結婚式はなぜ高い?その理由と少しでも安くする方法を紹介



ご婚約おめでとうございます!結婚が決まれば次は式場の下見と予約ですね。

チョビ
結婚式といっても、会場はたくさんあるよね!?そしてなにより心配なのはお金が高いことだよね(´д` ;

みーこ
結婚って、新居に引越しやハネームーンなど何かとお金がかかるので結婚式はしたいけど、節約したいよね!!ここでは結婚式がなぜ高いのか、どうしたら節約できるかを紹介するので参考にしてね♪

式場も今は一括で資料請求ができる時代で、経験者の多くはネットで資料請求、見積もりを比較検討してから実際に現地に行っています。

ですが、式場で出してもらう見積もりと、ネットで見積もりした金額が大幅に違う事が多い。

さらに最終的に出してもらう見積もりはさらに金額が増えていることが多いのが事実です。

金額を見たときに持つ、不意打ちともいえるその衝撃はウエディングハイを一気に冷ましてしまうほど。

結婚式がなぜ高いのか?また最初の見積もりよりなぜ高くなるのか?どうしたら安くなるのか?

そのようなことにお悩みの方に、結婚式を予算内に収める方法も一緒に解説していきます。

結婚式の相場

結婚式にかかる全国平均の費用総額は約354.8万円(招待人数は約70.2人)ほどと言われています!(「ゼクシィ結婚トレンド調査2017」調べ)

この金額は招待客の人数や会場の規模、ウエディングスタイルによってかなり変動しますが、かなり負担が大きい金額ではないでしょうか。

ただ、ご祝儀があるため、全て自己負担というわけではありませんので、ご安心ください。

実際に自己負担として支払った額は次のとおりです。

pie-chart

見ていただくとわかるかと思いますが、実際には100万前後の自己負担で済んでいるケースがほとんどです。

ご祝儀は友人や親族、上司などのゲストからもいますが金額は関係により様々です。平均すると一人あたり3.3万円となりまので、ご祝儀を予算に組み込みたい場合は招待人数×3.3万円で計算すると、自分の支出費用がだいたいわかってきます。

もっと詳しく自己負担と結婚式の費用について知りたい人は下記の記事をご覧ください。

結婚式の自己負担額を調査!不足時の対策は?ご祝儀とのバランスを考える!

結婚式の費用が高い理由

shutterstock_655855996

それにしても見積もりを見て、なぜこんなに高いのかと不思議におもいますよね?

経験者全員が感じている事でしょう。これにはウエディング業界のカラクリが隠れています。

式場と各ショップが提携しているので中間マージンが発生する

そう!ご存知の方も多いと思いますが、式場は提携ショップからのマージンで収益をあげているという事実があります。

結婚式場にはドレスショップや装花屋、カメラマン、司会者、メイクなど提携しているお店があります。

式場側は新郎新婦がその提携しているお店を利用すると紹介料として中間マージン(お金)を提携業者から受け取ることができます。そして、提携店は式場側を通すことで確実に顧客を得られるので売り上げを得ることができます。

中間マージン

お互いに利益が発生するのでまさにウィンウィンな関係となっているのです。

この構造により結婚式に使われるアイテムには売り上げプラス中間マージン分の金額が上乗せされて、ブーケ1つ取ってもかなり高額な単価になっているのです。

持ち込み料がかかることもある

では大変だけど全部自分で手配して手作りウエディングもいいかな?いい思い出作りにもなるかも。

と考えてしまいがちですが、それもちょっと待ってください!

自分で手配しても結局高くなる場合があります。

持ち込み料とは?結婚式について準備を始めたばかりの方は聞きなれない言葉ですよね。

文字から分かるように、持ち込むときにかかる費用のことなのです。

結婚式場で手配できるものを自分で手配して持ち込もうとするとお金が発生してしまうという驚きのシステムです。

チョビ
え?!自分で用意するのにお金がかかるの?
みーこ
結婚式場としては、持ち込んできた品を結婚式まで「管理」しないといけないため、「管理費」という名目で持ち込み料がかかるの。

節約するためにせっかく自分で頑張って手配しても、持ち込み料がかかってしまって結局同じくらいの値段になってしまう!というケースがあります。

それなら持ち込むのは、ただ手間がかかるだけで何の意味もなくなりますよね。

一般的に持ち込み料が発生する内容としては以下のようなものがあります。

一般的に持ち込み料がかかるもの

  • ウエディングドレス
  • ブーケ
  • 引き出物
  • ヘアメイク
  • ペーパーアイテム(招待状、座席のネームプレートなど)

