ブライダルフェアに行く前に絶対に知っておきたい7つの注意点


ブライダルフェアは普通の式場見学とは少し違います。

式場側が気合を入れて見学者を案内してくれる一大イベントなので、婚礼料理の試食、ドレスの試着、お試し花嫁メイクなど、会場によってさまざまなことを体験することができます。

チョビ
ブライダルフェアはいろんな体験ができるんだね♪行ってみたくなるね!!
みーこ
それだけじゃないの!宴会場は結婚式さながらにデコレーションされているから、会場の広さや豪華さ、そして装飾に装花など結婚式当日はどんな雰囲気になっているのか、リアルに見て感じられるの。

結婚情報サイト「ゼクシィ」を運営しているリクルートブライダル総研が発表したところによると、結婚式経験者の76%はブライダルフェアを訪問したという結果が出ています。

つまりほとんどの人がブライダルフェアを参考にしているということが分かりますね。結婚式を考えているのなら、絶対に利用して欲しい式場側のサービスです。

ただし!ブライダルフェアに行くときにはいくつかの注意点があります。

注意点を踏まえてブライダルフェアをチェックすることが理想の結婚式をあげるために大切なことなのです。
後悔しないためにも、ぜひこの記事で事前に注意点を把握しておいてください!

式場の装花に惑わされてはいけない

まず、ブライダルフェアでは結婚式当日さながらに結婚式場が装飾されています。
受付のデコレーションはキュートだし、宴会場のフラワーアレンジメントやテーブルセットはとっても豪華。

チャペルでは美しい装花がベンチに飾られていてもうテンションが上がってしまい、おそらくほとんどの人が「うわぁ素敵!」と思うはず(笑)

それはそうですよね、式場側が自信をもってプレゼンする場がブライダルフェアなのですから、一番よい企画演出をもってくるのは当たり前。

「こんなに素敵な式場で結婚式をあげたいわ♡」と思うのも無理はありませんが、ちょっと待ってください!

ブライダルフェアの装花やデコレーションはプランナーさんが「理想の結婚式」をそのまま再現してくれたもの。
当然そこには費用関係なく一番良いものをプレゼンしているはずです!!

ですので、会場のデコレーションに感激して「ここに決めた!」と思うのは早計です。

実際に自分達が予算内でデコレーションや装花を決めると、ブライダルフェアのように豪華になるとは限りません。
ブライダルフェアでは客観的で現実的な目が必要不可欠です!

会場スタッフのマナーに着目

ブライダルフェアではつい素敵な見た目ばかりに注意がいってしまいがち。
素敵な館内に夢見心地で「あんなことも」「こんなことも」したいなぁと思いながら歩きまわるのではないでしょうか?

でも実はとっても大切なのがスタッフのマナー。

大切なゲストのお世話をお願いするスタッフさん。
フェアの受付から案内、そして周りにいるスタッフのマナーや言葉使いをよくチェックするのはとても大切なこと。

もしも当日ゲストが気分を害するとするならば、会場や料理ではなくおそらくスタッフのマナーです。

言葉遣いやスタッフの立ち居振る舞い、私語をしているかなど、細かく見ることが、ゲストに結婚式を楽しんでいただくための第一歩!

施設内清掃が行き届いているかもチェック

そしてスタッフのマナーと同様に館内の清掃が行き届いているかもチェック!

実はきちんと清掃されているかどうかってスタッフの人となりをみるのにすごく役に立つのです。


もしもちょっと残念だなと思うポイントがあれば、きっとそこではスタッフの教育がきちんとされていないのでしょうし、スタッフがさぼることを覚えているのかもしれません。

それでは満足の行く結婚式はあげられませんよね。

見積もりは具体的な内容でお願いする

ブライダルフェアの最後には「相談会」といってプランナーさんと実際に話をするテーブルが設けられます。
そこではいろいろと話をして、この式場で結婚式をするとどれくらいの費用がかかるのか、見積もりをもらえます。

ここで注意!

