思い出を刻もう!フォトウエディングの費用など気になることをまとめました


気恥ずかしいからと入籍だけで結婚式をしないカップル、授かり婚で結婚式を挙げる時間がないカップル、そして費用の面から結婚式を諦めるカップル、などなど。

様々な理由で結婚式をあげないカップルがいますが、そんな中費用も格安で結婚式の思い出を刻めるフォトウエディングが今注目を集めています。

チョビ
フォトウエディングて何するの?
みーこ
内容は様々で実際にチャペルで挙式をするものも。
和装から洋装、スタジオからロケーション撮影まで、個人個人の希望を叶えてくれるフォトウエディングプランが用意されているよ。

子供が生まれてから自分たちの結婚式の写真を見せることも、両親に感謝の意をこめてウエディングアルバムを贈ることも叶えてくれるフォトウエディング。

今回は、そんな素敵なフォトウエディングの気になる内容をまとめて紹介します!

 フォトウエディングってどんな感じなの?

shutterstock_168688682

フォトウエディングという名前は知っている方は多いと思いまが、呼んで字のごとく2人の特別な日を写真に残す結婚式スタイルのことです。

実際には結婚式は行わず、衣装を着て写真だけを残す形になります。

いろいろな理由から結婚式をあげない「ナシ婚」カップルも昨今増えていますが、やはり結婚式の写真だけは残しておきたいとい思いからフォトウエディングを選択するようです。

フォトウエディングの特徴は事前にメールや電話で打合せができていれば、来店不要、最短1日数時間ですべてが終了するという点でしょう。

そのため、忙しく時間のないカップルには最適です。

また、写真にこだわるため衣装が豊富な点や本当の結婚式では訪れることがないであろうロケーションで撮影ができるのも大きな特徴の一つです。

フォトウエディングにかかる費用

shutterstock_131161427

ここでは、気になるフォトウエディングの費用について見ていきましょう!

フォトウエディングの費用はプランによって様々です。具体的には、スタジオ撮影、外に移動して行うロケーション撮影、和装、洋装でも費用が変わってきます。

  • 洋装スタジオ撮影費用    3万円~5万円
  • 和装スタジオ撮影費用    3万円~7万円
  • 洋装ロケーション撮影費用  10万円~14万円
  • 和装ロケーション撮影費用  10万円~16万円

これがだいたいの撮影相場になりますが、撮影スタジオやロケーションによっては費用が前後しますし、ロケーション撮影には別途交通費や入園料(必要な場合)などの必要経費も別途かかります。

花嫁
衣装は基本1着でのプランですから、ウエディングドレスとカラードレス、洋装と和装など、2着プランだともう少し費用がかさみます。

その他オプションとして年賀状プリントや両親にプレゼントするアルバム制作等が人気のようです。

フォトウエディングのプラン

フォトウエディングには、いろいろな写真撮影プランが揃っています。

洋装・和装を選ぶだけではなく、セットプランとして選択肢は様々、それぞれのカップルに合わせたプランを選ぶことができるようになっています。

  • 洋装スタジオプラン
  • 和装スタジオプラン
  • 洋装ロケーションプラン
  • 和装ロケーションプラン(衣装は基本的に1点ずつとなっています)
  • デジタルデータ付きプラン
  • 会食付き(家族を呼んでの撮影の場合、会食を付けたプランが人気です)
  • ファミリーフォトプラン(追加料金で家族への衣装レンタルもあり)
  • マタニティプラン
  • 挙式付きプラン
  • ペットとフォトウェディングプラン

本当の結婚式ではペットが入れないので、フォトウエディングではペットと一緒に撮影できるプランも人気です。

shutterstock_386553223

内容を充実させつつ安くするコツは?

通常の結婚式は挙式披露宴の費用が平均約385万円とかなり高額な出費がかかりますが、フォトウエディングは高くても20万円~25万円とかなり格安で結婚式の思い出を残すことが可能です。

また、安いプランになると3万円前後で写真を残すこともできるのですが、気になるのはやはりプラン内容と費用のバランス。

安くても写真が1枚しかついていない、衣装が少ない…では選ぶ意味があまりありませんよね。

そこで、充実したフォトウエディングプランでしかも、予算を安く納めるコツをお伝えします。

スタジオ撮影プランで節約

shutterstock_633322859

まず、ロケーション撮影よりもスタジオ撮影の方が安いので、「結婚式の写真だけ納めれば満足です」というカップルならスタジオ撮影を選択しましょう。

スタジオ撮影でも、衣装さえ自分の気に入ったものならとても素敵な写真を残すことができます。

花嫁
ロケーション撮影よりも拘束時間が少ないので、費用が浮く分、2人で記念に食事に出かけたり、家族も呼んで会食の時間を作ることで家族に喜んでもらうことなどができます。

