67,000円〜結婚式を実現!「小さな結婚式」について徹底解説


結婚式のスタイルは人それぞれ。

昔は結婚式といえばある程度「型」が決まっていて、招待客数・ケーキの大きさ・会場の種類・衣装など、周りから求められる「結婚式」がありました。

でも結婚式の平均費用は約370万円!(リクルートブライダル総研2017年調査より

求められる結婚式を挙げられなくて、結婚式を諦める人も…

でも67,000円で挙式があげられるとしたら?

「誰もが結婚式をあきらめないで済むように!」と、そんな想いから始まったサービスが【小さな結婚式】です。

  • 大勢を呼ぶ大々的な結婚式はガラじゃないという人
  • 結婚資金が用意できない人
  • 授かり婚で急いで挙式したい
  • 新生活の為に節約したい

こうした人にはとっても嬉しい料金です。しかし、気になるのはその中身。

安かろう悪かろうでは納得いきませんよね?

「小さな結婚式」を利用するとどんな結婚式になるのか、メリット&デメリットについても詳しく紹介していきます!

小さな結婚式ってなに?

小さな結婚式は実はそのまんま「サービス名」。

「小さな結婚式」という名前で結婚式総合サービスを行っている会社です。

通常の結婚式は高すぎて手が出ないと諦める人が多いと聞いた現取締役社長が

「誰でも結婚式を諦めることのないように」と始めたサービス。

今は格安結婚式なんて名前も飛び交うくらい結婚式サービスも多様化していますが、立ち上げた当時は業界初めての試みでカップルが列を作って並んだそう。

「小さな結婚式」はご祝儀で結婚式を賄うゼロ婚のようなシステムとは違い、少人数結婚式に特化しています。

こんなカップルがターゲット

  • 大勢を呼ぶ大々的な結婚式はガラじゃないという人
  • 結婚資金が用意できない人
  • 授かり婚で急いで挙式したい
  • 新生活の為に節約したい

そして「小さな結婚式」の一番のウリは

67,000円で挙式が実現!というところ。

でも気になるのはその中身。

ワガママ新婦目線で「小さな結婚式」の中身を検証していこうと思います。

どんな人に向いているのか?

「小さな結婚式」は基本的に「挙式だけ済ませたい」というカップルを軸にサービスを行っています。

「小さな結婚式」の利用に向いているカップルは

  • 貯金はないけど挙式だけ済ませたい
  • 結婚式はしたくないけど、親にはきちんと報告したい
  • 授かり婚でとりあえず挙式だけ挙げておきたい
  • 昔結婚式を挙げられなかったから、節目に結婚式を挙げたい

例えば結婚資金はないけど、ご祝儀を含めて手出しを少なく普通の挙式披露宴を行いたいという人向きのサービスではありません。

そのため67,000円で挙式が可能として、必要最低限の物を含んだプランを打ち出しているのです。

また、会場を選ばないとできないペットと一緒の挙式も「小さな結婚式」では問題ありません。

家族同様のペットに見守られて式を挙げたいというカップルって多いのに、諦めてしまう人もいるので、披露宴は別日にきちんともうけて、挙式は小さな結婚式でペットと一緒に♡という人もいるようです。

ちなみに…67,000円って頑張ったら人にプレゼントできる額。

だから還暦のお祝いに、結婚式を挙げられなかった友達に、サプライズでプレゼントする人もいるんだとか♡

これは「小さな結婚式」だからこそできるサプライズ!

素敵ですよね。

フォトウエディングプランも選ぶことができる

2人だけで…というカップルの中にはフォトウエディングを選ぶ人も少なくありません。

「小さな結婚式」ではフォトウエディングも平日なら3900円~、土日祝なら29,000円~プランを用意。

ロケーション撮影ならもうちょっと高くて89,000円。

本当の式をするわけではないのでセレモニーはないけど、チャペルを使って写真撮影。

しかも家族や友人も一緒に参加できるので、家族と一緒に写真も撮れるし、フォトウエディングなのに、自分達のカメラで写真撮り放題と太っ腹。

セレモニーはないけど、挙式さながらの体験ができるのも小さな結婚式のフォトウエディング。

小さな結婚式のサービスの中でも人気が高く、前撮り利用だけするカップルも多いそうです。

小さな結婚式ではゲストを招待できないの?

二人だけの挙式もなんだかロマンチックで素敵だけど、親孝行の為に両親や兄弟、親友くらいは呼びたいんだけど…

そんな人もきっといるはず!