一般的に最初にもらう結婚式の見積もり費用から、最終金額までかなり開きが出るといわれていて、見積もりよりも上がった!という人は全体の約8割!

チョビ
8割ってほとんどのカップルじゃん!!費用は上がると思った方がいいんだね!
みーこ
そうなの。
しかもあがった金額が平均して約110万円…こんな金額簡単に払えるお金じゃないよね。
つまり結婚式場側が最初に作ってくれる見積もりは一番ベーシックなものというわけなの。

みーこが言うように演出や料理のグレードアップ、そして好きな衣装など…こだわっていけば軽く100万円はあがってしまうというのです。

なので、最初の見積もりが「意外に安い♪」からって、調子に乗ってそこで契約したらあとで痛い目を見ます。

見積もりがなるべく最終金額と近くなるように、最初からある程度具体的な内容を入れていくことも大切です。

花嫁
ちなみにフェアでは会場が豪華な装飾で彩られているはず。
参考としてこんな装飾だったらいくらかかりますか?と聞いておくのもおすすめなんです♪

見積もりをもらうときのポイント

具体的な見積もりをもらうのなら、押さえておきたいポイントが3つあります。

  • 日取り
  • 招待人数
  • 予算

日取りと招待人数は、それによってかなり費用が変わってくるので大きなポイントとなります。

ブライダルフェアに行く前にだいたいの日取りと招待人数、そして日取りのこだわり(仏滅でも大丈夫か、夜の結婚式でもいいか…など)をカップルで話し合っておくとスムーズです。

花嫁
また具体的な予算を先に伝えてしまうのも大切です。予算が○○円で、最終的にこれを超えたら困る…など明確に伝えると、最終的に費用が無駄にアップすることを抑えることができます。

 

当日契約は絶対にNG

当日、相談会の時に「ご契約されませんか?」と軽く勧誘を受けるはずです。

「契約」と直接的な言葉は使わなくても「ご希望日は人気の日取りなので予約が埋まってしまうかも」などやんわり営業されるのは当たりまえ。

ブライダルフェアって参加するととても楽しいんです。

チョビ
美味しい料理を試食できたり、夢にまでみたウエディングドレスの試着や花嫁メイク体験など、「あぁ綺麗な姿見れたし、楽しい♪」とテンションがあがると「ここで結婚式する!」とうっかり思っちゃいそうだよ!!
みーこ
はっきり言う!!もうそれはただ「浮かれてるだけ」。冷静な状態ではないので当日成約するのは控えよう!!

もちろん、小さいころから「ここで結婚式を挙げるのが私の夢」というのなら別ですが、だいたい家に帰ってから「契約しちゃったけどよかったかな…」「他の式場もチェックしとくんだった…」と後悔するんです!

ブライダルフェアではいくらすすめられても、「家族と話してみます」「他の式場と比較検討してみます」といって、一度家に持ち帰りましょう。

「勧誘が心配…」という方はブライダルフェアで契約するべき?勧誘の上手な断り方をご紹介!の記事もぜひチェックしてみてください。

浮かれ気分が落ち着いてやっと冷静に判断できるというものです。

ブライダルフェアに持っていくもの

ブライダルフェアにフラっと行くのも悪くはありませんが、あくまで結婚式の参考にするのがブライダルフェア。基本的にブライダルフェアは気になる式場を1ヶ所以上予約して、比較検討するのがおすすめ。

だけど見学してもメモを残しておかないと「あれ?あそこの会場どうだったっけ?」となってっしまいます。

ブライダルフェアに持っていきたい三種の神器がこれ

  • カメラ(スマホでも可)
  • ノート
  • ペン

しっかり記録を残して比較検討が賢い花嫁♪見学していて思いついた質問を相談会の時に忘れないようにメモっておきましょう。

気になった点を書き残しておくとあとで役に立ちますし、装飾やケーキ、料理などは写真に撮っておくと後で比較検討しやすいうえ、成約後の打ち合わせにも参考になるので便利です♪

もしもドレス試着があるブライダルフェアなら試着したとき必ず写真に残してくださいね。ドレスのラインやデザインなど、実際に選ぶ段階になったときにとっても役に立ちます!

