宴内人前式とは?新しいオリジナリティー溢れる挙式スタイル


挙式スタイルは「キリスト教式」「神前式」そして「人前式」がありますが、最近では披露宴内で行う「宴内人前式」を選択するカップルが増えているようです。

チョビ
僕「宴内人前式」て馴染みがなくてどんな挙式のことなのかわからないんだけど・・・

みーこ
一般的にいう「人前式」とは違い宴内人前式とは「披露宴の中で」挙式(結婚式)を行うスタイルです。

まだまだ新しいスタイルで馴染みのない人も多いかもしれません。

そこで、宴内人前式の流れとメリット、デメリットを紹介していきます。

宴内人前式は一体どんなカップルに向いている挙式スタイルなのでしょうか?

宴内人前式とは

shutterstock_89125972
通常、挙式(結婚式)は披露宴会場とは違う場所(チャペルや神前など)で行われますよね。

これは人前式の場合も、ガーデンで行うスタイルや、宗教色を省いてチャペルで行うスタイルなどがあり、自由度が高いものの、披露宴会場とは違う場所で行います。

宴内人前式は最初にみーこも話していましたが、 挙式も披露宴も同じ会場で行う挙式スタイルです。

場所を移動することなく披露宴会場ですべて済んでしまうので、招待客も部屋を移動する必要がなく、着席したまま和やかに式が進行していきます。

厳かな挙式とは少し違いますが、出席者全員に見守られながら自由にデザインできる宴内人前式は今とても人気が高まっています。

宴内人前式の流れ

shutterstock_145459132

宴内人前式を選ぶケースが増えていますが、

「宴内人前式がどのように進行するのか分からない」
「宴内人前式に出席したことがないので、どのような流れなのかイメージできない」

という声も多く聞かれます。

そこで一般的な宴内人前式の流れを紹介します。

宴内人前式の流れ

ennai-flow

 

このように、式の流れはキリスト教式に似ていますが、進行を父や牧師の方ではなく、司会者が担当するところが大きな違いです。

みーこ
この進行を元にして、誓いの言葉を「お互いに読みあう手紙」に変えるなど、人前式をオリジナルデザインすると良いですよ♪

宴内人前式を成功さるコツは、人前式と披露宴のメリハリをつけることがポイントです。

場所を移動しないと、列席者の気持ちが結婚式から披露宴へ切り替わらず、良く分からないうちにどんどん進行していくという招待客おいてけぼりの結婚式になりがちです。

そのためにも、宴内人前式から披露宴に移る際のアナウンスや、BGMのチェンジなど工夫して前後の雰囲気をガラリと変えましょう。

宴内人前式の人気演出

宴内人前式で人気の演出スタイルを紹介します。

基本的な式の進行表をもとに自分たちのオリジナルテイストを取り入れることが宴内人前式の醍醐味です。

リングボーイ・フラワーガール

Untitled design (2)
リングボーイは指輪を運んでくれる小さな男の子の意味。

そしてフラワーガールは元々チャペル式でバージンロードを清めるという意味で花びらをまく小さな女の子のこと。

幼い子供たちが、式の一端を担っているという光景は大変かわいらしく会場の雰囲気を笑顔にさせてくれます。

その他、長いトレーンのウエディングドレスなら、トレーンを持って一緒に歩いてくれる「トレーンベアラー」もかわいらしい演出です。

両親と入場

shutterstock_664276816

バージンロードを歩くのは父親の仕事…ではありません。

みーこ
せっかく自由がきく人前式を選んだのですから、母親と父親、両方に一緒に歩いてもらうというのも人前式ならではのアイデアです。

ただ、3人で歩くとなると、バージンロードを広く取る必要がありますから、会場のテーブル配置を考えなければいけません。

結婚式会場によっては2階から降りてくるなど、テーブルを回らずに高砂に進めるデザインのパーティルームもあります。このような設計のパーティルームだとテーブル配置を考える必要もなく、3人で歩くことが可能です。

