世界に一つだけの結婚式が叶うゲストハウスウェディングって?


定番のホテルウェディングと肩を並べるぐらいの人気が今ではあるハウスウェディング!

チョビ
なんとなく聞いたことはあるけど、具体的に他の会場との違いがイメージは出来ない・・
みーこ
チョビのように具体的なハウスウェディングの良さがわからない人も多いと思います。最大の魅力は会場を貸切にできるプライベート感なの!

実際はどんなことが出来てどんな人におすすめなのか、その魅力をたっぷりとお伝えします!!

ハウスウェディングとホテルウェディングの違い

16
ハウスウェディングとは、一軒家のような邸宅を貸し切って行う結婚式のことです。

花嫁
一軒家ですからガーデンやプールがあったり、チャペルも大抵は敷地内に併設されています。これらの施設を存分に使ってオリジナルのウェディングをすることができます 。

そんなハウスウェディングの特徴を、ホテルウェディングと比べてみましょう。まずは、以下に挙げる3つのポイントから比較します。

貸切にできる

何といっても一番の魅力は一軒家をまるごと貸切にして、2人とゲストのためだけの空間を楽しめることです。

ホテルのような大きな施設になると、まず貸切に出来るスペースはチャペルと披露宴会場だけの場合がほとんど。会場に行くまでに他の会場のゲストと廊下ですれ違ったり、一般の宿泊客とエレベーターで一緒になったりと、プライベート感があまりありません。

また、待合室やガーデンは共有のスペースの場合も多いので、披露宴の後半になってくると、次の披露宴のゲストで埋まっているなんてこともあります。

8

ですが、ハウスウェディングであればゲストが最初に通る玄関に2人のウェルカムボードを飾ってお迎えすることができますし、待合室やガーデン、披露宴会場まですべて披露宴が終わるまで自由に移動してもらうことができます。

ゲストとの距離が近い

kannpai

会場によって少し異なりますが、一般的にホテルの披露宴会場は多くのゲストが入れるようにかなり広めに、天井も高く作られています。

そのためゲストの席から2人が座るメインテーブルまでの距離が遠くて、写真を撮っても新郎新婦の顔が米粒のように小さかった、という経験がある方もいるのではないでしょうか。

ハウスウェディングではアットホームさを重視して作られていますので、収容人数が多くても70~80名までの会場がほとんどです。

花嫁
たとえ人数が多くても、乾杯やケーキ入刀をガーデンでしたり、演出の工夫をすればゲストとの歓談を存分に楽しむことができます。

2人らしいウェディングが叶う

pinksouka

ハウスウェディングは特にアイテムや演出にこだわりたい方におすすめです。

ガーランドやバルーンを館内に目一杯飾ったり、手作りのペーパーアイテムでテーブルをコーディネートしたり、ガーデンに大きなフォトブースを作ってみたり、自由度が高いのも魅力の一つ。

また、当日の進行に関してもホテルウェディングよりはゆったりと時間を取っている場合が多いので、後半の時間は披露宴会場とは別のスペースで歓談の時間にしたり、一から好きなように組むことも可能です。

花嫁
1日1組限定の会場であれば、2次会も兼ねてお昼から夜までの長時間のパーティにして、また違った雰囲気をゲストに楽しんでもらうのも良いですね。

おすすめの演出はこれ!

ハウスウェディングだからこそできるおすすめの演出を5つご紹介します。

ガーデン挙式

shutterstock_659204200

天候次第にはなりますが、せっかく広いガーデンがある会場であればガーデン挙式を選択しておくのもおすすめ。

緑に囲まれた中での開放的な挙式はなかなかゲストも含めて体験できないものです。写真写りも綺麗ですし、チャペルよりもよりゲストとの距離が近くなるので温かみのある挙式になります。

ビュッフェ演出

ke-tarinngu

人気のビュッフェ演出ですが、披露宴会場とは別の部屋やガーデンなど場所を変えて楽しめるのが魅力です。

定番は食後のデザートビュッフェですが、ゲストの好みに合わせて内容を変えることもできます。洋菓子が苦手な方には和菓子のビュッフェを緑茶と合わせて楽しんでもらったり、お酒の好みに合わせてワインとチーズ、日本酒とチョコレートなど組み合わせは様々。

待合室にウェルカムドリンクと一緒にフィンガーフードを置いておくのも良いですね。こうした料理に関する自由度も、ホテルよりは高いのがハウスウェディングならでは。

やってみたい!というものがあれば、プランナーさんに是非一度可能かどうか相談してみましょう。

グリル演出

shutterstock_673439761
屋内だけの会場ではできないのが、このグリル演出。ゲストに食材を調理するライブ感を楽しんでもらって出来たての料理を食べてほしいというこだわりを持つ方におすすめです。

花嫁
お皿にあらかじめ盛りつけられた料理よりも、調理する音や匂いがあることでより美味しさを感じることができます。

シェフがその場でメインのお肉や魚介類を焼いてくれると、特別感も増しますよね。

グランピングウェディング

12

今、徐々に日本でも注目されてきているグランピングですが、元々はグラマラス(glamorous)とキャンピング(camping)を掛け合わせて作った造語で、テントや道具を持っていなくても優雅に自然を楽しむことが出来る『贅沢なキャンプ』のこと。

