結婚式をしたくない!結婚式をしないと後悔する?実際は?


結婚式をしないという選択。

様々な理由で結婚式をしない選択をするカップルがいますが、あとで結婚式をしなかったことを後悔しているという話を聞くこともあります。

チョビ
結婚式はお金も労力もかかるから嫌厭する人もいるよね。でも、どうして後悔する人が多いんだろう?
みーこ
結婚式は自分たちのだけのものではないので親の気持ちを知ったり、タイミングを逃すと出来ないのに他の人の結婚式には出たりとどうしても考えるタイミング多いことが原因でもあると思うな。

果たして「結婚式をしない」選択は正しいのか、実際にしないことを選択した先輩カップルの意見を参考に結婚式は必要なのか、結婚式の意義を考えてみましょう。

結婚式の実施率

昨年結婚したカップルの数はなんと60万7000組!とはいえ全員が結婚式をおこなっているわけではありません。

しっかりと挙式披露宴を行ったカップルはその中で半分強の55.3%です。

挙式披露宴を行ったのは半分強だとしても、データを見ると何らかの形で結婚式に準ずるセレモニーを行っているカップルがほとんどで全く何もしなかったと回答した人は14.8%と少数派です。

花嫁
盛大な披露宴は行わないとしても多くのカップルが結婚式に準ずるセレモニーを行っていることが分かります。

結婚式をしたくない理由とは?

では結婚式をしたくない理由にはどんなものがあるのでしょうか?

結婚式をしたくない背景には大きく3つの理由があるようです。

結婚式費用の問題

結婚式にかかる費用は挙式披露宴合わせて平均372.4万円!ご祝儀で6割ほどは賄えるとしてもかなり高額な自己負担額になることは否定できません。

結婚には結婚式をしなくても新居の準備や引っ越しなどで何かとお金がかかるもの。

花嫁
今後の生活を考えると結婚式のために貯金に手を出したくない…と考えるのも無理はないのかもしれません。

セレモニーに興味がない

中にはセレモニー自体に興味がない人もいます。

きちんと婚姻届けを出してけじめをつけているのだからわざわざ形式的なことをしなくても…という考えです。

結婚式ではなく違うことにお金をつかいたい

お金がないから!という理由以外にもお金は結婚式のためよりも違うことに使いたいからという理由で結婚式をしないことを選ぶカップルがいます。

花嫁
お金の使い道は貯金や生活費、子供のための養育費などが上位を占めますが、結婚式よりも新婚旅行にお金を使いたいという人も多いようです。

結婚式をしなくて後悔した理由

結婚式をしない理由はいろいろありますが、しないことを選択して後悔したという声もよく聞きます。

どんなことで後悔しているのかそこには大きく3つの理由があるようです。

親のことを思うと申し訳ない

結婚式をしなくて後悔した一番大きな理由はやはり「親」のことを考えるときです。

親は何も言わないかもしれないけれど、子供の結婚式を見たいという気持ちは誰もがもつもの。

花嫁
特に兄弟の結婚式に参列して親の嬉しそうな顔を見た時に「あぁやっておけばよかったかな」と思うことが多いようです。

写真くらい残しておけばよかったと後悔

入籍した時には結婚式のことを何とも思ってなかったとしても、やはり時間がたつにつれて「写真くらいは残しておけばよかった」と思うようです。

花嫁
特に女性はウエディングドレス姿の写真を若いきれいな時に残しておきたかったと後々後悔するのは分かるような気がします。

結婚した実感が少ない

入籍をして名前を変えて、会社に届けたとしても結婚式をやっていないと結婚した実感を強く感じないため式を挙げておけばよかったという意見もあります。

花嫁
結婚式はプランニングの段階から両家の顔合わせや親戚との希望のすり合わせなど、大変ではあるけれどその中で絆が生まれ、二人の価値観の確認ができるものです。

時間をかけて家族になっていくとはいえ、結婚式をあげていないと結婚の実感がわくまで時間がかかるということがあります。

結婚式をやって後悔した理由

結婚式をしなくて後悔した人の声はよく聞きますが、結婚式をしないつもりだったのに式をあげたことで後悔する人はいるのでしょうか?

実は結婚式をやって後悔した人はほとんどいないようです。

花嫁
結婚式をやらないつもりの人でもいざ式を挙げると「やってよかった」とほとんどの人が感じるそう。

全員がそう思うわけではないので理由を見ていきましょう。

もっとしっかり計画を立てるべきだった

結婚式自体を後悔することはなくても、やらないつもりだったのに結婚式をしてしまったためもっとやりたいことがあったなと、結婚式の中身について後悔することはあるようです。

もともとする気がなかった人が結婚式をするとシンプル婚が多くなるのですが、いざ結婚式をすると「ちゃんとリサーチしておけばよかった」「こんな風にすればよかった」と思うようです。

誰のために結婚式をするのか

結婚式は2人の自己満足のために行うわけではありません。

結婚は人生の大きな節目、そして結婚式はその節目を感じることができる大きなけじめです。

結婚式のプランニングを通じてお互いの価値観をすり合わせ、結婚式を通じて両家の親族と顔を合わせるまたとない機会。

そして何より結婚式は改めて両家の親やお世話になった方々へ感謝の気持ちを伝える場でもあります。

花嫁
自分たちは結婚式をしたくないからといって、周りの人への感謝を表す機会を逃してしまうのはちょっぴり残念なことなのかもしれません。

結婚式をしたくない理由は克服可能!