ダズンローズのセレモニー

Untitled design

ダズン=12本

ダズンローズのセレモニーとは、12本の薔薇でプロポーズを再現する演出です。

会場の各テーブルに1本用意しておき、新婦が入場し新郎のところまで各テーブルを回って、1本ずつバラを受け取り、ブーケにするというセレモニー。

新郎のところについたら、新婦はそのバラのブーケから一本取り出し、新郎の胸元にさします。

招待客も式に参加してもらうアイデアは人前式で人気の演出です。

リングリレー

ennnaikyosiki
リングリレーとは招待客にもお手伝いしてもらって、結婚指輪を新郎新婦のもとに届ける演出です。

長いリボンに指輪を通し、新郎・新婦側2列になって指輪をリボン上で滑らせて新郎新婦のように届けます。

招待客がみんなで息を合わせて指輪を届けるさまは、ゲーム感覚でとても楽しく盛り上がります。

誓いの言葉を工夫

Untitled design (1)

人前式はキリスト教式や神前式と違い、少しカジュアルな雰囲気。

だからこそいろいろな演出ができるのですが、カジュアルなスタイルを利用して誓いの言葉を「選手宣誓」のように工夫する、お互いにオリジナルメッセージを読みあうなど、自由な人前式だからこそオリジナル感を出すというアイデアも素敵です。

招待客に誓いの言葉を手伝ってもらう

招待客に事前に頼んでおき、誓いの言葉を招待客と新郎新婦でやり取りするというアイデアも面白いですね。

誓いの言葉を手伝ってもらう例

 新婦側の招待客からは

  「結婚したら家事を手伝いますか!?」

 新郎側からは

  「夫婦喧嘩しても無視はしないでもらえますか?」など笑える質問を投げかけ、

最終的に

  「結婚を誓いますか?」

のような質問で締めくくってもらうという手法です。

質問によっては会場に笑いが起き、またジーンとするような答えが返ってくるなど、会場全体が結婚を見守っている空気感はとても思い出深いワンシーンになることでしょう。

ブーケプル

ennnai kyosiki

ブーケトスは、ブーケを見事に勝ち取った女性は次に結婚ができるというジンクスがあるという有名な演出です。

でも、食事をする披露宴会場ではグラスやプレート、花瓶など、すでにテーブルにセットされていますから、万が一倒してしまうことを考えると、ブーケトスは披露宴会場ではできません。

そこで、「ブーケプル」と言ってブーケに長いリボンを結び、参加女性にクジのようにブーケを引いて当ててもらうという演出がおすすめです。

飛んでくるブーケをがんばって取る行為は恥ずかしいと思う日本人女性が多い中、ブーケプルは人前式以外でも結婚式で人気の演出アイデアになっています。

このように、カジュアルを逆手にとってオリジナルな挙式をデザインできるところが宴内人前式の一番の魅力です。

宴内人前式のメリットは何?

宴内人前式にはどのようなメリットがあるのでしょうか?宴内人前式の魅力を一つ一つ具体的に考えていきましょう。

移動がないのでテンポよく進めることができる

Untitled design (3)

同じ結婚式会場内だとしても、違う部屋で挙式と披露宴を行えばそれぞれに列席者の入場、招待客の入場の時間がかかり、また退場もしかり。

挙式会場が披露宴会場から離れているところなら尚更です。

チョビ
高齢のおばあちゃん、おじいちゃんがいる人にも良さそうだね!!

みーこ
そうなの♪高齢の方がいる場合は特に移動に気を使いますよね・・・
なので、ずっと着席のまま挙式と披露宴が行われる進行は、そういった方にも安心です!!
しかも、移動や入退場に使う無駄な時間が省けてテンポよく披露宴を進めることができます。

挙式~披露宴と長時間の拘束がなくなる

結婚式と言えば一日がかり。

結婚式会場に着いたらウェルカムドリンクを飲みながら談笑し、その後挙式、移動して披露宴となればトータルするとかなり長い時間かかります。特にご高齢の出席者だと疲れてしまいますよね。

その点、披露宴単体だと2時間半~3時間ほどなので、時間にするとずいぶん節約できる印象です。

挙式費用を節約できる

shutterstock_551442103

宴内人前式は、先にも書きましたがその名の通り披露宴の時間の中で行う人前式の事。

そのため、当然チャペルや神前を使用する必要がありません。その分、挙式料やチャペル使用料などがかからないのです。

ゼクシィの調査によると挙式料の平均の金額は30.4万なので、結婚式の費用を大きく節約できます!

