自己負担50万で結婚式を可能にする!方法とコツを完全解説!


結婚式は高い!そう思っているのは多いはずです。

ただでさえ結婚すると新生活準備になにかとお金が必要になるので、なかなか気前よくポーンと結婚式費用を出す人もいないでしょう。
それどころか、結婚式自体を諦めるカップルも年々増えています。

でも本当に低予算で素敵な結婚式はできないのでしょうか?

ここでは自己資金50万円で満足の行く結婚式をあげる方法を解説していきますので諦める前にぜひ目を通してください!

自己負担額の平均は約140万円!

自己負担額50万円で結婚式をあげる方法を紹介していくのですが、自己負担額と結婚式費用は違うので注意しましょう。

結婚式費用とは最終的な結婚式費用の総額です。

結婚式費用は結婚式の1週間から10日前に総額を支払うため確かに大きなお金が必要にはなってくるのですが、結婚式でいただくご祝儀で、ある程度は補填することができます。

自己負担額とは結婚式費用からご祝儀分を引いた金額のこと。

リクルートブライダル総研2017年の調査によると、結婚式にかかった結婚式費用総額の平均は370.6万円となっており、ここからいただけるご祝儀分を引くとだいたい平均自己負担額は約140万円ほどになります。

総額から1/2以下になっているとはいえ、100万円を超える出費はかなりの負担ですね。

ご祝儀はどのように計算する?

自己資金50万円という目標を達成するには、ご祝儀の計算が大切になってきます。下記の表は招待客一人当たりの平均ご祝儀額を表しています。

もちろんご祝儀がこの通りにいくか?といえば、そんなことはないのですが、ご祝儀を計算する場合にはだいたい親族・友人すべてひっくるめて3.3万円とするとだいたいご祝儀の総額の誤差が少なくなるようです。

≪例えばあなたが80名の結婚式をする場合≫

80名×3.3万円=ご祝儀の金額264万円

つまりもらえるご祝儀が264万円になります。もしすでにブライダルフェアに参加している方は見積もりの金額から、この金額を引けば自己負担額が見えてきます。

ただ、結婚式は予想外の出費も多いもの!計算よりも心持ち少なめにご祝儀を考えておくほうが良いでしょう。

もっと詳しく自己負担の金額について知りたい方は下記の記事をご覧ください。

結婚式費用の自己負担額を徹底調査!ご祝儀とのバランスを考えよう

自己負担額50万円で結婚式をあげる方法

さて、最初にも書きましたがリクルートブライダル総研2017年の調査によると、70名の結婚式で結婚式にかかった結婚式費用総額の平均は370.6万円となっており、ここからいただけるご祝儀分を引くとだいたい平均自己負担額は約140万円です。

140万円て大金ですよね?!それをどうやって50万円までおさえるか…ここが問題です。

70人も招待しない人もいるかもしれませんが、平均的な70人の金額自己負担を50万円に抑える方法を考えていきます。

日取り、時間帯を考えて結婚式をする

結婚式は日時によって同じ会場でも金額が異なります。

一番金額が高いのは大安の土曜日午前・午後の結婚式です。

反対に安いのは平日・仏滅、そしてナイトウエディングです。

花嫁
仏滅だと例え土日でも大安に比べると費用が安くなりますし、ナイトウエディングならロマンチックで素敵な結婚式なのに挙式披露宴費用が割安になります。

結婚式に絶対必要なものの価格を抑える

結婚式を行うにあたり必要な項目は下記のようなものがあります。

挙式料・会場使用料・食事・飲み物・新婦の衣装・新郎の衣装・ヘアメイク・介添え・ドレスチェンジ(着付けヘアチェンジ代)・引き出物・引き菓子・ブーケブートニア・会場装花・招待状・席札・席次表・カメラマン・ビデオ撮影

この中で価格を抑えられるものがあります。一つ一つ見ていきましょう。

挙式を宴内人前式にする

挙式を披露宴内の人前式にするだけで挙式料をぐっと安くすることができます。
これは結婚式で披露宴会場だけを使って行うので、装花や音響の使用なども披露宴会場の分だけですむので安くなるのです。

(「披露宴内の人前式って何?」と思った人は宴内人前式とは?新しいオリジナリティー溢れる挙式スタイルを合わせてご覧ください。)

