お得なナイトウエディング!あなたの不安解消!メリット・デメリット・おすすめ演出まで


結婚式といえば土日の午前・午後にするのが一般的ですがキャンドルの火がキラキラと灯る幻想的な夜の結婚式も素敵ですよね。

チョビ
うーん…あまりナイトウエディングをしたという話は聞かないよね?
みーこ
日本ではまで馴染みがないのかも知らないけど、ロマンチックで節約にもなるし、夜だからこその演出もできたいり魅力満載なんだよ!

そこで今回はナイトウエディングについて徹底解説。

意外と知らないメリットやデメリットそしてナイトウエディングならではの演出までまるっと紹介していきます。

ナイトウエディングとは?

ナイトウエディングとはその名前の通り夜おこなう結婚式のことです。

一般的に夕方の5時ころに始まる挙式披露宴のことを指します。

気になるスタート時間

ナイトウエディングの開始時間は5時スタートが多く、挙式から披露宴にかけて一刻一刻夕焼けから変わっていく光を楽しむことができます。

花嫁
ただし、遠方の方がいると特に!終了時間が21時を過ぎるとゲストに迷惑が掛かってしまいますから終了時間に配慮して時間を決めるのがポイントです。

ナイトウェディングの流れ

流れは通常の結婚式と一緒で下記の図のようになります。

日没時間は季節によって変わるので時間に融通がきくなら調節するとより幻想てきになりますし、式場によって多少開始・終了時間は前後します。

花嫁
図では披露宴としましたが、ナイトウェディングだと1.5次会のようなあまり形式にこだわらない少しカジュアルな パーティーをする人が多いです。

1.5次会については下記の記事で詳しくご紹介していますので合わせてご覧ください。

新郎新婦も一緒に楽しめる1.5次会!会費制でもご祝儀制でも!全て伝えます!

ナイトウェディングならではの装花アイディア

ナイトウエディングでは装花にキャンドルを使うアイデアが人気です。

装花を豪華にすると費用がとても高額になるのですが、キャンドルを使うと会場はロマンチックな雰囲気になるだけでなく費用をかなり抑えることができます。

またクリスマスシーズンは特別にお願いしなくても会場全体がクリスマスデコレーションされてあることが多く、それだけでとてもロマンチックです。

花嫁
クリスマスデコレーションにキャンドルやLEDを使うとさらに思い出に残る幻想的な結婚式に。

犬猿されがちな冬の結婚式でも、演出の一つとのようでゲストにも受け入れてもらいやすいです。

ナイトウエディングは非常識?配慮が必要!

美しいキャンドルの光に囲まれて行う挙式披露宴はロマンチックで憧れてしまいますが気になるのはゲストの反応ですよね?

結婚式は一般的に土日の午前から午後にかけて行うもので、ナイトウエディングは非常識か?と言われると確かに知名度がそこまで高くないため、親世代の人たちにとっては「非常識」だと考える人もいるでしょう。

花嫁
特に注意しなければいけないのはゲストの年齢層と遠方からくるゲストがいる場合です。

遅い時間に終わる結婚式はご高齢のゲストや幼い子供がいるゲストにはとても負担の大きいものです。

また遠方から来るゲストがいる場合には帰りの交通手段がなくなってしまうケースも見受けられます。

ナイトウエディングは非常識だと言われないためにも、招待するゲストのこと顔ぶれを考えて決め、帰りの手段や宿泊先の確保など配慮をしましょう。

花嫁
そしで第一に両家の親に事前に相談することが大切です。

ナイトウエディングのメリット

昼間の結婚式にはないナイトウエディングならではのメリットを紹介していきます。

費用が安い

まず一番嬉しいメリットといえば「費用の安さ」です。

結婚式はご存知のとおり日程や時間によって大きく価格が変動してしまいます。

一番人気の高い日取りが大安吉日の土曜日、午前から午後にかけての挙式披露宴ですが、ナイトウエディングを選ぶカップルはまだまだ少なく夜間は式場に空きがあるので人気の大安吉日の土日でも費用がかなり安く設定されています。

花嫁
そのためできるだけ結婚式費用を節約したいカップルにナイトウエディングはおすすめです。

希望の日程で予約できる

ナイトウエディングでは結婚式の日程を希望通り自由に設定できるところが大きなメリットです。

人気の式場では式の1年前から予約をしておかないと希望の日時が抑えられないのですが、ナイトウエディングならどんな人気会場の人気の日程でも希望通り予約することができます。

天気に左右されない

ガーデンウエディングなど屋外を使う演出は雨に左右されてしまい、せっかく考えたプランがボツになってしまうこともあります。

ですが、ナイトウエディングは夜の式なので基本的に室内の演出が主になります。

そのため天気の心配をせずにプランニングできるのも一つのメリットです。

服装がカジュアルでゲストに好評

ナイトウエディングはどちらかというとカジュアルよりな式になります。

そのためドレスコードもカジュアルな服装を指定していることが多く堅苦しくない結婚式はゲストに好評です。

花嫁
特に夜の式なので、遅い帰りにフォーマルな服装だと帰りにどっと疲れてしまいますからカジュアルなドレスコードはありがたい配慮だとゲストにも思ってもらえるはずです。

