秋の結婚式は割高!節約方法紹介!秋らしい演出・装花で結婚式で周りと差をつけよう!


秋の結婚式は一般的に9月から11月のことをさし、結婚式のハイシーズンです。

チョビ
そうなんだね!やっぱり気候がいいからかな?
 
みーこ
そうなの!自分たちも、招待するゲストにも過ごし安さは大切!
1年を通じて1番人気のある季節だから結婚式も多いの。そこで、秋のテイストを盛り込んで他のカップルに差をつけよう。

秋ウエディングは1年を通じて一番人気だからこそ早目の行動が成功のポイントです。

また、せっかく人気のシーズンに結婚式をするのだから、演出に季節感を取り入れてグンとおしゃれにしちゃいましょう!

そこで今回は秋ウエディングのメリットやデメリット、参考にしたい秋らしく素敵な演出や、ブーケや装花にピッタリな秋の花を紹介していきます。

秋の結婚式はいつから会場を探すべき?

結婚式場を探しはじめる平均10か月前で、成約が結婚式の8ヶ月前となっています。

しかし、秋は人気のシーズンなので会場予約は早めにおさえておかないとあっという間に予約でいっぱいになってしまいます。

ooituki1

これは実際にカップルが挙式披露宴を行った月をまとめたものです。

見てわかるように、結婚式実施時期としては秋の10月11月が1年を通じて一番人気の高いシーズンです。

秋は気候がいいため結婚式が人気であるというのは頷けますね。

花嫁
そのため平均よりも早目の行動で1年を目安に探し始めることをおすすめします。それでも人気の会場は空いていない可能性もあります。

会場や日取りにこだわりたい人は上記に記載した以上にゆとりをもって式場探しをしましょう。(自分たちだけでは決められないので、思った以上に時間がかかるのが式場探しです。)

下記のプロポーズけら結婚式までの流れの記事も参考にしてください。

プロポーズから入籍・結婚式までの流れと手順を大解説!これで結婚式は完璧!

秋の結婚式のメリットは?

気候が良い

気候も良く雨も比較的少ない秋はまさに結婚式に向いている月です。

地域によっては黄砂や花粉の影響を受けやすい春に比べ、秋は空も高く澄んで美しいため屋外ウエディングに最適です。

結婚式場と挙式会場の移動が外の場合やガーデンスタイルの場合、天気が不安定では当日まで心配が付きまといます。

花嫁
ガーデンウエディングなど屋外を使う演出も積極的に取り入れられるのでプランニングの選択肢も多くなります。

紅葉が取り入れられる

紅葉の赤や銀杏の黄色など木々の紅葉は桜同様特別なものです。

その特別な時期だからこそ演出に「紅葉」を取り入れることができます!

ooituki4

特に神社仏閣で行う和装挙式の場合、背景に美しい紅葉を入れたウエディングフォトはこの時期にしかできませんし、ゲストの方々にも紅葉を楽しんでもらえるため、人気の月になります。

実りの秋の美味し味覚がメニューに活用できる

秋といえば実りの秋で、美味しいものがたくさん旬を迎えます。

そう!その美味しいものを結婚式のメニューにも取り入れてもらえるんです。

ゲストは2人お祝いに来てくれていいますが、もちろんお料理も楽しみにしています。

料理の質が高いとゲストの満足度もあがります。

花嫁
その料理にも、旬の食材が多いということでメニューにも2人の個性が出せるのがメリットです。

秋の結婚式のデメリットは?

