【相手も納得】ナシ婚よりダケ婚!お金をかけ過ぎず魅力的|報告も思い出にもなる


「ダケ婚」って聞いたことありますか?

ウエディングも自分らしくという流れに代わってきた今、自分たちらしいシンプルな結婚式の要望も多いことから生まれた「ダケ婚」。

チョビ
「ダケ婚」てなに?
みーこ
「ダケ婚」は「◯◯だけ」と自分たちに合うスタイルで結婚式を行う結婚式の形なの。

今結婚式はしなくていいというナシ婚派も増えています。

なので、ウエディング業界も結婚式をあまりやりたくない人や多様化するニーズに合わせていろいろなプランを打ち出しています。

そこで今だんぜん注目したいウエディングが「ダケ婚」という新しいウエディングスタイル。

まだ聞きなれない「ダケ婚」について分かりやすく解説していきます。

ダケ婚とは?

ダケ婚とは「挙式だけ」というように、自分たちに合うスタイルで結婚式を行う結婚式の形です。

結婚式をする!というと頭に浮かぶのは結納から始まり挙式披露宴、そして二次会までプランニングすることがたくさんで費用もそれなりにかかってしまいます。

しかし、ダケ婚は従来の結婚式スタイルを変え、自分たちらしい方法を選んで結婚式を行うというものです。

花嫁
結婚のけじめとして挙式だけ選んでもよし、厳かな結婚式よりも友人たちとカジュアルにお祝いしたいというのならパーティだけという選択もアリ。

従来の形式にとらわれることなく自由に自分たちらしくコーディネートできるのが「ダケ婚」の魅力です。

花嫁
自分たちの予算で何ができるのか、そして自分たちが何を一番大切に考えているかによって選択肢は様々です。

ナシ婚派にはダケ婚がおすすめ!

最近増えてきているナシ婚派。

しかし自分たちで結婚式をしないと決めたはずなのに後々後悔する人が多いのも事実です。

ナシ婚派があとで後悔する理由

ナシ婚を選ぶ理由は様々。

費用が高額でもったいない…
理人前に出るのが苦手で注目されたくない…
できちゃった婚で時間がない…
という理由などが考えられます。

しかし、その時はよいとしても親の気持ちを考えるとした方が良かったかも…と後悔したり、写真くらい若いうちに撮っておけばよかったという声もよく聞きます。

花嫁
ナシ婚はその時はよいけれど数年たってから後悔することが多いようです。

また、ナシ婚だからと言ってなにもしなくていいわけではありません。

親戚や友人、職場など報告を怠ると後々関係にヒビが入ることもあるので気をつけましょう。

詳しくは下記の記事をごらんください。

ナシ婚という選択に迷いはない?ナシ婚でもしなきゃいけないことまとめ

ダケ婚なら後悔しない!

ダケ婚ならナシ婚派が後悔しないように自分たちでいいとこどりできるから後悔がありません。

費用が心配な人は挙式だけでもいいし、結婚の記念だけは残してもいいかな?と思うならフォトウエディングで写真だけ残すのもアリ。

花嫁
ワガママに自分の希望だけピックアップすればいいので後悔がなないというわけです

ダケ婚の方法とは?

ダケ婚にはいろいろな方法があります。

まずはどれが一番自分たちに合うスタイルなのか考えてみましょう。

挙式だけ

披露宴はお金がかかるし人前に出るのが苦手…という人なら挙式だけというスタイルがおすすめ。

結婚式の誓いを新たにすれば結婚式したという実感もわくし、挙式のみプランなら2人だけ、家族だけという形を自由に選べて写真も残せます。

花嫁
近くの神社で神前結婚式というのも素敵ですよ。

挙式にだけの結婚式については下記の記事をご覧ください。

2人だけの結婚式(挙式)という選択 ~メリット・デメリットを完全解説~

家族婚(少人数結婚式)はアットホームな式が実現!費用・方法・注意点全て教えます!卒花の口コミも

パーティだけ

挙式は堅苦しくて儀式的。そんなに意味を感じないけれど友人たちを招いて楽しくパーティはしたい!というなら披露宴(パーティ)だけという選択も。

二次会の要素を含んだ1.5次会のようなパーティスタイルにすると友人たちと自由に話す時間も持てて新郎新婦もゲストと一緒に楽しめます。

花嫁
1.5次会にして会費制なら、会費でいくらお金が入ってくるのか分くるので自己負担も計算しやすく計画しやすいです。

新郎新婦も一緒に楽しめる1.5次会!会費制でもご祝儀制でも!全て伝えます!

