少しでもお得に結婚式をするためのコツは?値引き交渉術を紹介!


ゼクシィを運営するリクルートブライダル総研の調査結果によると、結婚式にかかる費用は自己負担は平均的な式で143.2万円となっています。これは相当な金額ですね。

今から新生活を始めるにあたって貯金を使い切ってしまうのは心もとないですよね?

そこで重要になってくるのが値引き交渉術!

でもただ値引きしてくださいというだけでは「対応できかねます」と言われるのがオチ。

そこで今回はみなさんに上手な値引き交渉術を伝授したいと思います♪

なぜ結婚式は高くなってしまうのか?

値引き交渉について知るには、まずは「結婚式が高くなる理由」について知っておくことが大切です。

リクルートブライダル総研によると、結婚式は平均370万円もかかります。これには以下の大きく2つの理由が考えられます。

結婚式が高くなる原因

  1.  大きな額に慣れてしまって金銭感覚がマヒする。
  2.  お祝いごとをケチるのは恥ずかしいと思ってしまう。

最初に結婚式の見積もりをもらう時までは式場を選んでいる段階ですから、意外にみなさんしっかりしています。

ただ、打ち合わせ段階になると、「一生に一度だから」「ここで節約すると見栄えがおちてしまいます」などというセールストークにのせられて…あっという間に見積もりから最終費用が跳ね上がってしまいます。

そして、なんと調査では平均110万円も、見積もりから跳ね上がっていることが分かりました!

金額が跳ね上がった理由はほとんどが防げる項目ばかり!!

金額が上がった理由としては…

  •  料理・ドリンクのアップグレード
  •  衣装の追加およびランクアップ
  •  写真・ビデオの追加およびランクアップ
  •  会場装飾のランクアップ etc…

初めは安いグレードのもので見積もりを作り、「もう少し豪華にした方が…」という新郎新婦の気持ちをくすぐりながら営業するためです。

では、ここを踏まえて早速どうしたら値引きで費用を抑えられるのか考えていきましょう。

値引き交渉をする前に知っておくべきこと

値引き交渉は成約前が鉄則

見積もりをもらう段階ではまだ成約には至っていないはずです。

値引きは式場側が顧客を獲得したいときに使ってくるある意味作戦ですので、値引きしてもらうなら成約前!これは鉄則です。

成約後の値引き交渉はほぼムリだと考えましょう。

値引き交渉は見積もりを見ながら、式場の説明をしてもらう相談の時がベストです。

花嫁
その時に他にもいいなと思っている式場があることを伝えるのがポイント。
別になくてもいいんです、さらに言えばこの式場が本命だってかまいません。

要は「匂わせる」ことに意義があるのです。顧客を獲得したい式場側はここで営業努力をしてくれるはずです。

「今なら値引きします」の営業トークに騙されない

ところで、結婚式の相談をしている時に「今契約していただけるのなら…」という枕詞から始まる営業トークには注意しましょう。

花嫁
どんなに値引きしてもらったつもりでも、「今なら」という言葉でもらえる値引きは大した額ではありません。
それよりも、一度持ち帰ってしっかり考えて交渉する方が値引き率は断然上がります!

また、無料の式場紹介サービスの窓口では見積もりをプロの目でチェックしてくれるサービスもありますので賢く使いましょう。

値引き交渉可能な項目を頭に入れる

値引き交渉するにあたって、ただやみくもに「安くして下さい!」と言っても、式場側に渋い顔をされるだけ。

たくさんの項目がならぶ見積もりの中には

・絶対に値引きできない項目
・値引きが難しい項目
・値引きしてもらいやすい項目

があります。

値引きしてもらいやすい項目をしっかり頭に入れてから交渉しましょう。

値引きしやすい項目は以下のようなものがあります。

持ち込み料

結婚式費用の中で一番値引きしてもらいやすい項目が持ち込み料です。

持ち込み料とは、式場が提携していないお店から注文するときに「管理費」として式場側に支払ういわば手間賃のようなもの。

手間賃とはいえ、ドレスなら最大10万円もかかることがあり、ブーケ・引出物・ペーパーアイテムなど、いろいろと持ち込みすればかなり費用が嵩みます。

花嫁
持ち込み予定のアイテムがあるのなら、しっかり値引きしてもらいましょう。

持ち込み料については安くする方法も含めて以下の記事で詳しく説明していますので、ぜひご覧ください。

結婚式の持ち込み料って何?少しでも安くするコツもお伝えします

会場使用料

会場使用料はそもそも基本プランに入っている場合が多く、特典として会場使用料無料をうたっている式場も多いことから、とても値引き交渉しやすい項目であるといえます。

花嫁
もしも見積もりを見て、会場使用料をとられているようなら、ここはしっかり交渉しましょう。
親族控室、新婦控室も同じように交渉可能アイテムです。

機材レンタル料

生い立ちムービーや、紹介ムービーを披露宴会場で流すときの機材レンタル料は値引きがききます。

式場に支払うレンタル料なので、式場独自の判断ができる項目はやはり値引き対象になりやすいと言えるでしょう。

花嫁
機材レンタル料も簡単に10万円を超えてしまうので、ここは注意したいところです。

ドリンク代

見積もりの中で、アップグレードをしやすく費用が上がりやすい項目ナンバーワンが料理とドリンクです。

残念ながら料理は値引きしにくい項目で、あらかじめ値引きプランに充当していない場合はほぼ諦めた方が良いでしょう。

花嫁
けれど、ドリンクとなると話は別です。
ウェルカムドリンクを値引きしてもらう、飲み放題の金額を値引きしてもらうなど、意外とお願いすればきいてもらえるのがドリンク。

これを知らないと、値引きどころかアップグレードして逆に費用が上がってしまうケースが多いので注意しましょう!