そもそも持ち込みをお断りしている式場もありますから、「持ち込みができるのか」またできるのであれば「持ち込み料はいくらかかるのか」見積もりをもらうときに確認しておきましょう。

持ち込み料がかからない式場を選ぶというのも節約するポイントになってきます。

花嫁
ただ、もともと自分で準備するのが好きな人でないと、いくら持ち込むのが無料とはいえ自分で用意するのはストレスに感じてくるので注意してください。

ちなみに、持ち込む際に気をつけたいのはウエディングドレスとブーケです。

ウエディングドレスがプランに入っている場合、持ち込み料もかかる上に、プランに含まれるドレス代をひいてもらうこともできないので、ダブルで料金がかかってしまいます。

また、ブーケは当日に式場までの配達が可能か、それとも前日に届くのか、フローリストとそういう細かいところまで打ち合わせが必要になります。

花嫁
要注意ですがほとんどの場合、前日にブーケが届いても式場は何もやってくれません!


式場が手配するブーケであれば、きちんと水にいれて式ギリギリまでブーケの手入れをしてくれますが、外注されたものは知らんふりが普通です。

そのため、式直前にいい状態のブーケを持ってきてもらえる信頼のおけるフローリストさんを選ぶことが必須となります。

花嫁
節約と思って持ち込こもうとしても、持ち込み料以外にも問題がたくさんあるので注意してください。

持ち込み料については下記の記事で詳しく書いていますので合わせてご覧ください。

結婚式の持ち込み料って何?少しでも安くするコツもお伝えします

他の業界以上にかけている広告費の上乗せ

それぞれの結婚式場は自分たちの営業力のみで顧客を獲得することは難しいことから、式場の広告を雑誌などの外部にに頼らざるを得ない状況なのです。

もちろん広告をしなければ、その式場の良さを知ってもらう機会がなくなってしまいますし、広告を出している世の中のたくさんの商品が良くないことになってしまいます。

問題なのは結婚式業界の宣伝広告費が他の業界より高額なことです。

費用がかかれば、利益が減ってしまいますよね。

利益なしには運営していけませんので、高い費用分を結婚式の料金に上乗せするんです。

その結果、さらに結婚式の費用が上がり新郎新婦の負担が大きくなるんです。

現在は業界のシステムに疑問をもつ会場も多く、企業の努力で広告費用は抑えWebサイトやSNSを上手に利用して集客している所もたくさんあります。

花嫁
結婚式をお得にできる会社の多くはこのような企業努力でカップルに結婚式を安く提供してくれているんです。

基本的には最初の見積もりよりも高くなる

上記の理由から結婚式にかかるベースのお金が高くなっていているのはわかりましたね。

この他に結婚式をした人たちに強烈に結婚式が高く、お金がないとできないという印象を植えつける原因があります。

花嫁
それは式場を決定した時の見積もりから、最終的な支払いをするときの金額の差にあります!

shutterstock_366267482

気に入った式場があると、訪問して見積もりをお願いします。

ですが、会場を決定して打ち合わせを終え最終見積もりを出してもらうと、だいたい「+100万円~150万円」最初の見積もりから大幅に金額がアップします!

花嫁
知っておかないといけないのは最初にもらう見積もりはその会場で結婚式をおこなう「最低基本金額」でしかないという事実です。

基本金額に含まれるもの

  • 料理代
  • 会場費
  • 装花代
  • ドレス
  • 印刷物
  • 写真・映像代
  • 演出費
  • 引出物

基本金額には結婚式に必要なもが全て入っていますが、それぞれのグレードは一番低いものになっています。

ほとんどの場合、料理やドレスのグレードをアップしたり、フリードリンクの種類を増やしたりするため最終的に高くなっていくのです。

この中には当然、お色直しや写真の追加プリント料、プロジェクターなどの機材使用料等は入っていません。特に追加料金が高くなるのは、この中でもお色直しの衣装代でしょう。

