節約しすぎのウエディングはゲストの不満に!節約はメリハリが大切!


理想の会場、素敵な装飾そしてきれいなドレス…結婚式にはつい夢を持ってしまいがちだけれど、実際にはかなり高額な費用がかかるので理想や憧ればかりを言ってはいられません。

チョビ
僕結婚式の平均知ってる!婚情報誌「ゼクシィ」の調査によると昨年カップルが挙式披露宴に使った平均額は372.4万円!こんなに貯金している人はなかなかいないよね。
みーこ
まぁ、確かにご祝儀や親の援助などで実際の手出しはこんなに多くないから安心してね。それでも費用が高額なことに違いはありまないけど。

結婚が決まると結婚式以外にも引っ越し費用などしばらくは出費が続きますから、結婚式ばかりになかなかお金をかかけられない!と思う人もいると思いますが…

結婚式を節約しすぎると、ゲストへ感謝を伝える場なのに「ゲストの不満」やさらにはあなたに対する印象もケチへと変わってしまう可能性もあります。

そこで、結婚式の賢い節約術について解説していきます。

ゲストの目は結構シビア!?節約はバレている!

結婚式は上手に節約したいもの。

とはいえ、なんでも節約すればよいというものではありません。

花嫁
結婚式に何度か出席すると結婚式の費用がなんとなく分かってくるものです。ましてや結婚式を実際にしている人は特にです。

具体的に費用が分からなくても、出席したことのある結婚式と比べてクオリティが落ちるとか料理のランクをさげているな…なんてことはバレてしまいます。

あからさまな節約は必ずバレるもの!

招待客にとってもご祝儀を包んでわざわざお祝いにかけつけたのに「ケチったな」と感じてしまうとがっかりです。

新郎新婦側だってあとで「結婚式節約しすぎてて引いちゃった」なんて陰口はたたかれたくないでしょう。

結婚式はいかにケチるか…が勝負ではなく、招待客をおもてなしすることが何より大切です。

花嫁
結婚の報告と日ごろお世話になっている方々への感謝の気持ちを伝える場ですからおもてなしするところはケチらず、節約しても差し支えのないところに重点をおくメリハリ型節約法がベストです。

卒花さんの節約失敗例!

結婚式のプランニングで参考になるのが卒花さんの体験談。

節約に関しても参考になる意見がたくさんあります。ここでは反面教師として卒花さんの節約失敗例を見ていきましょう。

料理のグレードを下げて失敗

節約のことばかり考えてしまって失敗した!という卒花さん。

できるかぎり削れるところは削ろうと努力した結果、料理のグレードもちょっと下げてしまって大後悔。

打ち合わせの時点では美味しそうだし見た目もそれなりに満足できそうと思ったそうですがいざ本番になるとやっぱり会場の雰囲気に比べて料理が物足りなかったと感じてしまったそうです。

花嫁
結婚式は招待客へのおもてなしが大切です。料理や飲み物で節約するのはあまりおすすめできません。

また、料理が決まったら自分たちのメニューを有料でも食べて見ることをおすすめします。詳しくは下記の記事を合わせてご覧ください。

ブライダルフェアはなぜ無料?試食メインなら有料のフェアがおすすめな理由【体験談あり】

フリードリンクメニューが少なくて後悔

費用がかかる所なので「安い」とフリードリンクに飛びついてしまったら、飲み物の種類(内容)が少なくて後悔した卒花さんも。

披露宴の食事中に飲むドリンクです。お料理に合わせて飲み物も楽しむ人も多いのでゲストの楽しみの一つです。

お酒の飲めないゲストやお子様もいるので、ソフトドリンクの充実も大切で飲めるものがなかったということ起きます。

花嫁
招待するゲストの顔ブレを考えて、フリードリンクの内容を確認して決めないとドリンクや食べ物はゲストの不満につながります。

予算にこだわりすぎてテーブルの装花がしょぼかった

予算にこだわりすぎて装花を節約したらなんとなく物足りなくてがっかりしたという卒花さん。

当日は物足りなさを感じたものの「シンプルだな」というくらいでそこまで気がまわらなかったそうですが、後日出来上がった写真を見て改めて会場がちょっと寂しかったことに気づき後悔。

花嫁
会場装飾は後日写真で改めて見ると余計に気になってしまうものです。

節約のことを考えすぎた衣装に後悔

節約のことを考えるあまり、つい衣装をケチってしまったという卒花さん。

気に入ったドレスがあったものの少し予算オーバーだったため諦めて予算内のドレスを選んだそうなのですが…写真を見て「やっぱり気にいったドレスにすればよかった!」と後悔。

一生の思い出に残る写真を見て後悔するのだけは避けたいですよね。

予算にこだわるのも大切ですが、後悔しては元も子もありません。

花嫁
予算オーバーしても好きな物を選んで、他で節約を考えた方がよい場合もあるのです。

節約して良いのはどこ?

