人にお願いしましょう。

人前式の誓いの言葉って何を言うの?

誓いの言葉と聞くと「病めるときも健やかなるときも…」という言葉がパっと頭に浮かびますが、人前式の場合自分たちらしい誓いの言葉を読み上げます。

誓いの言葉と言っても人前式の場合堅苦しいものである必要はありません。

花嫁
いの言葉に必要なものは
「結婚に対する自分たちの想い」
そして「相手への想い」「どんな家庭をつくりたいか」など結婚に対する心構えや
「がんばります!」というような宣言です。

そんなこと言っても…と思う人も多いでしょうから少し例文を見ていきましょう。

例文1 基本のスタイル

私たちふたりの結婚式にご参列くださりありがとうございます。

これから私たちは二人で一つの人生を歩んでいきます。

互いに励まし合い、相手を思いやる気持ちを忘れず明るい家庭を築くため精進していきます。

これまで育ててくださった両親への感謝と尊敬を胸に持ち、育った家庭に負けないような素敵な家庭を作ることをここに誓います。

例文2 参列者の笑顔を誘うスタイル

本日はふたりの結婚式にご参列くださり感謝いたします。

これから私たち二人は皆さまの前で結婚の誓いをいたします。

新郎:わたくし○○はこれから皿洗いのプロになります!夫婦共働きなので家事分担もおろそかにしません。ただ家事はへたくそなのであまり文句を言わずほめて伸ばすスタイルでお願いします。

新婦:わたくし○○は美味しい料理を作り○○くんを喜ばせることを誓います。美味しく料理を食べた後の皿洗いに指導は入るかもしれませんがケチはつけません。

二人一緒に:わたくしたちは二人で面白おかしく笑いの絶えない家庭を築いていくことをここに誓います。

この他友人や両親からの問いかけに答えていく形で誓いを立てるスタイルなど様々です。

ポイントはいかに自分らしく伝えたいことを簡潔にまとめるかです。

人前式おすすめ演出はこれ!

フリースタイルの人前式は演出次第で一組一組オリジナリティあふれる結婚式を作れるところが醍醐味です。

リングリレー

人前式では参列者参加型の演出が人気です。

リングリレーは両側に着席した参列者が長いリボンを持ち、後ろの列から結婚指輪をリボンに通して前の新郎新婦まで運んでいくという演出です。

結婚指輪は参列者みんなの手によって新郎新婦へと運ばれる素敵な演出です。

花嫁
さらに最初の受付でリボンに参列者からの一言メッセージを書き入れてもらう演出も!
メッセージに彩られたリボンを通って結婚指輪が運ばれるなんてロマンチックですよね。

家族で入場

バージンロードはお父さんと…が教会式の定番ですが、人前式は誰と入場してもそこにルールはありません。

例えば

  • お父さんとお母さんと二人に囲まれてバージンロードを歩く
  • 新郎新婦で一緒に入場
  • 大好きなペットと入場

自分たちの結婚式なので「大切な人に囲まれる」をテーマに入場の演出を考えるのも素敵です。

水合わせの儀

水合わせの儀とは伝統的な結婚の儀式なのですが、知らない人も多いかもしれません。

違う水(環境)で育った二人が一つになり新しい人生を歩んでいくという意味の通り、二人で別々の容器に入った水を一つの器に注ぐという演出です。

人前式はウエディングドレスでも和装でも良いのですが、伝統の儀式なので和装の人前式にもピッタリの演出です。もちろんドレスでも素敵。

花嫁
和と洋で器を衣装に合わせて選ぶと印象がずいぶん変わります。

水合わせの儀と似たような演出でキャンドルを使ったユニティキャンドル(2本のキャンドルの火を1本のキャンドルに二人で移す)やサンドセレモニー(色の違う砂を一つの瓶に注ぎ入れる)がありますが、どちらも人気の演出です。

クロージングキス

結婚式の「誓いのキス」ではなく、クロージングキスが最近写真映えすると言ってとても人気です。

クロージングキスとは新郎新婦が退場するとき、最後のドアが閉まる瞬間にキスをするという演出。

閉まりかけるドアから二人がキスするシーンを見て参列者から拍手や黄色い声援が送られてかなり盛り上がる演出です。

閉まりかけのドアからのぞくキスシーンはドラマのようで、閉まるドアがまるで額縁のように見えるので写真も素敵。

花嫁
キスしてドアが閉まるので新郎新婦もそこまで恥ずかしくないのでウィンウィンの演出です。

自分らしく結婚式がしたいなら人前式に決まり!

結婚式は自分たちらしく!そんな希望を叶えてくれるのが人前式です。

参列者全員に見守られて涙の感動挙式にするのも笑いを取り入れた楽しい挙式にするのもあなた次第。

自由度が高いのでその分企画力も試されますが、世界で一つだけの挙式をしたいと考えているのなら人前式で決まりです。

人前式と人気のキリスト教式の挙式の比較の記事もありますので、悩んでいる人は下記の記事をご覧ください。

キリスト教式と人前式の違いは?あなたに向いているスタイルを紹介


結婚式場を探すならお得なキャンペーンを利用しよう!

結婚式場探しをするならキャンペーンがお得な式場検索サイトを利用するのが一番。

式場検索サイトを経由して、ブライダルフェアに参加(気になる式場を見学)するだけで3万円~5万円分のギフト券がもらえるからです。

行くだけで、ギフト券がもらえるので利用しないなんて絶対に損です!

以下のページでは式場検索サイトのお得なキャンペーン情報をまとめていますので、参考にしてみてくださいね♪

キャンペーンを利用して成約するならハナユメがおすすめ!

ハナユメキャンペーン
Hanayume(ハナユメ)を使ってブライダルフェアに参加するだけで、全員最大40,000円のギフト券がゲットできる!

また気に入った結婚式場がハナユメで見つかればハナユメ割が使えます。 「ハナユメ割」は6ヶ月以内に結婚式を行うことで割引がされるもので、なんと100万円以上お得になることも!

しかも掲載しているほぼ全ての式場がハナユメ割を利用可能です。他の式場検索サイトよりもお得なので、見逃さないようチェックしておきましょう。