パック料金に入っているウエディングドレスは1着分。

しかも、ドレスのグレードも指定されていますので、着たいドレスが高いグレードだと(よくあるケースです)一気に見積もりの金額が上がってしまいます。

花嫁
これから式をあげる人は必ず最初の見積もりに100万から150万円くらいは、余裕をもっておくことを頭に入れておかなければなりません。

このような事態を避けるため、また少しでも安く結婚式をするためにどうすれば良いか見ていきましょう。

安くするために見積もり時点での交渉術

shutterstock_548871208

二人で結婚式について話し合っておく

最初に見積もりをいただく前に、カップルでまず結婚式において、何を重視するか大まかに話し合っておくと当日スムーズに進みます。

  • 絶対必要なもの
  • 妥協したくないもの
  • オプション的に考えているもの(節約してもOKなもの)

この3つをリスト化しておくとお互いわかりやすいでしょう。

前もって節約できることや、絶対にしたい項目を把握して優先順位をつけておきます。

そして見積もりをもらう当日は「持ち込み料」の確認を!

ネットで事前に調べることもできますが、交渉次第で持ち込み料をなくすこともできる可能性があるので、気に入った式場ならダメ元でプランナーさんに相談してみてください。

チョビ
僕頑張って結婚式の料金を安くしてもらう!!
みーこ
待って!!焦らないで!!
最初から「値引きして下さい!」ではプランナーさんもいい気がせず協力的でなくなる場合があるので、あくまでも「手作りにこだわりたい」「この式場がとても好きだ」と言う点は積極的にアピールするのがベストなの。
詳しい交渉の仕方は少しでもお得に結婚式をするための値引き交渉術を見てね♪

プランナーさんと仲良くなり味方になってもらうのが節約の一番の近道です。

それから、プランに入っているドレスのグレードチェックも欠かさずに。お色直しにかかる費用も確認しましょう。

プランに入っているけれど必要のなさそうな機材(プロジェクターなど)も、もし引いてもらえるのなら引いてもらいます。

花嫁
ここで、先ほどの3つの優先順位のリストを活用しての「オプション的に考えているもの」を値引きできるか確認すればいいんです!

見積もりを2つ作ってもらう

上の方法だと、何をしたいかまで考えられてない人には難しいと思うので・・・
もう一つの方法として、見積もりを2つのパターンをお願いするという手もあります。

  • 全てを省いた最低料金の見積書
  • オプションをいろいろつけた高い料金設定の見積書

この2つの見積書を見比べることで、自分たちのやりたいことやグレードを上げたい時に支出内訳が金額ではっきり見えるのでおすすめです。

見積もりの確認方法やポイントについて下記の記事で詳しくご紹介していますので合わせてご覧ください。

結婚式の見積書の確認ポイントは?正しい見方と安くするための方法

結婚式を安くしたいならシーズンオフがねらい目

shutterstock_677813473

暑い8月と寒い2月

結婚式にも繁忙期と閑散期があるのをご存知ですか?

以下のような時期は式場も閑散期になるので安くなる傾向にあります。

日本の結婚式の繁忙期は、気候が良く雨が少ない春(4-5月)と秋(9-10月)です。

逆に閑散期は暑い8月と寒い2月となり、閑散期に結婚式を予定するだけで通常の料金からずいぶん割り引いた格安プランを利用することができる場合があります。

仏滅

また、六曜によっても金額に差が出ることがあります。多くの方が「大安」を選びたがる傾向にあるので、そうした日取りのいい日は高くなる傾向にあるます。

つまり、逆に仏滅は縁起が悪いというイメージがあるので避けられがちなので、私は気にしない!という人なら仏滅にするのもよいでしょう。

花嫁
式場としては空きを埋めることが最優先ですから、人気のない時期は各式場でいろいろな格安プラン、お得なオプションなどが揃っているのです。

ナイトウエディング

また、ねらい目なのが夕方や夜のナイトウエディングナイトウエディング(イブニングエディング)は昼間のウエディングよりもそもそも料金が安く設定されているところが多いです。

やはり遠方からのゲストの事を考えると、昼間の結婚式が理想的ですから、希望の少ない平日や夜の披露宴は安いプランが用意されています。

また、夜に披露宴が始まるので、二次会の費用がかからない、または少なくできるという点もメリットです。

結婚式の時間帯については下記の記事で詳しくご紹介していますので合わせてご覧ください。

結婚式のおすすめの開始時間は?それぞれのメリット・デメリットを紹介!