自分たちオリジナルの式を作れる

shutterstock_602619332

キリスト教式・神前式ともに進行に決まりがあるので、挙式を行うにあたって式次通りに進行していかなくてはいけません。時間配分もだいたい決まっています。

その点、宴内人前式は何をやっても自由。

人前式でも厳かな演出をしたいカップルもいれば、面白おかしく招待客と盛り上がりたいカップルもいるでしょう。

そのカップルの希望に沿って式を1から作り上げていく感覚は準備や企画段階では大変ですが、当日は苦労も報われて自分たちの思い描く式を挙げることができます。

新郎新婦の写真が撮りやすい

shutterstock_571679017

キリスト教式や神前式ではプロのカメラマンが入り撮影を行いますが、参列者がパシャパシャ写真を撮れるような雰囲気ではありません。

でも宴内人前式なら、新郎新婦が招待客の方を向いているうえ、写真はご遠慮くださいという空気もありません。

挙式の写真を撮る機会は通常あまりありませんから、宴内人前式ならではのメリットでしょう。

メリットまとめ

  • 移動がないのでテンポよく進めることができる
  • 挙式~披露宴と長時間の拘束がなくなる
  • 挙式費用を節約できる
  • 自分たちオリジナルの式を作れる
  • 新郎新婦の写真が撮りやすい

宴内人前式のデメリットは?

次に宴内人前式のデメリットを見ていきましょう。

披露宴の時間を削ってしまう

shutterstock_68368438

宴内人前式は披露宴の中で行う結婚式です。

通常は、教会や神前で挙式を行い、披露宴会場で結婚披露パーティを開くため、披露宴の時間をまるまる披露宴のために使うことができます。

しかし、宴内人前式では披露宴の時間内ですべてを行うので押さえている時間によってはバタバタと落ち着かない結婚式になる可能性があります。

結婚式の厳かさに欠ける

shutterstock_739202095

挙式は厳かにけじめをつけて、披露宴はパーティとして楽しく過ごすというのが一般的なスタイルですが、宴内人前式だと結婚の厳かさに欠けるところがあります。

演出や司会進行の腕次第で人前式でも「厳かな雰囲気」を醸し出すことはできますが、披露宴の中で人前式を行うという形は、お年寄りの中には全く理解できない人もいるようです。

親族にはまず「宴内人前式とはどういうものなのか」きちんと説明して事前に理解を求めるとよいでしょう。

すべて似たような写真になってしまう

shutterstock_276383900

宴内人前式だと一つの会場で挙式と披露宴を行うため、撮影する写真がすべて似たような写真になってしまうというデメリットも考えられます。

人前式中も、披露宴中も同じ会場ですから、背景が変わらないと写真のバラエティはなくなります。

写真だけで考えるのであれば、結婚式の前に、ロケーション撮影や、前撮りをしておくと良い思い出になります。

新郎新婦の休憩がとれない

shutterstock_226347574

挙式と披露宴が違う場所であれば、移動時間の間少しだけでも新郎新婦は別室で休むことができます。

この休憩の間に、新婦はメイクを直し、髪の毛をアレンジしなおすのですが、同じ会場の場合は、挙式も披露宴の進行の中で行われるため休憩時間はありません。

また、新郎新婦が退場せずにそのまま着席する形の宴内人前式もあります。

余興のリハーサル時間が取れない

shutterstock_478781938

披露宴の余興をお願いしている場合、挙式を行っている間に披露宴会場で簡単なリハーサルを行う場合があります。

しかし、宴内人前式はこのリハーサル時間が取れないため、リハーサルが必要な余興の場合は事前打ち合わせで会場側とリハーサルができる場所はあるかなど確認しておかなければいけません。

デメリットまとめ

  • 披露宴の時間を削ってしまう
  • 結婚式の厳かさに欠ける
  • すべて似たような写真になってしまう
  • 新郎新婦の休憩がとれない
  • 余興のリハーサル時間が取れない

どんな挙式スタイルにせよ、それぞれメリットとデメリットがあるものです。

各挙式スタイルのメリット・デメリットを鑑みて、自分たちの希望に一番合う挙式スタイルを選ぶと良いですね。

宴内人前式に向いているのはこんな人

ここまで、宴内人前式について詳しく見てきました。

式進行プログラム、メリット・デメリットを見るとだいたいどのような雰囲気で宴内人前式が執り行われるのか想像がついてきたのではないでしょうか?

