新郎新婦も一緒に楽しめる1.5次会!その内容を全てお伝えします


少し前までは結婚式と言えば神式かチャペル式で結婚式を行い、披露宴を専門の式場で行うというのが一連の流れでした。

それが今では結婚式の形もさまざま。式場もちろんホテルから公園まで、本当に新郎新婦のテイストと感性に合わせて多種多様化してきました。

そしてその中で生まれたのが「1.5次会」という結婚式スタイル。

従来の結婚式と違い、もっとカジュアルで、新郎新婦もゲストと一緒に楽しめる…そんな1.5次会のことを完全解説していきます。

1.5次会とは

1.5次会

結婚式の一つのスタイルである1.5次会は、最近増えてきた新しい結婚式スタイルです。

堅苦しい挙式披露宴よりもカジュアルで、2次会よりも少しフォーマル。

花嫁
1.5次会は披露宴と2次会の良いとこどり。1.5次会には何も縛りがありません。新郎新婦が好きなようにパーティをデザインできるところが1.5次会の魅力です。

ただ少しカジュアルなので、どちらかというと親族をメインに招待する式ではなく、友人知人がメインの式になります。

親族を招待する場合には、混乱しないように事前に当日の式スタイルを説明しておく必要があるでしょう。

食事スタイル

ビュッフェスタイル

1.5次会の食事スタイルはテーブルサービスのフルコースも人気ですが、普通の式ではあまり見かけない立食パーティや、ブッフェスタイルもよく採用されます。

食事スタイルは新郎新婦がどのような式にしたいのかで決めるといいのですが、この時考慮にいれたいのがゲストの顔ぶれです。

花嫁
1.5.次会が友人ばかりを招いたものならどちらでも構いませんが、もしも高齢の方を招待するばあいにはブッフェスタイルは厳しいので少し配慮が必要になります。

演出

1.5次会では新郎新婦がずっと高砂に着席するような堅苦しい披露宴とは違い、もっと自由に動き回ることができます♪

ゲストとの距離も近いので演出も2次会のように新郎新婦まで一緒に楽しむことができるものをチョイスできます。

ガーデンウェディング width=

例えばクイズ大会や、ダンスパーティー、マジックショーなど、普通の披露宴ではくだけすぎてあまりできない演出も1.5次会では可能です。

花嫁
また、時間のしばりも通常の披露宴と違い、長く設定することができるので予算に合わせて様々な企画を考えることができるのも1.5.次会の特徴です。
例えば私が先日出席した1.5次会では、マジックショーの開幕でパーティがスタートし、新婦が長年ファンをしているバンドのライブまでありました。
結局そのパーティはまるまる5時間!でも楽しくてあっという間の5時間でした。

自分たちも一緒に楽しむパーティを作りあげるのも、一つのおもてなしの方法ですよね。

これは普通の披露宴では絶対にできないことです。

1.5次会に向いているカップルは?

とても楽しい1.5次会ですが、誰にでもおすすめできるわけではありません。1.5次会に向いているカップルはどのような人でしょうか?

すでに結婚式を挙げたカップル

海外挙式

実は、1.5次会を選択するカップルの多くは挙式をすでにあげていて、1.5次会は友人たちへの「お披露目」という名目で行うケースが多いようです。

お披露目会として1.5次会をする例

  • 先に家族と親族だけで小さな結婚式をあげ、その後友人たちを1.5次会に招いてパーティをする
  • 海外挙式で式に参列してもらえなかった人たちに報告を兼ねて1.5次会を開く

比較的新しい結婚式スタイルで、どちらかというとカジュアルな式になるため、親・親族が戸惑ってしまうことがある1.5次会ですが、厳かな式を挙げたあとなら、1.5次会も親親族に受け入れられやすいという意見もあります。

堅苦しい式が苦手なカップル

一通りの型ができあがっている結婚式では新郎新婦は食事もろくにできず、高砂に座って思うようにゲストと話ができないケースが多々あります。

そんな堅苦しい式が苦手な人なら1.5次会が最適です。

花嫁
まったく決まりがないので、新郎新婦入場など要所さえ押さえておけばあとは自分たちが望むとおりに進行や演出をデザインすることができる1.5次会は、新郎新婦自ら楽しめるようにプランニングすることも可能♪
結婚式高砂ソファー

例えば高砂をなくしてしまっても全く問題がないわけです。こんな風に自分たちでオリジナルの結婚式を作って仲間とワイワイ楽しみたいカップルに1.5次会は最適です。

ゲストを分けたいカップル

式を挙げる人の中には、会社関係の人と友人を分けたい人もいます。

花嫁
その場合、上司もいる会社関係の人たちは家族・親族と披露宴に招待し、その後友人たちを自己負担の少ない1.5次会に招待するというスタイルがおすすめです。

これなら、2回結婚式を行ってもそこまで負担にはならないでしょう!

結婚式の予定がなかったカップル

もともと結婚式をあげる予定がなかったカップルにも1.5次会はおすすめです。

というのも、1.5次会なら結婚式というよりも「報告会」という形でシンプルに友人たちだけでお祝いすることができるからです。

実際、式を挙げる予定はなかったけど、1.5次会を決めてよかった!という先輩カップルの声もよく聞かれます。

1.5次会の自己負担額は?

