2次会を成功させるポイント紹介!新郎新婦や2次会幹事のための準備マニュアルガイド


結婚式の会場決めが終わったら、次は2次会。

結婚式の打ち合わせばかりに気を取られていると2次会準備がバタバタになってしまいます。

チョビ
2次会の会場はいつ頃探すのがいいの?
みーこ
2次会会場を探し始めるのは一般的に結婚式の半年前からで、4~5ヶ月まえに2次会の会場を決める感じのカップルが多いの。

あまり日にちがないと2次会幹事も困ってしまうのでなるべく早めの行動が吉。

とは言ってもの何から始めればいいの?
何を準備はすればいいの?
幹事はどう決めればいいの?

そんなあなたの不安を解消します。

2次会準備には具体的になにから取りかかればよいのか、そして2次会を成功させるポイントや注意点をしっかり解説していきます。

2次会をやると決めたら幹事を決める

まず、2次会をやると決めたら幹事を立てるか自分たちで幹事役を担うかを考えなければいけません。

幹事を立てるとしたら新郎新婦双方から幹事を1名ずつ。

花嫁
ただ、知らない人同士が組んでプランニングするのも大変なので新郎側、新婦側から2名ずつ幹事をお願いするという形が多いです。

幹事と一回目の打ち合わせ

幹事をお願いしたら1回目の打ち合わせです。

最初の打ち合わせは顔合わせが目的。

そこで自己紹介をしつつ仲良くなっておくことが今後の2次会運営にとっても大切になってきます。

~最初に幹事と確認すること~

最初の打ち合わせである程度幹事の人と2次会のイメージを共有しておきましょう。

花嫁
幹事と意思疎通ができていないと「こんなはずじゃなかった」なんて残念な結果になってしまいます!

そうならないために、確認すべき項目は下記のようになります。

  • 2次会のイメージ
    2次会は「こんな感じがいい」というイメージを話しておくと会場決めが楽に。
  • 招待人数
    招待人数によって会場や会費をどうするかが変わります。
    ある程度の人数は早めに新郎新婦がリストアップしておきましょう。
  • 演出など具体的にやりたいこと
    「これはやりたい!」という演出やプログラムがあれば幹事に伝えましょう。
    企画するうえでとても大切になります。

2次会に準備するもの

2次会のために準備するものは早めにリストアップが成功のカギ。

項目別に決めるべきことを紹介していきます。

会場決め

会場を決めるときの選択肢は2つあります。

  • 会費を決めてから会場を決める
  • 会場を決めてから会費を決める

具体的に決め方を詳しく書きますのでどちらが2人にとっていいか参考にしてください。

会費を決めてから会場を決める

会費を決めてから会場を決めると制約があるものの予算内で動けるので案外会場やプログラムを考えるときに楽なのが特徴です。

2次会会費の平均額を軸に×招待人数で予算を算出します。

  • (例)招待人数60名の場合男性(6,200円×30名)+女性(5,500円×30名)
    =186,000+165,000=351,000円

これが2次会の予算。

花嫁
この予算で賄える2次会会場を探すと予算オーバーすることなく、招待客に重い負担をかけることなく2次会を行えますよ。

会場を決めてから会費を決める

先に会場を決める方法もあります。

新郎新婦のイメージに合わせて会場をセレクトし、その後かかった経費から会費を割り出すという形です。

会費に含めてよい必要経費 新郎新婦が負担したい経費
会場費

飲食費

景品

衣装代

ヘアメイク代

演出や装飾

もちろん決まったルールはありません。

ですが、2次会に招待される側の気持ちになると飲食代+景品代(お土産代)以外は負担したくないという意見が多いのです。

花嫁
上乗せしすぎないことがゲストに気持ちよく2次会を楽しんでもらえるポイントです。

幹事の中でも分担を決める

幹事はやることがたくさんあります。

予算の管理から2次会の企画運営、ゲームの景品などなど。

そのため幹事はあらかじめ役割分担しておくことがおすすめ。

・リーダー

・会計

・企画&プログラム決め

・買い出し

まずリーダーは一番に決めなければいけません。

会計は信頼できる人にお願いし監査的な役割の人も設けると安心です。

花嫁
もちろん幹事に任せきりではなく、自分たちも参加することが大切です。

この他に当日の役割分担を決める必要があります。

下記に表でまとめたのでことらも、もれがないよう決めて起きましょう。

2次会当日の担当

  • 司会
  • 音響照明
  • 撮影
  • クローク(お店にクロークがある場合は必要ナシ)
  • 受付

衣装について

2次会の衣装は披露宴と同じものを着用する人もいますが、ほとんどの人が衣装チェンジ。

披露宴よりも少しカジュアルダウンしたウエディングドレスやカラードレスが主流です。

披露宴なら少しカジュアルすぎるミニのドレスだって2次会ならおしゃれでキュート。

そのほかにもドレスじゃなく華やかなワンピースにしたり、ドレスにコンバースやジージャンをプラスして披露宴ではできないコーデを楽しむのもアリ。

花嫁
2次会のドレスは少しカジュアルで価格が安いタイプを選ぶことが多いので購入派も多いようです。

男性はドレスに合わせたコーディネートを。

白のウエディングドレスならタキシードでもよいですが、スーツに小物でおしゃれをしたり、新婦のドレスとネクタイの色を合わせたり新郎新婦で統一感がでるようにするとよいですね。

景品の準備

2次会ではみんなで楽しめるゲームを考えます。

クイズやビンゴなどが多いのですが当選者には景品を用意して会を盛り上げるとともにゲストに喜んでもらいます。

花嫁
ゲームをしない2次会なら景品は必要ありませんが、ゲストへのお土産とお礼を兼ねてプチギフトは用意しましょう。

景品は予算内で好きなものでokです!