直前期

さらに、あまりプランニングに時間をかけないでも大丈夫だというカップルなら直前割というプランを利用するのもお得です。

招待客の都合も考えないといけないので、自分たちの都合だけで日取りを決めてしまうのはNG。招待客の都合がつきそうなら、直前割プランの利用を考えてみるのもよいでしょう。

安く結婚式ができる時期まとめ

  • 暑い8月と寒い2月
  • 仏滅
  • イブニングウエディング
  • 直前期

このように、式場ごとにいろいろな格安プランを用意しているので、比較検討することで大きく節約ができます。

演出を含めて安くする方法まとめた記事もありますので合わせてご覧ください。

絶対知ってほしい!結婚式を少しでも安く抑えるための9つのポイント

節約方法がわかったら結婚式場を探そう!

結婚式を安くお得に挙げたいとを思っている人はたくさんいると思います。

最近そんなニーズに答えようとたくさんの結婚式場相談カウンターやプロデュース会社が登場していますが、その中でも割引率の高い「ハナユメ」と家族婚など少人数の結婚式がお得にできる「小さな結婚式」をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください♪

ハナユメ

ハナユメは結婚式場紹介サービスを行っていいます。窓口はなんと2017、18年オリコン顧客満足度ランキング「結婚相談カウンター」部門で2年連続第一位を獲得しているんです。これだけでも安心して窓口に相談に行けそうですよね。

そしてハナユメをおすすめするの最大の理由はハナユメ割のコスパの良さになります。

ハナユメ独自の割引であるハナユメ割はなんと「最大100万円以上お得に」式場と契約することができます。

契約してから「半年以内」に結婚式もしくは披露宴を挙げる人に適用されるものです。同じ会場で同じ質の結婚式をするのに価格に差が出るなんてびっくりですよね!!

ハナユメについては顧客満足度ランキング第一位!結婚相談カウンター「ハナユメ」の魅力とは?をお読みください

無料で式場検索、ブラダルフェア予約ができる。

あなたのお住いの地域を入れて簡単に式場が探せます。

小さな結婚式

とにかく安く済ませたい!挙式だけでもやっておきたい!という人は「小さな結婚式」がおすすめ。

なんと、67,000円で挙式が実現できるというリーズナブルな価格設定!

通常の結婚式は高すぎて手が出ないと諦める人が多いと聞いた現取締役社長が「誰でも結婚式を諦めることのないように!」と始めたサービスなのでこの安さなんです。

「結婚式高すぎ…」と悩んでいる方でもこれならできそうではないでしょうか?

小さな結婚式の詳細は67,000円〜結婚式を実現!「小さな結婚式」について徹底解説をご覧ください。

「小さな結婚式」は、少人数結婚式に特化しています。なので、家族だけとか仲のいい友人だけという人にも持ってこいなのです。

成約に至らず相談だけでも無料です。

まとめ

結婚式費用が高い理由がわかりましたね。

少しでも節約できるよう契約する会場もしっかり選びたいですね。

結婚式はもちろんほとんどの方が初心者でしょう。

そして結婚式という一大イベントで金額的な感覚がマヒしがちです。

チョビ
普段あまり見ない高い金額の見積もりばかり見ていると、あと何万か上がるぐらいならいいかと思ってしまいそう・・・

みーこ
そうだよね。しかし、頭に入れておかなければならないことは、「結婚式はゴールではない」ということです。
結婚式のあとにもお金のかかる事がたくさんあります!!

むしろ新しい生活の始まりですから、これからの生活を考えると一生に一度の式とはいえ、節約できるところは賢く節約したいですよね。

ここでは節約したい方に向けたお得な2社を紹介しましたが、様々な結婚相談カウンターやプロデュース会社があります。

どこもサービスは同じ…というわけではなく、それぞれ結婚式場相談カウンターの強みがあるので、その特徴を把握して、どこに相談に行ったら良いのかを知ることが大切です。

理想の式場がきっと見つかる結婚相談カウンター徹底比較

そのためにも、事前に自分たちが結婚式で大切だと思うことを整理して下見に行きましょう。

それだけでかなり最終金額が変わってきます!お二人のウエディングが予算内で理想に近い式になるように賢く見積もりをチェックしてくださいね!

結婚式場を探すならお得なキャンペーンを利用しよう!

結婚式場探しをするならキャンペーンがお得な式場検索サイトを利用するのが一番。

式場検索サイトを経由して、ブライダルフェアに参加(気になる式場を見学)するだけで3万円~5万円分のギフト券がもらえるからです。行くだけで、ギフト券がもらえるので利用しないなんて絶対に損です!

以下のページでは式場検索サイトのお得なキャンペーン情報をまとめていますので、参考にしてみてくださいね♪