卒花さんたちの中は結婚式でケチって失敗した!と思っている人もいるようですが、結婚式には「節約してもよい」項目と「思い切って使うほうがよい」項目があります。

節約してもいいところを見ていきましょう。

ペーパーアイテム

招待状や席次表などペーパーアイテムは一番節約してもよい項目です。

値段の高い項目ではありませんが、値段×人数分と考えると馬鹿になりません。
<class=”btn_pink”>
しかし、ぺーパーアイテムはDIYやネットで安い業者に頼んでも招待客には気にならない項目です。

ちなみに上記の画像はピアリーのペーパーアイテム手作りキットをです。

花嫁
種類が豊富なうえ、招待状&席次表を注文すると席札が無料になるサービスがあるので大変おすすめです。
管理人も結婚式のときに利用させてもらいました。

衣装の小物類

衣装はこだわっても、小物類は節約項目に入れてしまいましょう。

小物もゴージャスなものからシンプルなものまでいろいろあります。
確かに衣装を引き立てる重要な脇役ですが、だからといって一番高いものを選ぶ必要はありません。

花嫁
そこそこ写真映えするものであれば、わざわざ追加で小物を選ばなくてもドレス付属のもので十分です。

ウェルカムスペースの装飾

>ウェルカムスペースの装飾は自分たちで思い出の品を持ってきたり、ウェルカムボードをDIYしたりアイデア次第でかなり節約できるポイント</spanです。

花嫁
ゲストもウェルカムスペースに長居するわけではないので、むしろ会場装飾に予算をあてウェルカムスペースは造花やリボン、小物類を使って予算を押さえましょう。

演出

お金のかからない素敵な演出はたくさんあります。

ウエディングケーキのファーストバイトや各テーブルを回って写真を撮るラウンドフォト、新郎新婦にまつわるクイズコーナーなどお金をかけずにアイデア次第でゲストが楽しめる演出を考えましょう。

装花

装花は節約しすぎると見た目が残念な仕上がりになることがよくあります。

しかし、ポイントを押さえれば見た目を損なうことなく節約することができるので覚えておきましょう。

花嫁
例えば花のカラーだけ指定してあとは予算内でお任せする、花よりも葉っぱの方が安いのでグリーンをテーマカラーにする花の代わりに風船やキャンドルを使うなど、装花でもみすぼらしくない装花を賢く選びましょう。

ケチったと思われない結婚式にするために予算を2人で話し合う

節約してもいいところがわかったら、結婚式費用を上手に節約するために2人で予算についてしっかりと話し合う時間を作りましょう。

結婚式の日取り

結婚式は日にちや時間帯、また季節によって同じ式場でも費用がずいぶん変わってきます。

一番高いのは気候のよい春と秋の土曜日です。逆に安いのは8月や2月の閑散期。

花嫁
ハイシーズンでも平日や仏滅、ナイトウェディングなら費用が安くなります。

その理由や注意点については下記の記事を合わせてご覧ください。

平日結婚式は非常識?平日結婚式はメリットも多い!デメリットとは?

結婚式のおすすめの開始時間は?それぞれのメリット・デメリットを紹介!

仏滅に結婚式は非常識なの?メリット・デメリットについてご紹介

予算の上限

結婚式費用は足し算方式。

最初の見積もりではなにも決まっていないのでベースとなる項目のみで見積もりをだします。

そのあとで必要な部分を足していくので最終総額は見積よりもかなり高くなってしまいます。

花嫁
結婚式はアイテム一つ一つが高額なのでつい金銭感覚がマヒしがちですが、予算の上限を決めておくと「うっかり」予算オーバーすることがなくなります。

自分たちがこだわりたいところ

演出や衣装などこだわりたい要所で節約をすると費用は浮いても後悔の残る結婚式になってしまいます。

花嫁
こだわりたい部分を事前に話し合い、ここは節約を考えない!と思いきれば自然と他で節約できるところが見えてきます。

結婚式の節約はメリハリで勝負!

結婚式の節約はメリハリが大切。

すべての項目を節約すると後悔が残ります。

やり直しがきかない結婚式。後悔のないように自分たちが「どこ」に重点を置くか、こだわりポイントを事前に話し合ってまとめておくと節約しすぎて残念になったり後悔がが残りません。

結婚式を安くすませるならやはり最初の日取りやお得に結婚式ができる結婚式場紹介会社がおすすめです。

下記の記事も合わせてご覧ください。

絶対知ってほしい!結婚式を少しでも安く抑えるための9つのポイント

お得に結婚式をするなら絶対に使いたい式場検索サイト|各社特徴を徹底比較

結婚式場を探すならお得なキャンペーンを利用しよう!

結婚式場探しをするならキャンペーンがお得な式場検索サイトを利用するのが一番。

式場検索サイトを経由して、ブライダルフェアに参加(気になる式場を見学)するだけで3万円~5万円分のギフト券がもらえるからです。

行くだけで、ギフト券がもらえるので利用しないなんて絶対に損です!

以下のページでは式場検索サイトのお得なキャンペーン情報をまとめていますので、参考にしてみてくださいね♪