それでは宴内人前式をあげるのはどんなカップルが向いているのか考えてみます。

厳かな結婚式よりも楽しい結婚式でみんなと楽しみたいカップル

shutterstock_624232232

神職や神父/牧師が執り行う挙式は、新郎新婦も列席者も緊張してしまうほど厳かな空気があります。

その厳かな空気の中で執り行われる挙式は、結婚を真面目に受け止めこれから2人でともに歩んでいく人生のけじめとなるものです。

しかし、厳かな式は緊張してしまって性に合わないという人もたくさんいます。

宴内人前式なら演出次第で最初から最後までにこやかに招待客と一緒に楽しめる空間を作り上げることが可能なので、「結婚式は皆で楽しみたい」というカップルにおすすめです。

結婚式費用を節約したいと考えているカップル

shutterstock_617027687

結婚とは、その後の引っ越し費用、ハネムーン費用など、結婚式以外にもたくさんの出費が必要になってきます。

そのため素敵な結婚式にはしたいけど、節約できるところは節約したいと考えるのは当然です。

宴内人前式の場合、挙式費用・挙式会場費用がかかりませんから、その分節約できることになります。

その他にも結婚式を少しでも安く抑えるためのポイントはたくさんありますので、詳しく知りたい方は下記の記事も合わせてご覧ください。

絶対知ってほしい!結婚式を少しでも安く抑えるための9つのポイント

無宗教でキリスト教式や神前式に抵抗があるカップル

shutterstock_352728503

キリスト教も神道もなじみがないのに、聖歌を歌うことや、難しい言葉を使って神前で結婚を誓うことに抵抗があるというカップルは宗教色が全くない人前式を選ぶケースが多いようです。

神職の方に承認をしてもらうよりも、自分たちを一番よく知っている友人や恩師に証人になってもらう方が良いと考えるカップルには宴内人前式がおすすめです。

チョビ
やり方は無限大にあるんだね?!
みーこ
そう!決まった式次第が特にない宴内人前式は、どのようにでも自由にデザイン可能なの。

枠にとらわれず自由に結婚式をデザインしたいカップルに選んでほしい!!

自由度が高い事が最大の魅力です。

プログラムを0から司会の人と考えていく作業が楽しいと思えるカップルにはピッタリの挙式スタイルと言えるでしょう。

会社関係の招待客が少なく友人がメインの結婚式

shutterstock_165808877

招待客が多く、しかも招待客に会社関係の人が多い場合、宴内人前式は少しカジュアルすぎて向かないかもしれません。

しかし少人数で仲の良い友人と親族が多い結婚式なら、新郎新婦も周りに気を使うことなく、宴内人前式で出席者と一緒に楽しむことができるのでおすすめです。

まとめ

宴内人前式は目上の方にはまだまだ馴染みの薄い結婚式スタイルですので、事前にどのような結婚式になるのか説明して理解を得るほうが良いでしょう。

しかし、新郎新婦と招待客の距離が近く、皆でお祝いをするというその会場の雰囲気は和やかで一生の思い出になる結婚式になります。

厳粛な挙式も素敵ですが、最初から笑いに包まれる温かい宴内人前式もまた素晴らしい挙式スタイルではないでしょうか?

また、節約したいカップルにもおすすめです!!

結婚式場を探すならお得なキャンペーンを利用しよう!

結婚式場探しをするならキャンペーンがお得な式場検索サイトを利用するのが一番。

式場検索サイトを経由して、ブライダルフェアに参加(気になる式場を見学)するだけで3万円~5万円分のギフト券がもらえるからです。

行くだけで、ギフト券がもらえるので利用しないなんて絶対に損です!

以下のページでは式場検索サイトのお得なキャンペーン情報をまとめていますので、参考にしてみてくださいね♪

キャンペーンを利用して成約するならハナユメがおすすめ!

ハナユメキャンペーン
Hanayume(ハナユメ)を使ってブライダルフェアに参加するだけで、全員最大40,000円のギフト券がゲットできる!

また気に入った結婚式場がハナユメで見つかればハナユメ割が使えます。 「ハナユメ割」は6ヶ月以内に結婚式を行うことで割引がされるもので、なんと100万円以上お得になることも!

しかも掲載しているほぼ全ての式場がハナユメ割を利用可能です。他の式場検索サイトよりもお得なので、見逃さないようチェックしておきましょう。