結婚式をしたくない理由は人それぞれ。

しかし、結婚式のスタイルもワンパターンではありません。

自分には向いていないと思う結婚式でも形を変えれば自分らしい結婚式が可能です。

お金がないなら「会費婚」

お金がないから結婚式をしたくない!というのが理由ならお金をかけない結婚式を選んでみましょう。

例えば自己負担をかなり減らせる「会費婚」というスタイルがあります。

従来のご祝儀をいただく結婚式ではなく、会費制にしてその予算内で結婚式を挙げるというスタイルです。(1.5次会のようなカジュアルな結婚式もおすすめです。)

花嫁
少々の出費はあるかもしれませんが、かなり自己負担額を減らせる注目の結婚式スタイルです。

また自己資金ゼロでも叶う結婚式を提言するスマ婚などの結婚式場紹介サービスを使うのも一つの方法。

結婚式の節約術もたくさんあるのでいろいろとリサーチしてみましょう。

まずは情報収集から始めるなら、結婚式場検索サイトを活用するのがおすすめですので、気になる人は下記の記事もご覧ください。

お得に結婚式をするなら絶対に使いたい式場検索サイト|各社特徴を徹底比較

友人がいないなら「少人数結婚式」

招待する友人がいないから結婚式しても恥ずかしいだけ…と思う人には少人数結婚式があります。

そもそも結婚式は友人に見せるためではなく、両親や親族に結婚を報告し今までの感謝を示す場です。

花嫁
なので、イメージするような豪華な式をする必要はありません。ですが、友人がいないから結婚式をしないで良いということにはなりません。

そんな人には親と親族のみの家族婚を選択してみましょう。

家族婚については下記の記事で詳しくご紹介していますので合わせてご覧ください。

家族婚とは?アットホームな式が実現!費用・方法も解説【挙げた人の口コミ・評判あり】

実際、昔のようにたくさんの人数を招待して行う結婚式は減って来ています。

そのため少人数結婚式の需要は増えているため「小さな結婚式」など少人数結婚式を専門に扱う会社もあるので心配する必要はありません。(この会社はプランも豊富だし何より安いのでぜひチェックしてみてください。)

でも、悩みますよね。そんな人は結婚式に呼ぶ友達がいない!だから結婚式をしたくないあなたへ記事も合わせてご覧ください。

授かり婚なら「マタニティウエディング」

子供ができちゃったから…というのならマタニティウエディングという方法があります。

お腹が大きくなる前に打ち合わせ回数を極力減らして最短で結婚式をあげるというもの。

またマタニティ用のウエディングドレスもあるのでお腹が大きいからと言って結婚式をあきらめる必要はありません。

花嫁
むしろ結婚&妊娠とダブルで祝福してもらえるのでとても幸せな結婚式を挙げることができるはずです。

また「ママ婚」というマタニティ専門のブライダルカウンターもあります。

妊婦のニーズを経験豊富なプランナーさんがサポートしてくれるので大船に乗ったつもりで結婚式を挙げることができます。

体型が気になる人は「和婚」

太っているからウエディングドレスを着るのが恥ずかしい…と悩む人には「和婚」スタイルがおすすめです。

伝統的な白無垢や色打掛はとても美しく、神前で行う厳かな式は背筋がピンと伸びて結婚の誓いを強く心に感じることでしょう。

着物はあらゆる年代の人が着こなせるものですし、体系も気になりません。

花嫁
またウエディングドレスでもドレスショップによってサイズの取り扱いも幅広いのでリサーチしてみるとよいでしょう。

2人だけなら「挙式のみ」または「フォトウエディング」

誰も呼ぶ予定がないから…というのなら記憶に残る結婚式を選びましょう。

披露宴なしの挙式のみのスタイルも最近は増えてきました。

また思い出を形にするという意味でフォトウエディングという方法もおすすめです。

2人だけの結婚式(挙式)という選択 ~メリット・デメリットを完全解説~

思い出を刻もう!フォトウエディングの費用など気になることをまとめました

結婚式をしないと離婚率が高い!?

最後に興味深いデータを紹介します。

ゼクシィを運営するリクルートブライダル総研が2016年に行った調査によると、結婚式をあげないカップルは結婚式をあげたカップルと比べて18%以上も離婚率が高いというのです。

花嫁
あくまで統計のはなしですが、結婚式という大きなイベントを通じて夫婦として考えたり、感じることがあるからだと考えられます。

結婚式を通じて感じること

結婚式をしないと離婚するというわけではありませんが、結婚式を通じて絆が深まることはあるでしょう。

  • 結婚のけじめを感じる
  • 自分の親族や友人を知ってもらう
  • 配偶者と自分の家族が親しくなる
  • 二人で大きなお金を使う
  • 互いの家族が親しくなる

結婚式を通じて強く感じることはやはり両家の結びつきなのでしょう。

改めて結婚は自分たちだけのものではないということが分かります。

花嫁
そして離婚を経験した人は表のようなことを強く感じていない傾向があるということも同じ調査から浮き彫りになっています。

結婚を通じて強くなる絆

結婚式をしないというのも一つの選択です。

しかし、結婚式を通じてしか味わえない気持ちやけじめがあることも確かです。

大々的にするのだけが結婚式ではありません。

多様化するニーズに応えるように様々な結婚式スタイルが生まれている今、自分たちに合う結婚式のスタイルを見つけてみてください。

「ダケ婚」という言葉をご存知でしょうか?ダケ婚は従来の結婚式スタイルを変え、自分たちらしい方法を選んで結婚式を行うというものです。

花嫁
結婚のけじめとして挙式だけ選んでもよし、厳かな結婚式よりも友人たちとカジュアルにお祝いしたいというのならパーティだけという選択もアリ。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

ナシ婚より今注目のダケ婚!結婚式もカスタマイズする時代その魅力を紹介