「挙式はするけど二人だけでするから親は来ないでね」

なんてなかなか言える事ではありませんよね。

小さな結婚式では基本「挙式のみ」のプランで67,000円。だから披露宴は当然ついてきません。

ただし、挙式に参加するのは何の問題もありません。

二人の特別な瞬間に立ち会ってもらう人がいるって素敵ですもんね。

さらに写真撮影の制限もないので、家族や友人に特別な瞬間を撮影してもらうことも可能。

ちなみに2人だけの挙式でも、カメラやビデオをスタッフに預けておくとバシバシ特別な瞬間を撮ってもらえるそうです♪

ただ、わざわざお祝いに来てもらってそのまま「さようなら」ってわけにもいかないいといって、
挙式後に「会食の席」をもうけているカップルも多いんだとか。

「小さな結婚式」では挙式後の会食もお手伝いしてもらうことができます。

挙式後の会食の内容は?

挙式後の会食は披露宴という位置づけではありません。あくまで食事会という感じです。

食事会は挙式会場の近くのレストランやホテルの個室で、タクシーの手配や会場の予約もお願いできます。

食事会だから司会者や演出はありません。

でも新郎新婦は衣装を着たまま参加できるし、希望によってはウエディングケーキも手配できるので、大切な人だけでプチ披露宴の気分は味わうことができます。

実は披露宴もできるって本当?

挙式だけのシンプルなプランで67,000円という格安価格設定を打ち出した小さな結婚式だけど、実は披露宴もセットでプラニング可能!

ホームページを見てみると不思議に思う人も多いと思うのですが、小さな結婚式と銘打っている割には
「ゲストハウス」
「ホテル」
なんて言葉が並ぶのです。

聞いてみると、少人数で披露宴を希望する人も多いので、格安でプラン設定をしているとのこと。

だから貸し切りゲストハウスでの挙式披露宴やホテルでの挙式披露宴もできちゃうのです!

これはすごい。

挙式は値段そのままに、+「ゲスト1人×食事料金」で披露宴が実現なんてなかなかできるもんじゃありません(98,000円のプランもあります)

小さな結婚式では自社でいろんなサービス部門を展開中なので、音響や司会も「小さな結婚式」で揃えられます。

だからこれ以上の追加料金もなく、披露宴があげられちゃうんですね!ちょっと革命的。

ちなみに小さな結婚式できる自社サービスにはこんなに含まれています。

司会など、会食プランにはつかないサービスもちゃんと披露宴プランには含まれています♪

小さな結婚式の招待人数って何人くらい?

「小さな結婚式」で披露宴を行う場合、何人くらい招待できるのでしょうか?

招待客の人数に明確な規定はないのですが、一般的に少人数結婚式というと10名~30名になります

これ以上だと少人数結婚式のメリットもなくなるので、小さな結婚式で披露宴まで行いたいと思う人は30人未満と覚えておくといいのでしょう。

小さな結婚式の費用は高くなることはない?

「小さな結婚式」が67,000円での挙式を打ち出しているのは分かるんですが、気になるのは「本当にそれ以上上がらないの?」という一点!

だって結婚式費用は初期見積もりよりも最終的にかなりあがってしまう!というのが結婚式産業の常識。

リクルートブライダル総研2017年の調査ではなんと平均110万円もあがっているのです。もしもこれだけ上がってしまったらトータル1,167,000円でしょう?

これでは詐欺!全く話が違ってきます。

小さな結婚式では、自社サービスで基本的な挙式なら賄えてしまうので、それらを使えば費用が上がることはありません。

しかも、挙式に必要な最低限のものをパッケージ化しているので、シンプルな式を希望する人が多い「小さな結婚式」では見積もり以上には費用が上がりません。

基本プランに含まれているものは以下の計10種類。

気になる衣装ですが、そもそも貸衣装を展開していた会社なのでドレスラインも豊富。

なんとサイズも3号から25号まで対応。

マタニティも和装も揃っているし、小物類も揃っているので、安心です。

そのほかに必要な物と言えば下の3つ。

下着やシャツは自分のサイズがありますから、どこの結婚式場でもプロデュース会社でも、自分で用意するのは当然のアイテム。

ただブーケが入っていないのは痛い。

ブーケがない花嫁なんてどこか味気ない!という人は自分で手配する必要があります。

ちなみにブーケの値段はだいたい10,000円~だと覚えておきましょう。

土日祝は基本料金アップするので注意!