ただ、いろいろ買いに周るのは大変ですよね。

そんな人は景品やプチギフトなど、結婚式のペーパーアイテムなどたくさんのものを取り揃えているサイトがあるので活用してみてください。

有名なサイトと言えば「PIARY(ピアリー)」があります。

ちなみにHPでは12,000円以上でスペシャル割となっています。

結婚式のペーパーアイテムやプチギフトなども一緒に頼むと、準備も楽になるし割引も適用されいいことだらけです。

失敗しないために注意すること

2次会は友人に幹事を頼むことが多いので、新郎新婦と意思疎通が曖昧になると失敗してしまうこともあります。

失敗しないために注意したい所があります。

遠方のゲストへの車代

遠方からくるゲストへの車代は披露宴だけではありません。

2次会に遠方の友人を招待するときにも車代は用意しておきましょう。

花嫁
特に2次会は夜に行うことが多いので、遠方からの招待客は一泊することになります。

一定額の車代は用意しておきましょう。

失敗しがちな余興

2次会の余興の企画運営も幹事の大きな役目です。

ここで注意したいのが余興の失敗。

花嫁
身内ネタばかりの余興や下ネタなど下品な余興、そして幹事が盛り上げようとしすぎて新郎新婦のお株を取ってしまう余興は失敗です。

披露宴会場と2次会会場のアクセス

例え新郎新婦の希望通りの会場を見つけたとしても披露宴会場からのアクセスが悪ければ披露宴から出席している招待客に不便をかけてしまいます。

またそれ以上に披露宴から2次会へ移るときに新郎新婦が2次会開始時間に、間に合わないケースも意外とたくさん報告されています。

新郎新婦不在の2次会では意味がありませんよね。

花嫁
披露宴会場からのアクセスの良さ、そして2次会の開始時間は余裕をもって決めましょう。

当日の演出やゲームのアイデア

2次会でできる演出やゲームはたくさんありますが、ここでは特に盛り上がりやすい演出やゲームを紹介します。

ダンスや演奏

招待客によるダンスの余興は盛り上がる演出の一つ。

またバンドをやっている人はバンド演奏なども盛り上がります。

~失敗しないポイント~

幹事は始まる前にリハーサルとして音響や照明のチェックを必ず行う

メッセージムービー

友人たちからのメッセージムービーを流したり、反対に新郎新婦から招待客一人一人にタイトするメッセージムービーを流したりするアイデアはおすすめ。

みんなで思い出を共有できて、感動したりちょっとクスっとするエピソードはシンプルでも人気のある演出です。

~失敗しないポイント~

音響やプロジェクターの事前チェックを行う。

ビンゴ

ビンゴは使い古された感がありますが、ルールが簡単でだれでも参加できるので2次会におすすめです。

~失敗しないポイント~

いくつか目玉の景品を用意しておく。

なるべくたくさんの人に景品が当たるようにバラエティ豊かにそろえる。

若干多めに用意しておき、最後同時にあがるケースでも対応できるようにしておく

新郎新婦クイズ

結婚式や2次会は新郎新婦のことを招待客によく知ってもらうことも目的の一つです。

そこで新郎新婦に関するクイズも人気のゲーム。

最近はスマホを使ってクイズゲームするなど新郎新婦クイズも進化系になっています。

〜失敗ししないポイント~

微笑ましいエピソードや笑える事件など事前に新郎新婦の親や親友から聞き出しておくこと。

映像を使う場合は音響や機材の事前チェックを。

宝探しゲーム

招待客全員で宝探しゲームをするのもおすすめです。

2次会はつい仲の良い人同士かたまってしまう傾向にありますが、せっかくの2次会です。

新郎側新婦側の友人が2次会を通じて仲良くなるのも一興ですよね。

そこでチーム分けし、ゲームを通じて一体感を味わえる宝探しゲームや謎解きゲームはおすすめです。

~失敗しないポイント~

会場内を歩き回るので楽しいのですが、必ずお店の人に許可をもらいます。

また入ってはいけない場所などしっかり確認し、ロープを張るなど対策も必要です。

面倒な人はプロにお任せ

新郎新婦が幹事となる場合も、友人に幹事を頼む場合もありますが2次会の企画運営は負担が大きいもの。

忙しいなか演出用の機材をチェックしたり、景品の買い出しに行ったりするのは大変ですよね。

それなら2次会のプロにお願いするのもおすすめです。

二次会本舗

二次会本舗は首都圏を中心にサービスを展開する2次会の幹事代行会社です。

二次会本舗では司会を芸人が担当してくれるなど無料の特典が30もついてくるという太っ腹ぶり。

花嫁
企画運営から当日の司会進行まで全てお願いできるので新郎新婦の負担が軽く済みます。

対応地域なら打つ合わせもあなたの最寄り駅まで来てくれる!

料金も明瞭でお財布にも優しく忙しいカップルに頼りになる会社です。

相談は無料です。あなたの2次会見積もりを出してくれます。

2次会本舗いついて詳しくは下記の記事を見てください。

2次会ならプロの幹事にお任せ!2次会本舗がおすすめの理由全て教えます

ポイントを押さえて2次会を成功させよう!

2次会は早めの行動が吉。

披露宴のプランニングが始まったら2次会も忘れずに同時進行で計画を立てていきましょう。

花嫁
信頼できる人に幹事をお願いし、しっかりと幹事と意思疎通をすることが失敗しないポイントです。

小さなことでも密に連絡を取り合い2次会を成功させましょう。