洋装で節約

shutterstock_98384135

和装よりも洋装の方が費用を抑えられるので、どうしても和装が着たい!という希望がなければ洋装を選びましょう。

和装は基本の白無垢がプランに含まれていますが、かつらや綿帽子、かんざしなど、ディテールにこだわるほど別途料金がかかってきます。

花嫁
和装の場合、足袋や肌襦袢、裾除けなど、自分で用意しなければいけないアイテムも多いので、普段和服を着ない人はこういった出費も発生します。

全データ付きプランで節約

shutterstock_408091924

撮影プランによってはデータなし、データありと分かれています。

データありのプランの方が当然少々高いのですが、節約したいのであれば逆に高くてもデータ有を選びましょう。

というのも、フォトウエディングで費用がかさむ原因はプリント代・アルバム代。

もちろんフォトスタジオでお願いすれば、レザーのアルバムなど高級感のあるアルバムを制作していただけますが、今はデータさえあればネットで手軽に安くアルバム制作を依頼することができます。

センスのある人なら自作のアルバムを作る選択もあるでしょう。

花嫁
他にもデータがあればわざわざスタジオで年賀状制作をお願いすることもないですから、年末にかけても費用を節約することが可能です。

平日撮影やキャンペーンを利用

各フォトスタジオではオリジナルの料金プランが用意されていて、キャンペーンや割引があります。

特に平日撮影は料金が安いため、もし平日に1日お休みを取ることができるのなら平日撮影がお勧めです。

また、フォトウエディングにもハイシーズンとローシーズンがありますから、時期をずらすと割安プランが販売されるので頻繁にチェックしておくと良いでしょう。

フェオトウェディングを検討中の人におすすめ「小さな結婚式」

「小さな結婚式」は少人数の結婚式だったら、圧倒的な安さと高いクオリティの結婚式プロデュース会社です。

ですが、自社でラヴィファクトリーいうフォトウェディング専門の会社を持つほどの写真にこだわりがありフォトウェディングのプランも豊富なんです!

もちろんロケーション撮影もあります!なのに結婚式同様低価格で花嫁のみかたな会社です。

結婚式のお手頃価格なので合わせて検討してみてください♪

相談だけでも無料です。

もっと詳しく小さな結婚式について知りたい人は下記の記事をご覧ください。

67,000円〜結婚式を実現「小さな結婚式」の実態を解説(話聞いてきました)【口コミ・評判有り】

人気のロケーション

フォトウエディングの醍醐味と言えば、ロケーションへのこだわりです。

スタジオ撮影よりも料金がかさむとはいえ、結婚式をあげるより、それでも費用は1/10以下。せっかくの写真ですからロケーションにこだわって撮影をしたいというカップルが多いようです。

それでは、どのような場所がロケーション撮影で人気なのでしょうか?

洋館

shutterstock_383791087
洋館や貸し切りタイプの邸宅はどのフォトスタジオも提携先をいくつか持っているくらい人気のロケーションです。

中でもタイムスリップしたかのようなお屋敷はセピアカラーの写真が映え、絨毯張りの階段では長いトレーンのウエディングドレスがよく似合います。

チャペル

shutterstock_10962526

挙式はついていないものの、本物のチャペルでの撮影は結婚式を疑似体験しているような気分にさせてもらえます。

指輪の交換や、結婚の誓い。

本物の結婚式のようなワンシーンをチャペルでなら撮影することが可能です。

shutterstock_475291123

東京など自然の少ない都会でも、開放感のある写真を収めることができるビーチ撮影はとても人気。

冬は寒くて不向きですが、春・秋のビーチ撮影は空気も澄んで美しい写真を収めることもできます。

リゾート感を演出して、カジュアルなウエディングドレスも素敵です。

神社仏閣・日本庭園

shutterstock_623961194

和装が似合う神社仏閣や、日本庭園は和装派カップルには不動の人気です。

庭園の橋の上、和傘での演出など、色鮮やかな和装の写真が緑の背景にとても映えます。

また、和装ならではの人力車での演出、そして日本庭園での季節の紅葉や桜は、予約が難しいほどの人気となっています。

思い出の場所

foto

ロケーションの美しさよりも、思い出を優先したいというカップルも増えています。

邸宅ウエディング風、和装での特別な1枚よりも、昔遊んだ公園、小学校の校庭、初めてのデート場所など、それぞれの思い出の場所をめぐる撮影会もコーディネート可能。

これは結婚式の前撮りではかなわない、フォトウエディングのみの特別感ではないでしょうか?