お色直しの検討

衣装は結婚式の華であり、費用がかさむポイントでもあります。

こだわってしまえば費用は天井知らず、反対にシンプルにしようと思えばずいぶん節約できるのが衣装です。

通常衣装はウエディングドレスとお色直しのカラードレスが一点ずつ、そしてタキシードとなるわけですが、お色直しを諦めると費用をずいぶん抑えることができます。

お色直しをなくすとプラスの着付け代等もかからなくなります。

花嫁
例えお色直しがないとしても、同じドレスで小物やヘアアレンジを少し変えるだけでずいぶん印象は変わりますので、衣装は工夫次第で大幅に節約することができます。

自分で作れるものはDIYをする

持ち込み料の確認をする必要がありますが、自分で作れるものはDIYをして節約しましょう。

持ち込み料がかかる場合は成約前の見積もりを取る時点で交渉すると、持ち込み料無料になる場合もありますので、DIYして節約を考えている人は必ず持ち込み料の確認を成約前にしておきましょう。

持ち込み料については結婚式の持ち込み料って何?少しでも安くするコツもお伝えしますの記事をご覧ください。

DIYできるアイテム一覧

  • 招待状
  • 席次表
  • 席札
  • ウエルカムボード
  • リングピロー
  • プロフィールムービー

DIYできる物は結構あるんですよ!

実際にいくらこれで安くなるの?

これらでどれくらい費用が抑えられるか表にしたので、下記の表をご確認ください。

≪結婚式に必要な費用と節約できるものや金額≫

全国平均 節約方法 節約額
挙式 36.5万 人前式にする 36.5万
食事 15,800円/1人 節約はおすすめしない
飲み物 4,300円/1人 節約はおすすめしない
新婦の衣装 43.7万円 お色直しをしない 20万円
新郎の衣装 15,4千円 少しグレードを下げる 5万円
引出物・引菓子 6,600円/1人 引菓子・プチギフト付きのカタログギフトをネットで注文 1,500円/1人
ブーケ・ブートニア 4.8万円 手作りまたは持ち込み 最大3万円
会場装花 17.8万円 グリーンを基調にする
花の種類を指定しない
2~3万円
招待状 400円/1人 DIY 70円/1人
席札 182円/1人 無料サービスを利用 182円/1人
席次表 375円/1人 招待状とセット価格 375円/1人
カメラマン 21.3万円 アルバムのグレードを下げる 5万円前後
ビデオ撮影 19.6万円 生い立ちムービーはDIY 5万円前後
以上で総額845,403円の節約!*招待人数70名計算

こんなに節約できちゃうんです!ざっと節約総額845,403円!

表を見てもらうと分かりますが、実はゲストが満足できるように飲食代には手を抜いていません。

花嫁
飲食代のグレードを下げればもっと節約できますが、「ご祝儀泥棒」なんて言葉がある通り、ご祝儀をもらってゲストへのホスピタリティのグレードを下げるのはおすすめしません。

飲食代はしっかりと費用をかけて、DIYや持ち込みで対応すればきちんと節約できます。ポイントは節約をどこでするかということ。

やろうと思えばもっと節約も可能ですが、この表では「けちったな」と思われない範囲での節約方法です。

花嫁
平均自己負担額が140万円ですから、 DIYしてアイテムを節約すれば約85万円の節約。少し50万円には届いませんが、これに日取りや時間帯を選べば自己負担額を50万円以下に抑えられますね。

*ちなみにこの計算ではピアリーのペーパーアイテム手作りキットを参考にしました。種類が豊富なうえ、招待状&席次表を注文すると席札が無料になるサービスがあるので大変おすすめです。

割引の大きい結婚式場紹介サービスを使う

結婚式場紹介サービスを使うのも一つの手です。結婚式場紹介サービスの中には利用するとかなりの割引を受けられるところもあります。

例えば無料結婚式場紹介サービスの「ハナユメ」ではハナユメを通して結婚式場を決めるだけで最大100万円以上の割引が適応されます。

ハナユメは制約から半年以内の結婚式を対象に大幅割引が可能になるシステムですが、半年もあれば十分結婚式準備ができますので実は狙い目なのです。

ハナユメ割についてはハナユメ割を利用して賢く節約ウエディング♪ハナユメ割の魅力を紹介の記事をご覧ください。

しかも式場紹介サービスを利用すると、見積もりをプロの目で厳しくチェックしてもらえるので、不必要な出費や無駄なアップグレードを指摘してもらう事ができます。

これでずいぶん節約ができますね。

ハナユメ以外にもお得に式場を探せて、プロに相談できるカウンターはありますので下記の記事を合わせてごらんください。

理想の式場がきっと見つかる結婚相談カウンター徹底比較

会費制結婚式を考える

結婚式を、最初から会費制にしてその予算内で結婚式をプランニングするというアイデアもあります。

北海道では会費制が普通ですが、その他の地域でも結婚式と2次会の間のような1.5次会がじわじわと人気を集めています。

新郎新婦も一緒に楽しめる1.5次会!その内容を全てお伝えします

会費制にすることで、披露宴全体をカジュアルな雰囲気にしてもゲストからの不満は出ませんし、はっきりと入ってくる金額を事前に計算できるのでパーティの予算も最初からきっちり立てることができます。

花嫁
また、会費制結婚式の多くが後払い制なので、大金を事前に用意する必要もなく安心です。

会費制結婚式なら、自己資金5万円から結婚式ができる「会費婚」がぴったりです。
詳しくは「会費婚」の魅力とその内容を詳しく紹介します!の記事をご覧ください!!