1.5次会自己負担

このように楽しい1.5次会ですが、気になるのはその費用ですよね?

例えば海外挙式をしてきたカップルにとって国内でまた高い披露宴をするとなると大変な負担になるはずです。

1.5次会の面白いところは、その自由なプランニングにあるので、「1.5次会にかかる費用は平均○○円です」とはなかなか言えません。

花嫁
というのも節約しようと思えば自己負担ゼロで賄う事もできるし、ゲストに楽しんでもらおうと演出に凝ったものをもってくるのなら逆に高くなってしまうからです。

ただ、相場としてゲスト1人につき1万円~1万5千円くらいを考えるとよいでしょう。

会費制にする

結婚式会費制受付

1.5次会では一般的な「ご祝儀制」を選ぶカップルもいますが、会費制を選ぶカップルの方が多いです。

1.5次会はカジュアルな式なので、会費制でゲストにも気軽に来てもらいたいという意向です。

会費制の場合、自己負担額をいくらに設定するかにもよりますが、だいたい1人5000円~10,000円が一番多い設定金額で、高くても20,000円、それ以上ならご祝儀制とあまり変わらなくなるので、ゲストにとって1.5次会のメリットがなくなってしまいます。

花嫁
親族・上司を多く招待している場合は「会費制」より「ご祝儀制」の方が好まれます。1.5次会とはいえ、招待客のリストを見てどちらにするか決めるほうが良いでしょう。

1.5次会を開くときに知っておきたいこと

1.5次会では普通の結婚式と違うところがいくつかありますから、混乱しないように確認しておきましょう。

引出物

1.5次会の場合、会費制かご祝儀制かによって引出物の有無が変わってきます。

会費制なら引出物を用意する必要はありません。

プチギフトお渡し

しかし、招待側の気持ちとして1人300~500円ほどのプチギフトを用意するのがおすすめ。

衣装

結婚式ドレス

1.5次会はカジュアルな式とはいえ、結婚式の一つのスタイルですからウエディングドレスは着用します。

ただ、1.5次会はゲストハウスやレストランが多いのですが、会場によっては狭いので、あまり裾が長いと動きにくいことがあります。

花嫁
ゲストと一緒に楽しみたい1.5次会ですから、なるべくシンプルなドレスがおすすめです。

ブライズルーム

また、お色直しはOKですが、着替える控室がきちんと確保できているか、そして1.5次会では介添人がつかないことが多いので、誰か着替えを手伝ってくれる人がいるかを確認することが大切です。(介添人を雇うことはできます)

1.5次会をするならおすすめの会社

会費婚

1.5次会では「会費制」を採用するカップルが多いのですが、1.5次会に強く、会費制の結婚式を取り扱うプロデュース会社に「会費婚」があります。

登録会場130ヶ所以上、会費制の1.5次会なら、ほぼ自己負担額なしでプランニングしてもらうことができます!

基本プランは自己負担額5万円+会費1人あたり15000円~20000円。

会計も会費をいただいた後に支払うことができる後払い制なので、カップルの負担も極小で済んでしまいます!

花嫁
また、会費婚では持ち込み料を設けていないので、自分たちが気に入った衣装でも演出でも持ち込み可。
DIYするもよし、発注するもよし、自由な選択ができるのも会費婚の魅力です。

もっと会費婚について知りたくなった人は自己資金5万円から結婚式ができる「会費婚」の魅力とその内容を詳しく紹介します!の記事で詳しく紹介していますので合わせてご覧ください。

マイナビウエディング

結婚式場登録件数がゼクシィに次いで多い、大手結婚情報サービス会社が運営する相談カウンター。

四国・九州(福岡除く)・東北以外の地域はほとんどカバーしています!!

リゾート婚会場も多くもっているので、リゾート婚をお考えの方にもおすすめ。

特にリゾート婚後のお披露目パーティーなどの1.5次会プランも多く取り揃えているので、一緒に探して予約できるのが便利です。

近くに相談カウンターがなくても窓口来店不要で、相談クオリティ同じのWEB相談があります。

直前お得プランがあり、マイナビ独自の割引システムで制約から3か月以内に式を挙げるスピード結婚式に適応されるものもありお得に会場が探せます。

詳しくはマイナビウエディングは本当にお得?ゼクシィと比較し使いやすさも紹介【口コミ・評判あり】の記事を合わせて記事をご覧ください。

まとめ

1.5次会は親しい人をゲストにお迎えして、自分たちと一緒に楽しんでもらうというカジュアルスタイルの新しいウエディングです。

花嫁
披露宴の華やかさと、2次会のカジュアルさを両方取り入れて行う式はゲストと新郎新婦の距離が近く、終始和やかな雰囲気でパーティが進みます。

もしも「もっとパーティスタイルの楽しい披露宴がしたい」、「挙式はしたけど、友人にも祝ってほしい」という気持ちなら、1.5次会という選択も素敵なのではないでしょうか?