海外(ハワイ・グアムなど)

shutterstock_383263615

新婚旅行をかねてハワイやグアムでのフォトウエディングも人気です。

新婚旅行を兼ねているので、費用を節約できるうえ、海外ならではの開放的なリゾート感あふれる写真を撮影することが可能です。

宿泊料金、フォトウエディング等々、プランの中に含まれていますから、新婚旅行を考えている人は一緒にフォトウエディングをプランニングすることをお勧めします。

フォトスタジオを探すポイント

撮影プランや費用の事はだんだんと分かってきましたが、フォトスタジオを探すポイントはどうでしょう?

日本全国、フォトウエディングを取り扱うスタジオは多数あります。もしかすると結婚式場よりも多いかもしれません。

でも、結婚式場のようにフォトスタジオの特徴が鮮明ではないため、どうやって一つに決めたらいいのか分からないというカップルも多いかと思います。

そこでフォトスタジオを探すポイントも紹介します。

こだわりを絞る

shutterstock_261027668

まず、費用だけで選んでしまって、あとで後悔しないためにも、自分たちが何にこだわりたいのかを絞り込むことが大切です。

和装にしたいのか、洋装にしたいのか、ロケーション撮影かスタジオ撮影か。

衣装にこだわりたいのなら衣装が豊富で、アップグレード料金なしのスタジオにするなど、2人でどのような写真を撮りたいのか話し合いましょう!

フォトスタジオの得意ポイントを押さえる

こだわりが見えてきたら、フォトスタジオの得意ポイントを押さえます。

自然光が得意なフォトグラファー、自然な表情を撮影するのが得意なフォトグラファーなど、スタジオによって写真の印象が変わってくるところがフォトウエディングの面白いところです。

住んでいるエリアのフォトスタジオのホームページを開けば、得意とする撮影方法や過去の写真集などを見ることができます。

花嫁
過去の写真集を見ると、自分たちの好みのテイストかどうかすぐにわかりますから、スタジオの過去の作品はチェックしましょう。

衣装のこだわり

shutterstock_238055362

衣装にこだわりたいのであれば、レンタル衣装が本業のフォトスタジオがおすすめです。

本業が貸衣装というだけに、選べる衣装が数百~というスタジオもあります。

通常のフォトスタジオは貸衣装と提携しているものの、ドレス数は比べ物になりません。

特に、マタニティドレスや、大き目サイズ、小さめサイズなど、標準サイズではないドレスの場合は衣装のセレクションが豊富なスタジオを選ぶ方が良いでしょう。

提携先のロケーション

shutterstock_484069066

ロケーション撮影の場合、提携先は必ずチェックしましょう。

それぞれのフォトスタジオで提携先が違いますから、提携していないロケーションの場合、別途費用がかかるか、もしくは断られることもあります。

もし、「ここで撮影したい」という強い希望がある場合は、撮影場所がそのフォトスタジオの提携先であるかどうかを確認することが大切です。

まとめ

結婚式をしない「ナシ婚」を選ぶカップルが増えているとはいえ、写真だけは残しておけばよかったと後悔するカップルも少なくありません。

結婚式費用は高額だけれど、フォトウエディングなら結婚式気分で写真を残すことができるうえ、家族も一緒に撮影することもできます。

もちろん、両親が参加なら留め袖をレンタルすることもできますし、参加しない場合でも、アルバムを贈る形で一つの親孝行ができるのではないでしょうか。

結婚式のように堅苦しいものではなく、自由に開放的な写真を撮影できるのもフォトウエディングならでは。

素晴らしい写真は新居に飾るにもふさわしく、子供ができてからも思い出を共有することができますから、ナシ婚でもフォトウエディングはするという選択肢は一つの区切りとしても素敵な選択ではないでしょうか。

写真も残したいけど、やっぱりしっかり挙式をしたい人は2人だけの挙式を選択することもできます。

費用もお手頃なので、フォトウェディングと合わせ検討してみてください。

2人だけの結婚式(挙式)という選択 ~メリット・デメリットを完全解説~