親・親族との会食だけ

挙式披露宴という大げさな形は自分たちらしくないけれど、親親族に結婚の報告はきちんとしたい!というカップルなら挙式披露宴を省いて親・親族だけで結婚報告をかねた会食だけというスタイルがおすすめです。

会食だけとはいえ親・親族におもてなしの気持ちを込めて婚礼料理を用意したり、少人数プランでウエディングドレスを着用したりすることも可能。

もちろんドレスなしの普通の会食でもOKです。

花嫁
結婚式をしないと両家のつながりが希薄になりますが、会食という形で両家が集まり挨拶ができる場を作ると今後の結婚生活もスムーズになります。

写真だけ

挙式もパーティも興味がないけど写真くらいは残しておきたいというならフォトウエディングという選択を忘れてはいけません。

結婚式でお金を使わない分、ロケーション撮影を選択して2人で1日結婚式気分を楽しむのもおすすめです。

花嫁
フォトウエディングなら本物の式はしなくてもチャペル撮影ができるので結婚式のような気分も味わえます。もちろん和装の写真もOK。

フォトウエディングの費用&おすすめ会社、気になることまとめ

指輪だけ

何もしないけど指輪は用意したというカップルなら指輪交換のセレモニーだけ企画するというのもアリです。

花嫁
素敵なレストランを予約してちょっぴり演出を加えて指輪交換するのも素敵ですし、友達を呼んで指輪交換をするときの動画や写真をとってもらいちょっとしたパーティ企画を行うのもよし。

ただ指輪をあげるだけよりも素敵な思い出を作れます。

ダケ婚を選ぶときの注意点

いいとこどりのダケ婚とはいえ、自分たちだけで勝手にやると後で周りから文句を言われることも。

なので、きちんと順を追って計画することが大切です。

親への挨拶と理解

ダケ婚は自分たちがやりたいことだけをピックアップするワガママ結婚式スタイルですが、親の意見を無視してすすめるのはNGです。

花嫁
特に自分だけでなく相手の親もいるのですから、結婚が決まってダケ婚を考えている時点で両家の親にきちんと挨拶を。

そしてダケ婚をしたいと考えている理由を伝えて親の理解を得ることが何より大切です。

結婚すると冠婚葬祭など今後親戚づきあいが待っています。

最初からつまずくと後々ろくなことがないので注意しましょう。

双方の意思確認

自分は結婚式したくないからと言って強引にダケ婚をすすめていませんか?

ダケ婚を選択するならきちんとお互い向き合って意思確認をすることが必要です。

特に女性は結婚式に憧れているのに男性は面倒くさがっている場合など双方に気持ちのズレがあると結婚生活にひずみが生まれてしまいます。

花嫁
後悔しないためにも勝手に相手の気持ちを軽く考えるのはよくありません。

ワガママに自分らしく!

従来の結婚式にこだわることなく自分たちらしい結婚式の形が今求められています。

様々な理由でナシ婚を選ぶカップルがいますが、それよりも「ダケ婚」という新しいスタイルで自分たちの結婚の節目を祝うという形もアリ。

いろいろな選択ができる今、簡単に結婚式をスキップしてしまうよりももっと良い方法がありますよね。

予算や時間、そして結婚式スタイルも自由自在のダケ婚は今もっとも求められている結婚式スタイルなのではないでしょうか。

地域別おすすめ結婚式相談所を探す

■関東
東京都
神奈川県(横浜)
千葉県
埼玉県
■関西
大阪府
京都府
兵庫県(神戸)
■その他の地域
愛知県(名古屋)
福岡県
宮崎県
宮城県(仙台)
沖縄(リゾート婚)
北海道

ブライダルフェアに参加するだけでもらえるお得なキャンペーンもお見逃しなく!
>>詳しくはこちら