式場側に予算を伝える

最後に、結婚式というとどうしても見栄をはってしまいたいところですが、結婚式場のプランナーさんはプロです。

予算に応じてなんとか素敵な結婚式をプレゼントしてあげようと努力してくれますので、まずは式場側に予定ゲスト人数と自己資金をはっきりと伝えましょう。

これだけで不必要なアップグレードを営業されることもありませんし「一生に一度です」「見栄えがしますよ」なんて言葉を聞いて心が揺れ動くこともなくなります。

花嫁
恥ずかしがらずに予算が少ないことをきちんと伝えることで、自己負担額が大きく変わってくることも覚えておきましょう!

自己負担額50万円で結婚式をする際の注意点

自己負担額50万円で結婚式を行う際の注意点はしっかりと踏まえておきましょう。

まず、自己負担額が少ないということは「節約ウエディング」になるということですよね?でもあまりケチくさいプランをたててしまってはゲストに失礼です。

「ご祝儀3万円を包んでこんな結婚式なら来なきゃよかった」なんて…こんな感想は結婚式で実はよく聞く話です。

ゲストの飲食代はグレードを下げない

ゲストが披露宴で一番期待している項目が「飲食」です。いくら節約したいからといってここはグレードを下げてはいけません。

逆に衣装や装花で節約した分、料理をグレードアップするくらいの気遣いは見せたいものです。

装花を節約するならメインテーブルで

ゲストテーブルの装花を節約するなら、あまりゲストの目が届かないメインテーブルで節約しましょう。

目の肥えたゲストにはさすがに分かってしまいますが、ゲストテーブルの装花をケチらなければ、新郎新婦のホスピタリティは伝わります。

「自分たちのところは節約してゲストにはきちんと気遣いの出来る人なんだな」という印象を残すこともできるので、節約はメインテーブルで。

メインテーブルが寂しすぎる場合は小物や装花に造花をまぜてもらってごまかすのも一つのテクニックです。覚えておきましょう。

写真やビデオは友達に頼まない

「写真やビデオ撮影は友達に頼めばいいや♪」と考えている人も多いかと思いますが、全部省いてしまうのもおすすめしません。

やはり両家の親はアルバムを楽しみにしているものです。最低限のアルバム費用は捻出する方が良いでしょう。

また友人に頼むスナップ写真よりも当然圧倒的にプロカメラマンの方がカットは上手です。

さらにプロカメラマンなら、控室や準備、小物の撮影までしてくれるので、プロカメラマンはお願いしましょう。

節約はカット数などオプション節約がベターです。

まとめ

自己負担額が50万円なら結婚式を諦めようかなと思っていた人でも、結婚式を挙げる気になるのではないでしょうか?

要はどこにお金をかけて、どこで節約するかのメリハリが大切です。

結婚式は一生に一度だからと、費用をかけようと思えばある意味天井知らずです。

しかし、自分たちがそこまでこだわらなくてもいいかな?という項目はきっちり節約することで、満足のいく結婚式が自己負担額50万円で可能になります!

どこにこだわりを置くかを2人でじっくりと考えてから式場を探すことが何よりおすすめです。

結婚式場を探すならお得なキャンペーンを利用しよう!

結婚式場探しをするならキャンペーンがお得な式場検索サイトを利用するのが一番。

式場検索サイトを経由して、ブライダルフェアに参加(気になる式場を見学)するだけで3万円~5万円分のギフト券がもらえるからです。

行くだけで、ギフト券がもらえるので利用しないなんて絶対に損です!

以下のページでは式場検索サイトのお得なキャンペーン情報をまとめていますので、参考にしてみてくださいね♪

キャンペーンを利用して成約するならハナユメがおすすめ!

ハナユメキャンペーン
Hanayume(ハナユメ)を使ってブライダルフェアに参加するだけで、全員最大40,000円のギフト券がゲットできる!

また気に入った結婚式場がハナユメで見つかればハナユメ割が使えます。 「ハナユメ割」は6ヶ月以内に結婚式を行うことで割引がされるもので、なんと100万円以上お得になることも!

しかも掲載しているほぼ全ての式場がハナユメ割を利用可能です。他の式場検索サイトよりもお得なので、見逃さないようチェックしておきましょう。