これを持っていけば安心!ブライダルフェア・式場見学持ち物リスト

にブライダルフェアに参加する時の持ち物について詳しく紹介しています。気になる方はこちらも合わせてご覧ください。

ブライダルフェアでの服装

ブライダルフェアに着ていく服装にルールはありません。
ただブライダルフェアを1日にかけもち(強者は3ヶ所くらいまわるそうです)するなら疲れにくい服装がマスト。

ただし、結婚式場なのであまり場にそぐわない服装は会場の雰囲気から浮いてしまいます。

花嫁
特にフルコース試食会があるフェアならなおさらです。ドレスの試着があるフェアもあるので、総合すると疲れにくい、TPOに合わせた服装、脱ぎ着しやすい服装となります。

服装についても、女性男性それぞれ詳しく説明している記事がありますので、合わせてご覧ください。

これで迷わない!ブライダルフェアに適した服装と注意点について【女性編】

ブライダルフェアへ行くことに!男性の服装に決まりはあるの?

メイク

もしもドレス試着があるフェアならメイクも少し花嫁を意識すると◎。

ギャルメイクやスッピン風メイクもいいですが、ドレスに似合うメイクのほうがよりイメージがつかみやすい♪リップもピンクやローズ系にすると雰囲気がでます♡

ブライダルフェアに行くときの注意点まとめ

  • 式場の装花に惑わされてはいけない
  • 会場スタッフのマナーに着目
  • 施設内清掃が行き届いているかもチェック
  • 見積もりは具体的な内容でお願いする
  • 当日契約は絶対にNG
  • ブライダルフェアに持っていくもの
  • ブライダルフェアに行く時の服装

ブライダルフェアを楽しもう♪

結婚式は一生に一度の大イベントです。後悔しないように素敵な結婚式を挙げるには準備段階が一番大切☆

ブライダルフェアは気になる式場をチェックできて、実際の結婚式を体感できる楽しいイベント。

当日ゲストが体感するように自分達もここで結婚式をして楽しめるかどうかみるのも大きなポイント!

ブライダルフェアを楽しんで、そしてじっくり考える…これが後悔しない結婚式をあげる秘訣なのです♪

フェアの前に話あっておきたい事や会場のチェック点をまとめた理想の結婚式にするために!後悔しない式場見学の際のポイントは?も合わせてご覧ください。

結婚式場を探すならお得なキャンペーンを利用しよう!

結婚式場探しをするならキャンペーンがお得な式場検索サイトを利用するのが一番。

式場検索サイトを経由して、ブライダルフェアに参加(気になる式場を見学)するだけで3万円~5万円分のギフト券がもらえるからです。

行くだけで、ギフト券がもらえるので利用しないなんて絶対に損です!

以下のページでは式場検索サイトのお得なキャンペーン情報をまとめていますので、参考にしてみてくださいね♪

キャンペーンを利用して成約するならハナユメがおすすめ!


Hanayume(ハナユメ)を使ってブライダルフェアに参加するだけで、全員最大30,000円のギフト券がゲットできる!(抽選でさらに70,000円ゲットすることもできます!)

また気に入った結婚式場がハナユメで見つかればハナユメ割が使えます。 「ハナユメ割」は6ヶ月以内に結婚式を行うことで割引がされるもので、なんと100万円以上お得になることも!

しかも掲載しているほぼ全ての式場がハナユメ割を利用可能です。

ハナユメは他の式場検索サイトよりもお得なので、見逃さないようチェックしておきましょう。