30代後半に結婚式はアリ?大人ウェディングだからこそ気をつけるべきこと


「30代後半でも結婚式をするべき?」「ウエディングドレスを着ても大丈夫なの?」

こう考える女性は少なくありません。

チョビ
そんなことを思うの?大人の女性は素敵なのに?
女性は悩みが多いもの。もちろん30代後半であっても結婚式をすることはまったく問題ありません。30代後半の大人の女性には大人な結婚式が似合います!

しかし、30代後半の結婚式は20代とは違った様々な注意点もあります。

今回は、30代後半の女性はどんな結婚式を選択しているのか、ドレスは?演出は?といった細かいところまで紹介していきます。

30代後半の人は結婚式をしているの?

花嫁

晩婚化が進んでいる今、30代後半で結婚することも珍しいことではなくなりました。

けれど、ゼクシィを運営するリクルートブライダル総研の調査では、30代後半になると結婚式をしないことを選択するカップルも増加傾向にあることが分かっています。

挙式披露宴実施割合

データを見て分かるとおり、20代では7割以上のカップルが挙式披露宴を行っており、30代でも7割近くの方が行っています。

しかし、40代で結婚式を挙げるカップルは半分以下の44.3%にまで少なくなっています。

30代後半でも結婚式はするべき?

30代後半になると上記のデーター通り若干結婚式をあげることに対して消極的になるようです。

しかし、結婚式をするべきか?…という選択なら絶対結婚式はしておくべきです。

結婚式は2人の思い出に残るもの!そして結婚式をあげないと後々「あげておけばよかったな」と多かれ少なかれ後悔するカップルが多いです。

また結婚式は2人だけのものではなく普段お世話になっている人に感謝を伝える場でもあるので、大切にするべきものです。

さらに結婚式を挙げたほうがいい理由には根拠があります。

花嫁
なんと、 結婚式をあげたカップルの方が「離婚率が低い」という統計調査結果が報告されています。

これは2016年にリクルートブライダル総研が離婚について調査したデータなのですが、「披露宴または披露パーティを実施したカップル」は「あげなかったカップル」よりも離婚率が18.2%も低い結果となっているのです

調査によると結婚スタート時において結婚式を通じて下記の表のような体験を2人でする事で結婚生活が円滑になると考えられます。

結婚のスタート時に体験すると良い事

  • 結婚のけじめを感じる
  • 自分の家族や友人に相手を知ってもらう
  • 配偶者と自分の家族が親しくなる(また自分と配偶者の家族が親しくなる)
  • 2人で大きなお金を使う
  • 価値観をすり合わせる

結婚式は一大イベントです。結婚式のプランニングではどうしても意見が合わず喧嘩をすることも良くある話。

花嫁
そこを話し合って解決していくプロセスが、これからの結婚生活には大切なある意味「儀式」なのかもしれません。

また、結婚式という家族の大きな出来事を通じてお互い家族ぐるみで付き合いが始まるということもありますよね。

お互いの家族が親密であれば、何か夫婦間で問題が生じたときに相談することも、話し合うこともできます。

花嫁
こう考えていくと、最近増えてきたナシ婚はなんだか味気なく、頼りない気がしてきますよね。
やはり結婚式は30代後半でも40代になってもあげておくべきです。

それでも今更恥ずかしいと思う人は家族婚や2人だけの挙式など選択肢もあります。

気になる方は下記の記事も参考にしてください。

家族婚とは?アットホームな式が実現!費用・方法も解説【挙げた人の口コミ・評判あり】

2人だけの結婚式(挙式)という選択 ~メリット・デメリットを完全解説~

30代後半に行う挙式のスタイルや披露宴招待人数は?