ナイトウエディングのデメリット

このようにたくさんのメリットがあるナイトウエディングですが、デメリットももちろんあります。

デメリットもしっかり参考にして自分たちに合うかどうか判断することが大切です。

2次会ができない問題

結婚式の後は仲のいい友達と2次会を開くのが通例ですが、終了時間の遅いナイトウエディングでは2次会ができません。

花嫁
ただ最近では2次会自体減少傾向にありますから、ナイトウエディングだから2次会が開けないと悩む必要はなさそうです。

リクルートブライダル総研のデータによると2012年の調査から、24%も2次会を行った人の数が減少しています。

遠方からのゲストの宿泊手配

ナイトウエディングでは遠方からのゲストの宿泊を手配する必要があります。

遠方からでは交通手段がなく帰れない場合や、帰れても深夜になるケースがあるためです。

それではゲストに対して迷惑になってしまいますから披露宴会場からアクセスの良い場所で宿泊手配をします。

花嫁
また、次の日に仕事がある場合には宿泊手配をしても受け入れられないことがありますから、連絡を取り合い十分に配慮しましょう。

身内の反対やゲストの反応

ナイトウエディングの写真を見るととっても素敵で憧れてしまいますが、身内から反対される可能性は頭に置いておきましょう。

花嫁
成約する前に必ず両家の親に相談することが大切です。

また翌日仕事があるゲストにナイトウエディングは不評です。

楽しいとはいえ結婚式はかなり疲れてしまうもの…出席者のことを考えると翌日仕事のない日程を選ぶことも配慮の一つです。

ナイトウエディングおすすめ演出を紹介!

せっかくナイトウエディングをするのなら、演出だってナイトウエディングならではのものを取り入れたいですよね。

ナイトウエディングにおすすめの演出も紹介します。

ユニティキャンドル

ユニティキャンドルとは新郎新婦が一つずつキャンドルを持ち、一つのキャンドルに火を移すというセレモニーのこと。

花嫁
2人で1つの家庭を作っていくという気持ちが込められた素敵なセレモニーです。

キャンドルリレー

キャンドルリレーは新郎新婦が各テーブルの一人にキャンドルの火を移し、その一人が隣の人へとリレー方式で次々にキャンドルの火をともしていく演出です。

会場全体にキャンドルの火が少しずつ増えていき会場全体がとてもロマンチックになります。

花嫁
この演出は昼間でもできますが、会場全体を暗くして行うなど準備が必要です。夜ならライトダウンするだけで簡単にしかも幻想的に行えます。

キャンドルブッフェ

キャンドルといっても色や形は様々です。

そこでセレモニーに使うキャンドルをいろいろ用意して、ウェエルカムスペースに起きゲストに自分の好きなキャンドルをそれぞれ選んでもらう演出です。

キャンドルブッフェをしている人はあまりいないのでゲストにも好評で今人気の演出です。

花嫁
工夫次第で、使ったキャンドルをプチギフトとして持って帰ってもらうことも可能です。

夜景を演出に取り入れる

特別な演出をしなくても「夜」というだけで素敵な演出になってしまうのが「夜景」のパワーです。

ナイトウエディングで夜景を演出に取り入れたいなら高層階での披露宴がおすすめ。

花嫁
高層階から眺める美しい夜景はどんな装花よりも豪華でロマンチックです。

花火シャワー

ナイトウエディングなら花火を使う演出もおすすめです。

フラワーシャワーの代わりにゲストが持つ花火の中を新郎新婦が歩いていくという花火シャワーは写真映えしてとっても素敵。

花嫁
花火シャワーは式場の許可が要りますから、興味のある人は成約する前にプランナーさんにできるかできないか確認しておきましょう。

幻想的なナイトウエディングはおしゃれの極み!

ナイトウエディングはロマンチックでとっても素敵。

普通の結婚式なのに夜だというだけでなぜかおしゃれに豪華に見えるし、ナイトウエディングでしかできない演出を取り入れると唯一無二の個性的な結婚式を作り上げられます。

ゲストへの配慮など注意点もありますが、意外と出席者にはロマンチックな雰囲気で好評なナイトウエディング。

人と違う結婚式を考えているのならナイトウエディングはおすすめです。

結婚式の時間帯については下記の記事で紹介していますので合わせてご覧ください。

結婚式のおすすめの開始時間は?それぞれのメリット・デメリットを紹介!

地域別おすすめ結婚式相談所を探す

■関東
東京都
神奈川県(横浜)
千葉県
埼玉県
■関西
大阪府
京都府
兵庫県(神戸)
■その他の地域
愛知県(名古屋)
福岡県
宮崎県
宮城県(仙台)
沖縄(リゾート婚)
北海道

ブライダルフェアに参加するだけでもらえるお得なキャンペーンもお見逃しなく!
>>詳しくはこちら