値引きしてもらいやすい項目まとめ

  • 持ち込み料
  • 会場使用料
  • 機材レンタル料
  • ドリンク代

値引き交渉のコツ

値引きしやすい項目が分かればあとは値引きをお願いするだけです♪
とはいえ、やり慣れない値引き交渉を結婚式の打ち合わせでするのはなかなか大変。

覚えておきたい値引き交渉ポイント

  •  結婚式に関する費用内訳を予習する
  •  予算を少し低めに伝える
  •  値引きだけではなく、アップグレードする点もおりまぜる

この3点が非常に大切です。

まず、交渉するにしても「適正価格」を知らなければ値引き交渉は成立しません。

式場と相談の席につくまえに自宅でしっかりと結婚式費用のことを頭に入れておきましょう。

平均的に何にいくらかかっているのか分かっていれば、見積もりを見たときに指摘することができますし、逆にいくらまでなら値引きできる…という目安にもなります。

そしてついやってしまいがちなNGが見栄をはって年収を高く、予算を高くアンケートに記入すること。これでは、営業する側にとってカモになるだけ。

花嫁
少し予算を低めにして、最終的に費用がちょっぴり上がってもちょうど予算内に収まるようにするのがコツ。

プランナーさんは予算を頭に入れながら話をすすめてくれるので、最初から高く設定していると、高いものしかすすめられなくなります。

ただし、、値引き交渉ばかりしていてはただの嫌な客になってしまいます。

花嫁
値引きだけにこだわっていてはやはり素敵な結婚式はあげられません。
コツはどこに費用を多く割き、どこを削るかとメリハリをつけること。

これは交渉時にも生きてきます。

例えば…
おもてなしして喜んでもらいたいから料理はアップグレードしたい…けれど
それでは予算がオーバーしてしまうので、室料を値引きできないだろうか…?

きちんと値引きしてもらいたい理由を説明できれば、プランナーさんも親身になって応えてくれます。

要はしっかりとコミュニケーションを取る事が何よりも大切な事なのです。

交渉なしで最大限の割引がうけられる式場紹介サービスを利用

「それでも、どうしても自分で交渉することが苦手…」という人には、自動的に式場最大の値引き率が適応される結婚式場相談カウンターを利用するという手があります。

それは「厳選された会場で、 理想の結婚式をどこよりもお得に。」がコンセプトのgensen weddingです。

gensen weddingは、結婚式のお日取りによる特典や各種キャンペーンなど、すべての割引が適用されどこよりもお得になる「最低価格保証」を約束しています。

「最低価格保証」とは

多くの紹介サービスでは即決割引や条件付きの割引での割引を行う場合が多いなか、gensen weddingではそうした条件はなく最初から式場の一番安い価格で結婚式ができるように約束してくれているものです。

そして、さらにいいのはプランニング経験豊富な元プランナーが、結婚式の内容や費用もふまえてベストな会場をご紹介します。

しかも、細かいヒヤリングをしっかりしてくれるので、最初の見積もりから金額大きくあがることがありません。

結婚式経験者の私も「知っていれば利用したかった」と悔やむぐらいの素敵な会社です。相談してみるだけでもおすすめです。

gensen weddingについて詳しく知りたい方はプレゼン形式が新鮮!gensen weddingのプロデュース力がすごい!の記事をご覧ください。

値引き幅の大きい式場紹介サービスを利用する

交渉しなくても、結婚式の時期を早めるだけでとお得に結婚式ができる結婚式場相談カウンターを使用するのはどうですか?

おすすめは昨年顧客満足度ナンバーワンを獲得した「ハナユメ」です。

最大割引率100万円以上が受けられる「ハナユメ割」は、成約から半年以内に結婚式を挙げる人が対象の特別割。

花嫁
条件さえあえば、ハナユメを使うだけで自動的に最大の割引率が適応されるシステムですから、値引き交渉が苦手な人にはピッタリです。

ハナユメについて詳しくはハナユメで相談してお得に結婚式を挙げよう♪下記の記事も合わせてご覧ください。

しっかり予習して値引き交渉をしよう!

値引き交渉にはこのようにタイミングやコツがあります。

値引きしてもらえる項目はしっかりと頭に入れて、成約前に見積書を確認しながら値引きをお願いしてみましょう。

節約することで、ハネムーンなど他に楽しみが作れますね。上手に値引きをして、質を落とさない結婚式を目指しましょう。

結婚式場を探すならお得なキャンペーンを利用しよう!

結婚式場探しをするならキャンペーンがお得な式場検索サイトを利用するのが一番。

式場検索サイトを経由して、ブライダルフェアに参加(気になる式場を見学)するだけで3万円~5万円分のギフト券がもらえるからです。

行くだけで、ギフト券がもらえるので利用しないなんて絶対に損です!

以下のページでは式場検索サイトのお得なキャンペーン情報をまとめていますので、参考にしてみてくださいね♪

キャンペーンを利用して成約するならハナユメがおすすめ!

ハナユメキャンペーン
Hanayume(ハナユメ)を使ってブライダルフェアに参加するだけで、全員最大40,000円のギフト券がゲットできる!

また気に入った結婚式場がハナユメで見つかればハナユメ割が使えます。 「ハナユメ割」は6ヶ月以内に結婚式を行うことで割引がされるもので、なんと100万円以上お得になることも!

しかも掲載しているほぼ全ての式場がハナユメ割を利用可能です。他の式場検索サイトよりもお得なので、見逃さないようチェックしておきましょう。