大人ウェディングはどのような形式が人気なのか、分かりやすく20代前半のカップルと比較してみていきましょう。

実施した挙式形式
挙式披露宴を実施したカップルのデータを見てみると、年代関係なくやはり憧れるのはウェディングドレスを着て行うキリスト教式。

どの年齢にも一番人気が高いのですが、30代後半になると若い時にはそんなに興味のなかった和装結婚式の人気も高くなっています。

次に披露宴会場と招待客人数を見ていきます。

披露宴実施会場

披露宴招待客人数

20代前半の結婚式は招待客を多く招いて大々的に結婚式をおこなうカップルが多いようです。

これは親が経済的に援助できる年であることや、結婚式に対するあこがれが強く、華やかな式を望んでいることが一つの理由でしょう。

しかし30代後半になると招待客人数は50~80名の式が多く、ゲストハウスのような華やかさよりも格式高いホテルを選ぶ傾向にあるようです。

花嫁
また、少人数結婚式が多いのも30代後半カップルの特徴です。

 

30代後半で結婚式をするならこだわるべきポイント

挙式披露宴

30代後半になると20代前半のころとは価値観も考え方も変わってきます。

30代後半の結婚式スタイルのデータから、30代後半カップルにおすすめ結婚式スタイルを考えていきましょう。

料理はこだわるべき

一人当たりの料理費用

30代の大人ウェディングでは、ゲストの年齢層も高く舌も肥えているので結婚式での料理には厳しめです。

そのため、30代後半の大人ウェディングではより料理の質にこだわり、お金をかける傾向にあります。

結婚式のメニューで重視した事

花嫁
このようにゲスト目線にたってメニューを考え、ゆっくりとゲストに食事を楽しんでいただくことは素敵な大人ウェディングには不可欠です。

これなら、出席していただくゲストにも満足してもらえそうですね。

ドレスはシンプルでエレガントなものを

以下は実際に大人ウェディングをあげた人たちが「着用したドレスのラインについて」と「ドレスを決める際の重視点」の表です。

大人ウェディング着用ドレス

ドレスはシルエットを重視して選ぶと素敵です。30代後半になると気になる体のラインも増えてきます。

ドレスを決める際の重視点

しかしドレスによっては体型をしっかりカバーして美しいラインを見せてくれるものもあります。

花嫁
大人ウェディングでは自分の体形を上手にカバーしてくれるドレス、そして子供っぽいプリンセスラインよりもシンプルでエレガントなAラインのドレスが好まれます。

披露宴中の演出はどんなことをしてる

30代後半の大人ウェディングでは自分たち中心の演出よりも、親やゲストの気持ちを考えた演出の方が人気です。
大人ウェディングの演出

装花をお持ち帰りできるようにしたり、テーブルごとにスナップ写真を撮ったり…常にゲスト目線で演出を考えていることが分かりますよね。

テーブルごとにスナップ写真を撮ることでゲストとの時間を持つことができます。

さらにはお土産をお持ち帰りいただいてゲストに素敵な思い出を作ってもらう、というようなゲストへの配慮の気持ちが溢れ出ているのが大人ウェディングです。

30代後半の方ならではの注意点

30代後半での結婚式には注意点もあります。注意点をしっかりと押さえて顰蹙を買うような結婚式にならないように心がけましょう。

ブーケトスは控える

大人ウェディングはゲスト中心に考えたおもてなしの結婚式がおすすめです。

花嫁
出席者はもういろいろな結婚式に出席してきていますから、ありがちな独りよがりの演出にはうんざりしていることがあります。

その代表格が「ブーケトス」です。ブーケトスでブーケをキャッチした女性は次に結婚できるラッキーガールだなんて若いころならいざ知らず、年齢層が高くなればすでに結婚している人も多いでしょうし、逆に独身だとブーケトスに参加すること自体が屈辱になってしまう事も!

ブーケトスに憧れている人でも控えることをおすすめします。

ビュッフェ形式よりも落ち着いた雰囲気にする

新郎新婦の年齢が高くなれば、出席する親や親族の年齢もあがりますよね?

