記憶に残る結婚式ならHAKU|オリジナルウェディングの内容や費用について解説


オリジナルウエディングを得意とする「HAKU」が人気の理由は、ゼロから新郎新婦と一緒に他にはない結婚式を作り上げてくれるから。そこには基本となる会場や縛りなどもありません。

HAKUのプランナーは様々な経歴出身者が集まるクリーエター集団です。だからこそ、あなたが求める漠然とした理想の結婚式のイメージが次々とはっきりとした形へと具現化されていきます。

本記事では、そうしたHAKUの魅力や実例、実際に取材して聞いてみたHPではわからないことなどを紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

HAKUの公式HPはこちら>>

HAKUの特徴と結婚式当日までの流れ

通常結婚式は会場が決まったところからのプランニング始まるのが通例です。
だから、「後でこれをやりたい!」と思っても希望が通らないこともあります。

ですが、HAKUでは
「まず2人が思い描く結婚式がどんなものか?」
「その結婚式を実現するならどこがいいのか?」

こうしたコンセプトをしっかりとヒアリングし、プランニングをしながら会場を探すことで、あなたが本当に実現したいことができる結婚式を目指します。

花嫁
ちなみにHAKUはプロデュース会社なので、契約して終わりではなく、結婚式当日まで一緒に伴奏し考えてサポートしてくれます。

具体的なプランニングの流れは次のようになります。

HAKU結婚式の流れ

だいたいこの図のような流れで打ち合わせは進んでいきます。

HAKUの特徴はお2人のコンセプトが決まってから、想いを実現できる会場探しを始めるところです。

花嫁
申込金20万円を納入してから成約となりまます。最終的な金額は結婚式当日から5営業日前までに支払う形です。

自分らしさにとことんこだわりたい人は、HAKUのデザイナーさんと打ち合わせをしてオリジナルアイテムをDIYしても大丈夫。どんなこだわりもHAKUなら実現できるのです。

また、基本なんでも持ち込みアリなので(持ち込みNGなところも結構多い!)、大切なものに囲まれて結婚式をしたい人にもとてもおすすめです。

オリジナルウエディングだとやっぱり高い?

オリジナル結婚式というと、どうしても費用がかさんで高くなってしまうイメージがありますよね。

ではHAKUはどうでしょうか?

HAKUでプロデュースする結婚式はだいたい80名で450~500万円が平均だそう。

この金額を見て「高いな」と思われたでしょうか?
平均の中間値である475万円で招待客1人に換算すると約1人59,300円となります。

ゼクシィ首都圏リクルートブライダル総研調べによると、昨年の結婚式平均費用は約372.4万円で招待客人数は63.1人(招待客1人当たりに対して約5.9万円)なので、招待客1人あたりにすると実は平均的な費用で結婚式があげられることが分かります。

花嫁
節約型ウエディングでは会場の装花が寂しかったり、やりたかった演出を削らなくてはいけないことも多々あります。そうした後悔をせず、とにかくこだわった結婚式が平均的な金額であげられるのであればむしろ安く感じるのでは?と個人的には思います。
\無料で相談できます/

HAKUさんで直接お話聞いてきました!

HAKUの相談ブースです

HAKUは気になるけどやはり…

直接相談に行くのは時間も取られるし、勧誘されてしまうのではと不安になりますよね。

そんなあなたの背中を少しでも押せればと、聞きずらいこと以下のようなことも質問してきました。

  • 相談だけでも本当に平気?(押し売りしない?)
  • 契約前のコンセプト提案時に、見積もりはわかる?(そこからの値上がりは多い?)
  • パパママ婚や大人ウェディングも可能?
  • 会場の見学はいける?
  • どうしてそんなに会場はじめアイテムまでこだわれるの?

相談だけでも平気?押し売りしない?

ぜひ来てください!「HAKU」のことをわかってもらって、利用してほいと考えています。
数を多くするのではなく、いい結婚式を作り上げることを大切にしています。

花嫁
飲み物の中にはビールも用意してくれていて(上の写真はドリンクメニューです)、緊張せずざっくばらんに話せました。

契約前に見積もりはわかる?(そこから値上がりは多い?)

しっかり2人の希望をヒアリングして、「2人のための結婚式のお見積」をお作りしています。

あくまでも見積もりは「概算」となるため、契約後に金額が上がる可能性もあります。
ただし、こだわることで金額が上がりそうな項目については、「何にいくらかかるか」をきちんと説明します。

本当に必要な内容かどうかは、お客様自身に取捨選択していただいているので最初の見積もりから大きな変更がない限りは金額が大きく変わることはありません。

花嫁
費用も大切なのでそれ以上、大幅に上がらないのは安心ですよね。
これも2人のしたい結婚式をしっかり話をして、見積もりを作ってくれるHAKUさんの魅力です。

パパママ婚や大人ウェディングでも可能?

もちろん大丈夫です。
今までも、そういった結婚式を手がけてきています。

花嫁
LGBTなど、どんな人にも素敵な結婚式を提供してくれるとのことです。

会場見学に行けますか?