もちろん秋には秋のデメリットがあります。秋のウエディングのデメリットを一つずつ確認していきましょう。

ハイシーズンで費用が高くなる

秋は何度もしつこいですが結婚式のハイシーズンです。

そのため時期をずらせば利用できる割引もないところが多く、全体的に結婚式費用が割高な点が否めません。

希望の日時が取りにくい

費用が高いのに加え人気のシーズンですから希望の日取りを押さえることがかなり困難です。

早目に式場見学しておかないと希望の日時はおろか、全ての時間でいっぱいになっていることも少なくありません。

花嫁
また例え予約ができたとしても貸し切りタイプのゲストハウスやレストランウエディングでない限り他の結婚式とバッティングすることは確実です。

他の人の結婚式が多い&子どもの行事多数

一年でもっとも結婚式が多いシーズンですので他の人の結婚式が入る可能性は大きくあります。

早めに会場と日程を決めて、ゲストに伝えるのがいいでしょう。

花嫁
同じ月に何件も結婚式があるとなるとゲストの財布は辛くなるのは事実です。

また、ママやパパになっている友人が多い方はお子さんの運動会や合唱祭、保育参観などの多い時期です。早めの予定確認が必要です。

秋の結婚式におすすめの演出

プレ花さんが一番気になる演習をご紹介していきます。簡単に取り入れられるものから凝った秋の雰囲気タップリの演出まであるのでご覧ください。

秋だからこそ!和婚が映える

秋といえば紅葉。

紅葉を演出に取り入れるのなら和婚がおすすめ。美しく紅葉した庭園と和装の新郎新婦の相性は最高です。

日本庭園での和婚はもちろん変化球として紅葉した葉で装飾したチャペルで和装婚も素敵です。

花嫁
チャペルでの和装は珍しいのですが、木の実や秋の花で装花を施したチャペルではとてもおしゃれでオリジナルな結婚式になります。

ウエディングドレスを着る場合は前撮りで撮った写真をウェルカムスペースに飾るアイデアも素敵です。

色とりどりの葉っぱシャワー

新郎新婦退場時にフラワーシャワーならぬ紅葉シャワーで秋らしく結婚式を演出するのも一つの手です。

花嫁
本物の紅葉ではなく赤や黄の紙を切り抜いたものでもキュートだし、一緒に秋色のリボンやポンポンを混ぜるのもおすすめです。

木の実をテーブルコーディネートに

全体的に季節感を取り入れるなら秋らしいテーブルコーディネートを。

実りの秋らしく木の実を使うとおしゃれ感がアップします。

席札に松ぼっくりを使うのもキュートなアイデア。

ペーパーアイテムにも秋らしさをちりばめましょう。

また、秋のつる草で作った小さなリースを各招待客のプレートにのせてお迎えするのも素敵なアイデアです。

材料は100均でも揃うので時間があればDIYもおすすめ。

受付周りのウェルカムスペースをマルシェ風にデコレーションするのも秋らしいアイデアもあります。

味覚の秋、収穫の秋ですから装花と組み合わせておしゃれに飾ればナチュラルウエディングのコンセプトにピッタリです。

秋のイベントを上手に取り入れる

秋のイベントを演出に取り入れるのも一つのアイデアです。

ハロウィンテーマでオレンジを基調にトータルコーディネートするのもおしゃれです。ただカジュアルな雰囲気になるのでおすすめは1.5次会での演出です。

花嫁
ゲストにもワンポイントでオレンジを取り入れてもらうというアイデアも外国っぽくて素敵。

11月はボジョレーヌーボー解禁日。

葡萄の収穫時期でもあるのでワイン好きなカップルならワイナリーのような雰囲気にデコレーションするアイデアも。

秋の結婚式のテーマカラーは?

結婚式ではテーマカラーを決めて装飾のイメージを整えます。

秋の結婚式におすすめのテーマカラーはドライフラワーのような全体的にくすんだ色やボルドーのように深く濃い色が似あいます。

オレンジ~ブラウン系

ハロウィンに象徴されるようにオレンジは秋の結婚式に良く映える色です。

オレンジからブラウン系で統一すると賑やかなマルシェのような雰囲気で収穫の秋のイメージに。赤い実も各所に散らすとおしゃれです。

ブラウン系ならマロンのウエディングケーキも美味。

マロンとともに松ぼっくりなどで飾れば秋の風を感じられるケーキが完成です。

花嫁
色が少し寂しいなら周りに秋色の花をちりばめればOK。

くすみアースカラー

秋を迎え草花の色が変わり始める季節にはくすんだアースカラーが似合います。

全体的にシャンパンゴールドやダスティピンクなどの品のあるくすみカラーを持ってくると秋らしく落ち着いたテーブルコーディネートに。

ウエディングケーキもくすみカラーで統一。

花嫁
くすみカラーのおしゃれなケーキの周りに秋色のデザートコーナーを設けるとその一角はまるでおとぎ話のワンシーンのようです。

大人シックなワインカラー

大人っぽくシックにゴージャスに決めるなら深いボルドーやルージュカラーが素敵。

全体的にくすみカラーで統一してポイント使いにワイン系の濃い色を用いるとナチュラル系からゴージャス系に変わります。

秋の結婚式におすすめの花はこれ!