アウトドア派の方であればこのグランピングをウェディングに取り入れて、より2人らしさを演出することができます。

テラスやガーデンにまずは長いテーブルを用意して、小花や枝・木の実・ハーブなどを使ってナチュラルなコーディネートに。

キャンドルを灯すとより幻想的な雰囲気になるので、夕方以降の時間帯がおすすめです。食事はバーベキュースタイルにすると、より皆でわいわい楽しむことが出来ます。

そして、ゲストがいつでもくつろげるように、ガーデンにはハンモックやテントでお洒落な休憩スペースを作ったり。

花嫁
新郎新婦の衣装はすっきりした形の動きやすいドレスやミニドレスと、お洒落なシャツとベストでカジュアルにするとあっという間に2人らしい空間ができ上がります。

屋外のシアター演出

11

よく2人がお色直しをしている時間に、会場内のスクリーンで生い立ちのムービーを流したり、最後はエンドロールで締めくくるのが定番ですが、スクリーンが可動式であればガーデンに置いて、外でムービーを自由に楽しんでもらうのも素敵です。

その時は生い立ちのムービーも2人の幼少期の写真を沢山入れて少し長めのものを作っておけば、親御様やご家族も懐かしがって小さいかった頃の話題で盛り上がります。

また、2人がおすすめする映画を流しておいて、スクリーンの前にくつろげるソファ席などを用意しておけば、満天の星空の下でシアターを楽しんでもらえます。

ここでおすすめ!世界に一つだけの結婚式をするなら「gensen wedding」

gensen weddigはとにかく「こだわり」が強い世界でたった一つの結婚式を実現させてくれる相談カウンター。

gensen weddigは従来の結婚式場探しと異なり、経験豊富なプランナーがカウンセリングを行い、二人の事をまずよく知り、「2人のやりたい結婚式」をまずイメージして、そこからプランニングしていきます。そしてそんな結婚式を「実現できる会場」を数か所紹介してくれるんです♪

詳しく知りたい人はプレゼン形式が新鮮!gensen weddingのプロデュース力がすごい!の記事にて紹介していますので、ご覧ください。

費用はどれぐらいかかるの?

13

ハウスウェディングならではの演出も沢山ご紹介しましたが、やはり気になるのが費用面。挙式・披露宴全体にかかった総額は平均359.7万円となっており、前年より約7万円増加傾向にあります。

また、ゲストからいただくご祝儀の総額は平均232.3万円で、前年より5.2万円増えているため、2人の自己負担額は143.2万円とほぼ同推移しています。(ゼクシィ 結婚トレンド調査2016調べ)

会場ごとに異なってはきますが、ハウスウェディングは1日に1組もしくは2組と限られた組数しか予約を受け付けていない分、まず会場使用料という部分で他の種類の結婚式場より高くなる傾向にあります。

また、見積りの内訳は大まかに、会場使用料・挙式料・料理・ドリンク・衣装・装花・写真映像・ペーパーアイテム・引出物引菓子という項目に分かれていますが、2人がどういったコンセプトのウェディングにして、どの項目にこだわるかによって見積りの上がり方も当然変わってきます。

花嫁
もし費用面が心配・・という方は、選ぶ結婚式の曜日や時間帯、お日柄によっても料金が違う場合もありますので、一度会場を決める前に式場に相談してみましょう。

まとめ

一生に一度の結婚式は2人だけでなくゲストにとっても思い出に残るものにしたいですよね。

もちろんどの結婚式も一つとして同じものはないですが、ウスウェディングであれば2人のプロデュースによって「今までこんな楽しい結婚式に出たことない!!」と列席経験の多いゲストからも間違いなく喜んでもらえます。

この記事を読んで、面白いかも!と思った方は是非ハウスウェディングも検討してみてください。

結婚式場を探すならお得なキャンペーンを利用しよう!

結婚式場探しをするならキャンペーンがお得な式場検索サイトを利用するのが一番。

式場検索サイトを経由して、ブライダルフェアに参加(気になる式場を見学)するだけで3万円~5万円分のギフト券がもらえるからです。

行くだけで、ギフト券がもらえるので利用しないなんて絶対に損です!

以下のページでは式場検索サイトのお得なキャンペーン情報をまとめていますので、参考にしてみてくださいね♪

キャンペーンを利用して成約するならハナユメがおすすめ!

ハナユメキャンペーン
Hanayume(ハナユメ)を使ってブライダルフェアに参加するだけで、全員最大40,000円のギフト券がゲットできる!

また気に入った結婚式場がハナユメで見つかればハナユメ割が使えます。 「ハナユメ割」は6ヶ月以内に結婚式を行うことで割引がされるもので、なんと100万円以上お得になることも!

しかも掲載しているほぼ全ての式場がハナユメ割を利用可能です。他の式場検索サイトよりもお得なので、見逃さないようチェックしておきましょう。