もちろん行けます。
基本的にプロデューサーも同行するので、当日イメージまでしっかりご案内します。

花嫁
プロデューサーが一緒だと、会場の人の常套句にも乗せられることなく冷静に判断できますね。

どうしてそんなに会場はじめアイテムまでこだわれるの?

新郎新婦としっかり話し合いをして結婚式を作り上げるからです。
また、どのカップルにもプロデューサーとデザイナーと2人でサポートします。
なので細かいところまでこだわって提案できます。

招待人数はどれくらいの結婚式が多いですか?

招待人数が70〜80人が多いです。

花嫁
50人ぐらいの方もいるそうです。招待人数が少なそうな方は相談してみてください。

参考になりましたでしょうか?

取材をしてみて、HAKUさんは1つひとつの結婚式をとにかく大切にしているのがよくわかりました。

花嫁
管理人は感動というか、もうこだわりの結婚式をするならHAKUを強くおすすめしたいと感じました。

式場にとっては毎回の結婚式ですが、あなたの結婚式は人生で1度です。
なので特別な結婚式が作り上げられる会社を利用したいですね。

\無料で相談できます/

HAKUの利用がおすすめの人・おすすめじゃない人

知れば知るほどとても素敵だと思うHAKUですが、おすすめな人がいる一方、そうでない人も正直います。
あなたはどちらのパターンなのか知っておけば後悔なく利用することができますよ。

HAKUの利用がおすすめの人

HAKUに向いている人は次のような人です。

HAKUで結婚式をするのがおすすめの人

  • こだわりが強い
  • 型にはまらない結婚式がしたい
  • 結婚式場以外で結婚式をしたい
  • ゲストを喜ばせたい&驚かせたい

下記で詳しく見ていきましょう。

こだわりが強いあなた

こだわりが強いカップルならまさにHAKUがピッタリです。
普通の会場なら「そんな演出はできません」と断られてしまいそうなことでも、HAKUなら大丈夫。

なぜなら、コンセプトありきだから。

コンセプトを提案して、やりたいことを出し合ってそこから会場を決めるので、後からできないと残念な思いをすることがありません。

花嫁
結婚式の打ち合わせも基本は7回と通常の結婚式よりも時間を使い作り上げてくれるので、こだわりを余すことなく表現できます。

「できる」会場を探すのがHAKUの強さ。

だからこだわりが強ければ強いだけHAKUを選ぶ理由になるわけです。

型にはまらない結婚式がしたいあなた

ふだん使っているテントをそのまま高砂に

結婚式と言えば新郎新婦の入場から始まり、乾杯の挨拶、スピーチ、お色直し…と一通りの流れが決まっています。

でもHAKUにそんなことは関係ありません(笑)

披露宴が先で結婚式が後ってことだってあるし、初日は家族と、2日目は友人と2日間連続でパーティを楽しむ人もいます。

HAKUはゲストも新郎新婦も楽しめる空間を作るアーティスト集団です。

だから自分達が思いもつかない提案をしてくれるのです。型なんかに縛られているデザイナーではありません。

結婚式場以外で結婚式をしたいあなた

結婚式場以外で結婚式がしたい!そんな変わった方もHAKUなら実現可能です。

水族館でも野原でも、古民家でも…場所に制限はありません。

コンセプトが決まれば、コンセプトに合う会場を択んでHAKUが提案してくれます。コンセプトによっては結婚式場以外の場所が似つかわしいことだってあるのです。

もちろん希望の会場があっても問題ありません。

ただし会場によってはやりたい演出ができない場合もあるので、その時は別会場を提案してくれることもあります。

相談は無料なのであなたがしたい結婚式が実現できるか聞いてみましょう。

HAKUには向いていない人

向いている人がいれば向いていない人がいるのは当たり前。

HAKUをおすすめできない人

  • なるべく節約したい(節約重視)
  • 早く結婚式を挙げたい
  • こだわりがない

HAKUをあまりおすすめできない人はこんな人です。理由を詳しく見ていきましょう。

なるべく節約したい(節約重視)