秋の演出に欠かせないのが秋の花。

ブーケや装花に使う秋が旬の花には次のような種類があります。

秋色のバラ

実はバラは初夏が一番美しいのですが、秋に咲くバラもあります。

人気の高いバラは1年を通して手に入りますが、秋らしさを演出するなら秋色のバラを選びましょう。

くすんだ色や深いボルドーがおすすめです。

くすみカラーのあじさい

あじさいといえば6月の梅雨時期ですが、くすみカラーのあじさいは秋の結婚式によく似あいます。

鮮やかな青やピンクの紫陽花と違いドライがかった色は季節の移り変わりを感じます。

ダリア

大輪の美しいダリアはゴージャスで結婚式に似つかわしい秋の花です。

とても存在感があるのでダリアだけでブーケを作るのも素敵です。

花嫁
またダリアはピンクやオレンジ、紫に白などカラーも豊富なのでテーマカラーを選ばないところもおすすめポイントです。

菊は秋の代表的な花です。結婚式で人気の菊は中でもピンポンマムという丸い毬のような形をした菊です。

花嫁
丸い形がかわいいのでブーケにもピッタリです。ちなみに写真は同じく秋のトルコ桔梗とマムのブーケ。

菊は日本古来からある花ですから当然和装にもよく似合います。

ピンポンマムをアレンジした和装用のブーケはかわいらしさ満点です。

アマランサス

アマランサスはふわふわした毛のような羽のような花。

色もピンクや白、赤など様々でブーケや装花のポイントに使われます。

個性的ですがアマランサスだけで作ったブーケもとても素敵です。

あまり見かけないので他人と違うテイストを出したいときに重宝します。

コスモス

言わずと知れた秋の花コスモスはとても可憐な花です。

フローリストで買うというよりも野に咲く花というイメージが強く、ガーデンウエディングによく似合う花です。

ハーブ

ハーブも秋に最盛期を迎えます。

爽やかなハーブの香りは薬効成分もあり、神聖な結婚式にはピッタリです。

花嫁
ナチュラルウエディングにはハーブを束ねたブーケがキュート。

愛らしさと凛とした清々しさが花嫁の気持ちを代弁してくれるかのよう。

ナチュラルウエディングならハーブのブーケに花冠も取り入れると森の妖精のような軽やかな雰囲気に。

秋の結婚式をお得にあげる方法はある

秋は結婚式のハイシーズンですからなかなかお得な割引に出会えないのが玉に瑕です。

しかしあきらめてはいけません!秋でもできる節約ポイントもあるのでしっかりと覚えておきましょう。

装飾に花以外のアイテムを利用

やっぱり装花は高いので、装花にたっぷり生花を使うとどうしてもコストが高くなります。

装花で使う花はピンポイントに絞ってあとは秋らしいカラーのリボンや木の実、紅葉した落ち葉を使い秋らしい演出を。

花嫁
また秋の花や木の実、食べ物モチーフをペーパーアイテム全てに統一して使うと秋らしい雰囲気で会場全体をまとめられます。

花の指定をしない

花の種類を指定すると費用は高額になります。

しかし、予算とテーマカラーを決めて花の種類を指定しないとコストが下がります。

秋はハーブの時期ですから、明るい新緑でないくすみカラーの緑を活用して飾ってもらいましょう。

花嫁
秋のくすみカラーで統一しておけば花の種類まで指定しなくても、秋らしい素敵な雰囲気を演出できます。

大安にこだわらない

秋は結婚式の一番のハイシーズンな上に、大安を狙うと一番高い費用設定になってしまいます。

日取りを気にせず仏滅を狙うと割引率が高くなるので、両親に理解をしてもらえるなら仏滅を狙うのもアリです。

秋に結婚式をしたい人におすすめな結婚式場紹介サービス

秋の結婚式をゆとりを持って探したいでも節約したい人におすすめの結婚式サービスをご紹介します。

gensen wedding

gensen weddingは値引き交渉なしに自動的に式場最大の値引き率が適応される会社なんです

gensen weddingでは「最低価格保証」とし、多くの紹介サービスでは即決割引や条件付きの割引での割引しか受けられないのに、条件はなく最初から式場の一番安い価格で結婚式ができるように約束してくれているものです。

しかも「厳選された会場で、理想の結婚式をどこよりもお得に。」がコンセプトなので、厳しい審査基準をもっていて合格している式場数は少ないですが「式場を探している2人が選んでよかった」と思える会場のみを紹介してくれるので人気が高いんです。

結婚式経験者の私も「知っていれば利用したかった」と悔やむぐらいの素敵な会社です。相談してみるだけでもおすすめです。

相談だけでも無理なので、あなたの疑問が簡単に解消されます。

gensen weddingについて詳しく知りたい方はプレゼン形式が新鮮!gensen weddingのプロデュース力がすごい!の記事をご覧ください。

得ナビウェディング

得ナビウエディングでは「季節」×「お日柄」×「期間」×「挙式時間」×「曜日」×「特別日」の6つの割引を組み合わせることで最大半額で結婚式を挙げられます。

なので秋の結婚式でお日取りにこだわらないならかなりお得に結婚式ができるんです。

また「全て自社アイテム + 結婚式の日取りによる割引率設定を軸に安く、質の高いウエディングを提供してくれるのも魅力です

つまり日取りにこだわらず結婚式するなら割引を多く利用できるので、同じ結婚式が最大半額で出来ることもあるんです。

相談だけで成約しなくても無料です。

もっと詳しく得ナビウェディングを知りたい人はお得な日が一目瞭然! 得ナビ6つの割引で賢いウエディングを!の記事で詳しくご紹介してます。

秋を取り入れた演出は大人可愛さ満点!

華やかな結婚式も素敵ですが、秋色を取り入れるとまるでおとぎ話の世界に一歩踏み入れたような不思議な世界観を演出することができます。

秋は落ちついた雰囲気のある色が似あいます。

逆に秋色でも大胆にそしてキュートにと雰囲気を極端に変えられます。

自分のイメージに合う秋色をぜひ探してみましょう。