と、ここまでは良いことづくしですが、一つ注意点。

67,000円というのは残念ながら平日料金(涙)

土日祝は+21,600円になります。

これはホームページでも小さくしか記載されていないので・・・気を付けたいところ。

最初から平日挙式なら67,000円!と書いてくれるといいのに…と若干不満を覚えたので、ここに書いておきます(笑)

小さな結婚式を挙げる時の注意

従来の豪華な挙式披露宴でなく、自分達のスタイルで挙げる結婚式。

それはすごく素敵な事ですが、小さな結婚式スタイルを選択したのなら、注意点がいくつかあります。

親族・友人への説明はきちんとしておく

小さな結婚式で少人数挙式+会食を選ぶのなら、必ずその旨を周りの人に説明しておきましょう。

会社関係、そして友人の中では「私は結婚式に呼ばれなかった」と不満に思う人も必ず出てきます。

「家族だけで(もしくは二人だけで)結婚式を挙げる事にしました」と一言あるだけで、後々の人間関係がうまくいきます。

せっかく自分達スタイルの結婚式を選択しても、周りから非難されるようなことになると素敵な思い出に泥がついてしまいますよね。仲間外れにされた!と誤解が生まれないように、こうしたフォローは忘れずに。

挙式のみのスタイルを選択した場合は気遣いを忘れずに

小さな結婚式では挙式だけを選択する人ももちろんたくさんいます。

挙式だけでも親しい人たちにお祝いして欲しい、見届けてほしいと思って招待するのなら、わざわざ足を運んでいただいたゲストへの気遣いは大切です。

もしも会食をしないスタイルをとるのなら、挙式後お礼もかねてお食事をしてお帰りくださいというように、食事券やタクシー代を用意するのは必要でしょう。

会食の場を用意したけど、親族が多い中で友人が肩身の狭いを思いするかなぁ…と言うときも同じです。

その場合は親族だけで会食することになっているけど、
食事を楽しんで帰ってね、と友人たちだけで食事をする場所を用意するなどの配慮があると喜ばれます。

なんといっても「わざわざ自分たちの為に来てくれた」という気持ちに応えることが大切です。

持ち込み料によって高くなることもある

 

 

必要最低限の物をパッケージにして提供している「小さな結婚式」

「小さな結婚式」は少人数のシンプルな式を提供するサービスですから基本的には「小さな結婚式」のパッケージに入っているもので挙式を挙げます。

小さな結婚式でやるのであれば、披露宴はナシ。
挙式+会食なら普通「ご祝儀なし」、「引出物なし」が通例なので、披露宴プランにはもちろん引出物も含まれていません。

「小さな結婚式」の口コミで

「衣装のグレードアップやいろいろ持ち込みをすると全然格安にならなかった!」

というものがあります。

これはある意味当然で、「シンプル」に「安く」、「諦めていた人にも結婚式を」というスタンスから始まっているサービスなので、いろいろとこだわってグレードアップしていくなら、どうして「小さな結婚式」を選んだの?という話です。

それなら他の結婚式総合サービスやプロデュース会社で少人数性の披露宴ができる式場を紹介してもらえばいいわけです。

自分達で手配したものを使用したいのであれば「持ち込み料」は発生します!

衣装のほかに持ち込み料がかかるのは引出物や引き菓子など。

基本パッケージにいろいろと足していくと(写真の追加なども)当然高くなってしまうので「安く済ませたい!」という人は注意が必要です。

今だけキャンペーン

2018年は小さな結婚式を運営する株式会社レックの30周年。

という事で、30周年アニバーサリーを記念して、2018年04月01日(日)~05月31日(木)に
初来店、ご成約いただいたカップル様限定で、フランス産フレグランスキャンドルプレゼント!

まとめ

いろいろな事情で大きな結婚式を選ばないカップルが増えてきている今、「小さな結婚式」はまさに今の時代の需要に応じたサービス。

小さな結婚式で挙げる挙式披露宴は会食プラスアルファといった感じです。

だから、会食だけでは寂しいから司会や音響、心ばかりの装飾をつけていますという「サービス」だと理解しましょう。

あれも、これも…!と欲張りな人には小さな結婚式で満足する事はできないのでは?と思います。

あくまで「小さな結婚式」というコンセプトを支持する人向けのサービスだと考えましょう。

ですが、小さな結婚式で結婚式をするなら周りにしっかりと趣旨を理解してもらえれば、小さくても一生の思い出に残る挙式を挙げることが可能。

結婚式は人生の一つの節目です。そして多くの花嫁の夢なので、挙げられなかったと後悔を絶対してほしくありません。

ですので、今まで結婚式は諦めていた…という人はぜひ話だけでも聞きに行ってはいかがでしょうか?

小さな結婚式なら、2人だけのロマンチックな挙式も、家族や親友に見守られた温かい挙式も10万円以下で実現できるから、堅苦しく考える必要ナシ。

「小さな結婚式」は親からの援助なし、貯金なしでも、本当に大切な人たちに見守られて温かい結婚式を挙げることができるサービスです。