節約型結婚式を希望するのなら、HAKUはおすすめしません。

結婚式の費用はほぼ平均的ではあるものの、決して安くはできません。

会場の装飾や演出は特に作りこんでいきますから、高くなってしまうのは仕方ありません。

花嫁
ただアイディアによっては費用を抑えられますが、それでも平均的費用程度というお話で自己資金ゼロというような節約型ウエディングではありません。

早く結婚式を挙げたい

例えば授かり婚で結婚式をすぐに挙げたい人はHAKUに向きません。

HAKUは空間デザインから始まって、オリジナルペーパーアイテムなど、細部にわたってデザインし総合的に結婚式をプロデュースします。

なので最低でも、3か月は準備期間が必要だそうです。

こだわらず早く式を挙げたい!というのであればHAKUである必要はありませんよね。

こだわりがない

こだわりがないカップルもHAKUには向きません。

こだわりがないのであれば、そもそもオリジナルウエディングを作り上げる意味がないからです。

ただし、何も決まっていないあなたは該当しません。

なぜなら、結婚式のイメージもわかないけれど…というカップルは、デザイナーさんがヒアリングの中から2人にピッタリなコンセプトを見つけて提案してくれます。

花嫁
ただ、そんなにこだわりがない…というのならわざわざちょっと高めのプロデュース会社にお願いする必要はないです。

【実例】こんな結婚式見たことない!驚きの結婚式を紹介

いったいどんな結婚式ができあがるのか、アーティストたちの作品を見ていきましょう。

HAKUのすごいところは「嬉しい裏切り」をしてくれるところ。

ある程度の年齢になると出席する結婚式はどれも変わりばえのないものだと気づいてしまいます。

なんて思って出席すると、見事に裏切られるのがHAKUウエディング!

「こんな結婚式見たことない!」とつぶやきが漏れてしまうような結婚式を経験するでしょう。

結婚式例その1

まるで街を貸し切ったようなウエディング。

外国の街にふと迷い込んでしまったかのようなかわいいスペースを広く使い、街角のそこかしこにはマジシャンやポップコーンスタンドなど、まるでそこはおとぎの国かテーマパークといった雰囲気。

その中で始まる結婚式はスタッフもゲストも参加、もちろん新郎新婦も全員で楽しむパーティです。

食べて飲んで、騒いぎはしゃいで…インスタ映えするデコレーションもみんなが写真を撮っちゃう人気エリアに。

こんな結婚式があったのか!という目からうろこの結婚式です!

結婚式例その2

作品例1とは真逆のコンセプトで、自宅でゲストをおもてなし。

新居祝いに友人の家に行くことはあっても、結婚式に出席するために自宅を訪れるなんて聞いたことがありませんよね?

そんな結婚式は、古民家をリノベーションした新居での伝統的な「祝言」という形。

披露宴では新郎の会社でとりあつかう自慢の豚を中心とした料理のケータリング。

お酒は地元のこだわりのものを準備。

結婚式に関わる一つひとつを大切に選び、参加してくれる人への感謝の気持ちや愛が伝わる内容です。

花嫁
事例にはもちろんレストランやガーデンウエディング、神社といったものもありますので、あなたに合ったスタイルが見つけられそうかホームページが確認してみてください。

どれも素敵な結婚式ばかり。話を聞けばあなただけの特別な結婚式に出会えます。

相談は必ず予約をしてから行きましょう!

HAKUのサロンは都内に一つ、文京区の都営三田線「白山」駅徒歩二分の場所にあります。

サロンは一軒家です。

HAKUは新郎新婦との話し合いを大切にしているので、急に行くのではなく予約していきましょう。

花嫁
新郎新婦で予定がなかなか合わない人は平日の夜も相談できます!また、オンライン相談の可。

土日はもちろん、平日の夜(月・水・木・金)18時から無料相談会を実施しているので、少しでも興味をもった人は一度HAKUで話を聞いてもらうのもおすすめです。(もう少し遅い時間も対応可能なそうなので一度HAKUさんにご相談ください。)

HAKUの打ち合わせスペースは落ち着いた雰囲気

自分が思ってもいなかった素敵な提案が聞けると思いますよ♪

前日までの申し込みで、1日5組限定ですので必ず予約をしておきましょう。

予約方法は、HAKUの公式ホームページから、「ブライダフェアの相談」から予約してください。※ブライダルフェアの参加ではなく、相談会になります。

花嫁
予約完了のメール連絡がきますので確認してください。

相談は無料なのであなたがしたい結婚式が実現できるか聞いてみましょう。

HAKUで世界に一つだけの結婚式を

HAKU-まっさらな白、2人だけが紡ぐ色「白」という意味
HAKU-きらびやかに未来を彩り、2人の想いをのせいていく「箔」という意味

この二つの意味を社名にしたHAKUは世界でたった一つ、あなたらしい結婚式を創り上げてくれるプロデュース会社。

型通りの結婚式はもういらない!
主役の新郎新婦がただ疲れるだけの式なんて嫌だ!

むしろ結婚式は自分らしく、ゲストに「あなたたち夫婦」のことを知ってもらう稀有なチャンスであるべきです。

自分達夫婦のことを理解してもらい、そしてゲスト全員に楽しんでもらう(もちろん自分達も♪)

そんな記憶に残る結婚式を挙げるのならHAKU一択。

丁寧なヒアリングの後にいろいろなアイデアを出してくれる様は、まるでおもちゃ箱を開けるときのようなワクワク感に包まれます。

こんな結婚式があったんだ!そんな気持ちにさせてくれるプロデュース会社…それがHAKUなのです。

相談は無料なのであなたがしたい結婚式が実現できるか聞いてみましょう。

花嫁
HAKUではコロナ禍でも結婚式を諦めないように「オンライン結婚式」にも力を入れています。以下の記事ではオンライン結婚式がどのようなものか詳しく紹介しているので、興味がある方はこちらもチェックしてみてください。

HAKUの♯結婚式を諦めない「オンラインウェディング」の魅力を紹介