となると、ビュッフェ形式の食事よりもゆっくりと着席して食事ができるスタイルにしましょう。

高齢のゲストが何度も食事をとりに行くのは大変ですし、脚が悪い人もいるかもしれません。

ビュッフェ形式の食事

花嫁
もしもブッフェスタイルにしたいのであれば、食事ではなくデザートブッフェで対応し、高齢のゲストの方には自分でデザートサービスをするという演出が素敵です。

過剰な演出を避ける

30代後半の大人ウェディングでは、出席者もかなりウェディング慣れしています。

ということは今までいろいろな演出を見てきているので、余興やお涙頂戴ものの過剰な演出はもう見慣れているため、どれも同じように感じてしまいます。

大人ウェディングでは演出に力をいれるよりも、ゲストとゆっくりと一緒に過ごせる時間を持ち、美味しい料理を堪能できることの方に重点をおきましょう。

出席者が望んでいることは、美味しい食事を楽しむことができ、素敵な空間をエレガントに過ごす時間を新郎新婦と共有することです。

演出や余興で時間を使わず、素敵な空間と時間をゲストと一緒に楽しみましょう。

2次会をするかはよく考える

2次会

20代前半では2次会を行うカップルが71.4%もいるのに対し、30代後半ではその数字は27.5%まで落ち込みます。

つまり4組に1組しか2次会を行わないのです。

2次会をするかしないかは友人たちの気持ちを考えてから決めましょう。

花嫁
友人がほとんど既婚者の場合なら夜遅くまで拘束しては申し訳ありません。
逆に友人に独身の人が多くてもっとパーティの余韻を楽しみたい!というような雰囲気であれば2次会も良いでしょう。

独りよがりではなく友人の状況を見て判断するというのも、大人ウェディングの素敵な点です。

大人ウェデイングを検討中の方におすすめの会社

質の高いお料理とゆったりと過ごせる結婚式がおすすめの大人ウエディングにぴったりな会場を提供してくれる結婚式場紹介会社を2社ご紹介します。

マイナビウエディング

いわずと知れた大手の結婚総合情報サービス会社ですが、マイナビウエディングはサイトが見やすく検索しやすいのが特徴です。

なぜおすすめかというと、上質な結婚式・大人ウエディングを叶えるてくれるプレミアムクラブがあるからです。

膨大な式場の中から探すのではなく、上質なホテルや料理のおいしい三ツ星レストランなどおすすめの会場が一目瞭然で選びやすいんです。

また、大人なウエディングだから似合うドレスの紹介や今まで結婚式をした人のリアルレポートもあるのであなたにしかできない結婚式に出会えること間違えなしです。

悩むより、実際結婚式をした人の声が一番参考になります。

式場探し、相談全てのコンテンツが無料です。

プレミアクラブは次の画面の左側のメニューバーの中に上記のようなボタンがあります。

マイナビウエディングのプレミアムクラブについては下記の記事で詳しく紹介しています。

上質な大人ウエディングを叶えるマイナビウエディングのプレミアムクラブ

小さな結婚式

小さな結婚式は名前の通り少人数制の結婚式を得意としていて、67,000円から挙式ができるというとってもリーズナブルな会社です。

なので諦めかけていた人やアットホームな結婚式したい人に検討してみてほしい会社です。

この会社はプランも式場のタイプも充実しているので、あなたにあった結婚式ができること間違いなしです。

口コミは下記のような意見があります。

36歳女性
結婚した当時はお金もなく、とても結婚式をする余裕はありませんでした。ですが、テレビや映画で花嫁を見る度に「お母さんも一度でいいからウェディングドレスを着てみたかったなぁ・・・」と。まさか10万円もかけずに結婚式ができるなんて全く知りませんでした。私くらいの年になると、友人もみな結婚式をするのに気がひけているようなので、絶対にやった方がいいよ!と教えてまわっています。

やはり価格と質に大満足のようです。

67,000円だとプレゼントもできるので、70歳になって昔叶えられなかった結婚式を叶えてあげようとか、本当に幅広い年齢層のお客様がいるそうです。

話を聞くだけだけでも無料です。

まとめ

大人ウェディングに求められるものは上質で豊かな時間と美味しい食事です。

大人ならではのエレガントなスタイルで出席者をおもてなししましょう。

30代後半では結婚式自体をためらう人もいますが、30代後半では若いころと違い、大人のゆとりでエレガントで豊かな結婚式をあげることができます。

花嫁
自分が結婚式に招かれたら、どんな結婚式だと嬉しいだろう?そんな風にゲストの立場になって考える余裕ができるのも大人ウェディングならではの心遣いです。

30代後半にはこの年にしかできない素晴らしい結婚式があります。ぜひ、素敵な大人ウェディングを招待客と共有してください。

それでもと悩む人はフォトウエディングや2人で行う挙式スタイル、旅行をかねて国内外のリゾート婚、家族婚選択肢はたくさんあります。関連記事をご覧ください。